今仕込むべき衝突回避システムは?

 

日本政府から、国内で販売される新車を対象に、2021年度にも自動ブレーキ機能の搭載を義務付ける方針を固めたと、2019年11月27日に発表した。

高齢ドライバーによる運転ミスによる事故が相次いでいることを受け、衝突回避システムなど自動ブレーキの義務化で、衝突事故を減らそうと政府は対応している。

自動ブレーキは乗用車だけでなく、軽自動車や軽トラックも対象になる。
また、既存の車種にも搭載義務を促していく方向だ。大型トラックやバスは14年以降に順次搭載義務付けられている。

こうした政府による発表から、衝突回避システム関連銘柄への買いが殺到している。自動車ブレーキメーカーや自動車メーカーなどが注目され、今後の動向に視線を集めている。自動ブレーキ機能の関連企業を衝突回避システム関連銘柄と呼び、人気銘柄のグループとして、投資家から期待されている。

我々個人投資家は、自動ブレーキ搭載を義務付けることが決まった今だからこそ、衝突回避システム関連銘柄を仕込んでいくべきだろう。

そこで今回は、ブッダがおすすめする衝突回避システム関連銘柄を紹介していこう。

 

衝突回避システムとは?

衝突回避システムとは、自動車が障害物を感知して衝突に備える機能の総称。

自動車に搭載されたカメラやレーダーの情報をコンピュータが解析し、ブレーキの補助や運転者への警告を行っている。各自動車メーカーが自動ブレーキシステムを独自開発し推し進めている。

また、交通事故が発生する理由の多くは、安全不確認(30.7%)で、一時停止や減速をしただけで、安全確認を怠った時に事故は起きる。

そうした事故を未然に防ぐためにも、衝突回避システムは我々にとって必要不可欠な補助装置だろう。

 

本命の衝突回避システム関連銘柄は?

日清紡ホールディングス〈3105〉

大手紡績メーカー。ブレーキ摩擦材では世界首位の企業だ。エレクトロニクス、精密機器、ブレーキ、繊維、化学品などの事業で構成された複合企業。「環境カンパニー」を目標に掲げており、環境・エネルギー分野にも進出している。世界中のブレーキ業界の専門家が参加する学会「SAE Brake Colloquium & Exhibition」に毎年参加しており、研究成果を発表するなど、常に先をみて動いているブッダ本命の衝突回避システム関連銘柄だ。

 

注目の衝突回避システム関連銘柄は?

デンソー〈6902〉

自動車部品世界シェア1位のメーカー。自動ブレーキで注目されるミリ波レーダーを手掛けている。ミリ波レーダーは、霧や雨などの耐環境性に優れており、短距離の情報感知に優れていて、自動ブレーキレーダーとして注目されている。また、2020年には、自動運転者の試験走行を行える試作開発拠点を羽田空港に開設予定をしている。

 

SUBARU〈7270〉

自動車メーカーの中堅企業だ。筆頭株主はトヨタ。SUBARUの特徴と言われているのは、水平対向エンジンや安全運転技術だ。さらに、自動ブレーキ安全システム「アイサイト」を搭載しており、世界で初めてステレオカメラのみで制御できる運転支援システムを採用している。日本の高い技術を武器に、今後楽しみな衝突回避システム関連銘柄だ。

 

ファルテック〈7215〉

自動車メーカー向けに樹脂外装部品、ルーフレール、モールディング、電装品、純正用品の設計開発などを展開している企業。独自開発したミリ波レーダーカバーが、投資家からも注目されており、今後同社の動向に目が離せない企業だ。

 

日本電産〈6594〉

HDD用精密小型モータで世界首位の企業だ。世界首位のHDD用など精密小型モーターから車載、産業用など中大型にシフトしている。技術力の高さで世界と競争している。衝突回避システム関連では、ミリ波レーダー向けに新型アンテナを提供しており、大攻勢をかけている。名物社長永守重信率いる衝突回避システム関連銘柄だ。

 

日本シイエムケイ〈6958〉

自動車向けプリント配線板でトップシェアを誇る大手企業だ。製造販売業の他に、ファクタリング(未回収の売掛金に関するリスクを軽減したり、売掛債権を譲渡して現金を調達したりできるサービス)業務も行っている。自動車分野の駆動系・制御系に強みがあり、自動ブレーキの安全運転支援システムにも力を入れている。

 

今後の衝突回避システムはどうなる?

自動ブレーキの国際基準によると、3つの条件を備えることが条件のようだ。

その条件とは、40km/hで走行中、前方に停車している車両にぶつからずに止まる。60km/hの速度時、前方を20km/hで走る車にぶつからず止まる。さらに、30km/hで走行中、5km/hで前方を横切る歩行者にぶつからずに止まる。

このような国際基準の採用により、安全性は高まるが車両価格への上乗せされる可能性もあり、懸念されている。

しかし、EU(欧米諸国)をはじめ、40カ国・地域で自動ブレーキの導入を義務付けることが決定されている。2020年はじめには適用を始めるのだ。世界的に安全運転に対する意識は高く、今後更に衝突回避システムの波は広がっていくだろう。

また、自動運転技術レベルの向上も順調に進んでおり、2020年のオリンピックにはレベル4の車両が披露される予定だ。自動運転には、自動ブレーキが搭載されているので、衝突回避システム関連銘柄が期待されるのは当然のことだ。

このような流れから、世界中で自動化が注目されている。

しかし、自ら投資へ行動しなければいけない。見ているだけでは、衝突回避システムの恩恵を受けることは出来ない。

今後、世界中の大勢の投資家に注目され、ボリュームが上がっていく前に、いまこのタイミングで仕込んでいくべきだろう。

 

 

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!