今仕込むべき台風対策関連銘柄は?

先日、日経新聞から、2019年9月8日(日)の夜から9日(月)の朝にかけて関東地方に「最強クラス」の台風15号が上陸したとのニュースが報じられた。

千葉県を中心に暴風被害が各地で発生した。現在でも停電が続いており、各地から電力会社が集結し、復旧作業を続けている。経済産業省は、停電の影響や対策を迅速に把握し、対策を講じれるように、「台風15号による停電被害対策本部」を設置した。

このような被害の大きさから、台風災害の怖さを感じずにはいられない。

毎年夏頃になると、台風の発生や上陸が度々ニュースになる。台風の発生によって台風対策関連銘柄に大きく注目される。鉄道や建築・土木関連、橋梁や道路の整備に関する企業などに関心が集まる。近年、異常気象からなのか、台風の数が若干増え、威力も増している。台風の頻度や威力によって、台風関連銘柄へさらに注目が集まっている。

そこで今回、この記事を読んでくれたあなたに、ブッダがおススメする台風対策関連銘柄を紹介していこう。

台風を取り巻く状況は?

気象庁によると、2010年から2018年に台風が発生した数は、223個だった。

年間平均約25個の台風が日本に発生した。発生件数が多いと感じることだろう。2019年現在は15個発生しており、この時期は1年の中でも一番多く発生している。

実際に台風での被害が発生した場合、復旧、復興の為に公共事業が行われる。

その為、建築、土木などのインフラ整備関連が注目される。橋や道路の復旧もしなければいけないので、その関連が注目される。また、電線や洪水や浸水によって、排水、防水に関連する対策にも視線が集まる。さらに、防災グッズを売っているホームセンター、気象情報を提供している企業にも関心が向かうのだ。

本命の台風対策関連銘柄は?

ウェザーニュース〈4825〉

台風情報や天気確認に利用している人が多いだろう、気象情報サービスを提供している企業だ。海事気象、鉄道、航空など交通気象に強く、個人向けにも積極的に提供している。また、台風時、天気図や土砂災害、洪水警報など人の命に関わる重要な情報を提供してくれる。ブッダ本命の台風対策関連銘柄だ。

注目の台風対策関連銘柄は?

コーナン商事〈7516〉

ホームセンター「コーナン」を運営。全国に356店舗(2019年2月情報)あり、プロ向け専門店舗やコンビニ型店舗等も展開している。全国展開しているだけに、ガラス飛散防止フィルムや防風ネットなどの台風対策グッズを買うことができる。

カナモト〈9678〉

建機レンタルを全国展開している企業だ。北海道に本社があり、北海道でのシェアは40%超もある。建機だけでなく鉄鋼製品の販売や情報機器のレンタル等も手掛ける。台風時は、土砂崩れや建物倒壊が起こるので、レンタルの需要が高まり、売上があがり、株価への影響も大きい。

東京特殊電線〈5807〉

古河電気工業が親会社の電線事業をしている企業だ。電線、ヒーター製品、ケーブル加工品、線材加工品などを扱っている電線株だ。台風で電線被害が多いので、非常に重宝されている台風対策関連銘柄だ。

ゼンリン〈9474〉

住宅地図、カーナビで使われる地図データを事業とした企業だ。官公庁、地方自治体向けに住宅地図のみではなく、総合的な業務支援も行っている。台風時は、気象予報システムを利用することで、台風進路の確認、全国での台風状況などピンポイントで知ることができる。

ライト工業〈1926〉

特殊土木会社の大手企業だ。斜面や法面対策工事と基礎・地盤改良工事が中心の事業。

建築工事や補修・補強工事等なども幅広く行っている。広く展開している為、災害時には頼もしい台風対策関連銘柄だ。

今後台風はどうなる?

台風は年度により発生数、上陸数に変動はあるものの、毎年必ず日本に上陸している。

先日の台風15号のような猛烈に強い台風もあれば、そこまで影響が少ない台風もある。

台風15号のように、自然災害は脅威でいつ起こるかわからない。

2020年7、8月には、東京オリンピックが開催される。

「安全、安心、確実」な運営をテーマにあげ、コンクリートの橋梁やトンネルなどの老朽化対策をしている真っ只中だ。台風襲来シーズンと重なるので、老朽化対策と同様、台風対策関連銘柄のインフラ整備関連も注目されている。

我々個人投資家は、発生してから台風対策関連銘柄を物色していても遅い。

台風対策グッズを事前に用意しておくことと同じように、台風対策関連銘柄も事前にチェックし、仕込むべきだろう。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!