今仕込むべきインフルエンザ関連銘柄は?

先日、厚生労働省から、インフルエンザの受診患者数が1月20日~1月26日までで、約65.4万人となり、前週より2万人増加していると発表した。この発表を受け、インフルエンザ関連銘柄が注目された。

ウイルスといえば、2019年12月に武漢で最初の新型コロナウイルスが発症した。現在、世界の至るところで蔓延していて、各国政府は対応に追われている。

コロナウイルスは脅威であるが、インフルエンザも恐ろしい。毎年国内で推定約1,000万人の患者数がでており、長期的に流行することも多い。
対抗する薬やワクチンはでているが、感染しないわけではないので、日頃からの注意が大切だ。

インフルエンザが流行する時期は、インフルエンザ対策のための、マスク、手洗い、うがい薬、治療薬などを取り扱っているインフルエンザ関連銘柄に関心が集まる。関心が集まることで、買いが殺到し、株価へ良い影響が出る。

あなたはこの状況をただ見ているだけでよいだろうか。

毎日更新されるインフルエンザ関連銘柄の情報をキャッチし、精査し、投資行動をしていくべきだろう。

そこで、今回は、ブッダはおすすめするインフルエンザ関連銘柄を紹介しよう。

インフルエンザとは?

インフルエンザウイルスに感染して起こる感染症だ。

インフルエンザウイルスは、A型、B型、C型、D型の4種類に分けられる。その中で、主に人に流行するのは、A型とB型だ。

A型ウイルスの大きさは、80~120nm(1nmは1mmの100万分の1)と小さい。インフルエンザが流行する時期は11月~3月に多く、年間約1,000万人の人が感染していると言われている。

感染経路は、飛沫感染、接触感染のため、日頃から手洗い、うがいは感染しないために必須だ。

出典:北海道大学(https://www.vetmed.hokudai.ac.jp/organization/microbiol/fluknowledgebase.html)

本命のインフルエンザ関連銘柄は?

ダイキン工業〈6367〉

世界的な大手空調機メーカー。業務用空調で国内トップシェアを誇る。同社の空気清浄機は、様々なシーンに合わせて開発されている。独自のストリーマ技術を持っており、インフルエンザウイルスの分解、除去機能を搭載した空気清浄機を世界で初めて発売したインフルエンザ関連銘柄本命の企業だ。

注目のインフルエンザ関連銘柄は?

ニイタカ〈4465〉

業務用洗剤、洗浄剤が国内高シェアの企業だ。フード業界向けに衛生支援管理サービス、食器洗浄機のメンテナンスサービスも行っている。ウイルス、細菌対策では、100%食品成分で開発したアルコール除菌スプレー「ノロスター」は人気があり、家庭用にも大きく進出している注目の企業だ。

塩野義製薬〈4507〉

国内製薬大手企業だ。2018年に発売された「ゾフルーザ」は、当初予定した売上の2倍以上となり、爆発的に出回った。錠剤を1錠飲むだけで治療ができる手軽さもあり、抗インフルエンザウイルス薬では国内トップシェアに躍り出た。

マナック〈4364〉

臭素化・ヨウ素化技術を利用した高次化合物に強みをもつインフルエンザ関連銘柄企業。有機薬品を手掛けている同社は、エーザイが販売する抗菌スプレー「イータック抗菌化スプレー」の主成分を開発し供給しており、インフルエンザ関連有力銘柄として、動向を気にする投資家は多い。

ユニ・チャーム〈8113〉

国内マスク最大手企業。ベビー用品や生理品を手掛けている。「超快適」、「超立体」マスクが人気。抗ウイルス成分配合のウェットティッシュを販売している。冬場は乾燥が多く、ウイルスが蔓延しやすいので、同社の使い勝手の良い家庭用マスクは手放せない。

ミズホメディー〈4595〉

妊娠検査薬、排卵日検査薬、インフルエンザウイルスキットなどを製造、販売する企業。B型肝炎検出キットなど感染症分野にも着々と進出している。インフルエンザウイルス検査キット「クイックチェイサーFlu A,B」などを手掛けている。

今後のインフルエンザは?

インフルエンザは日本だけで、感染が出回っているのではない。パンデミック(世界的な流行病)が起こっている。

例えば、アメリカでは、米国でのインフルエンザ感染者は1,500万人、今シーズンだけで死者数は8,200人以上だったと、アメリカCNNから報じられている。

また、アメリカ合衆国国勢調査局によると、アメリカの人口が3.272億人(2018年)のため、人口の約4.6%の人が感染していることになる。非常に沢山の人がインフルエンザウイルスに感染しているのが分かるだろう。

さらに、2019-2020シーズンは、過去10年間で最悪級になると言われている。
その理由は、約14万人が、インフルエンザによる合併症で入院をしている。さらに、現在も猛威を振るっているのだ。

冬の時期は空気が乾燥しているので、水分を含んでいるウイルスの水分が蒸発し、軽くなる。軽くなることで、人の周りを浮遊し、ウイルス感染することが多くなる。手洗い、うがい、湿度を50%~60%程に保つなどの、対策をするべきだ。

このように、インフルエンザによる感染は毎年多い。
感染への対策として、マスク、消毒液、抗インフルエンザ薬が多用される。売り切れが多発することも多い。この一連の動きにより、インフルエンザ関連銘柄への影響が起きる。

そのため、インフルエンザ関連銘柄にアンテナを張り、日々チェックし、投資家達が注目する前に、仕込むのがベストだろう。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!