今仕込むべきローカル5G関連銘柄は?

先日、日経新聞から、徳島県が申請していた次世代通信規格「ローカル5G」の基地局に予備免許を与えたと報じられた。予備免許の付与は四国初になり、都道府県の申請としても全国初となる。

また、商用のローカル5Gの無線局免許を、総務省関東総合通信局から国内初めて取得した富士通株式会社があり、ローカル5Gに注目が集まっている。

ローカル5Gに注目が集まりだしたのは、2019年12月から総務省が免許の申請を受け付け開始後から。県や企業が免許取得のために申請を行っており、自由度の高い通信環境や防防犯対策に利用するなど、ローカル5G関連銘柄と呼ばれ熱い視線を浴びている。

今は、新型インフルエンザによる感染拡大が広まり、外出の自粛、テレワーク推奨、学校の休校など様々な影響がでている。まだこれから先は、どのような状態になるか定かではない。

しかし、個人投資家であるわれわれは、在宅でアンテナを張ることはでき、これから更に関心が寄せられるだろう、ローカル5G関連銘柄をチェックし、実際に投資行動を起こすべきだろう。

そこで、今回は、ブッダがおすすめするローカル5G関連銘柄を紹介しよう。

ローカル5Gとは?

5Gとは、「第5世代移動通信システム」で、「第5世代」の部分が抜かれ、5Gと呼ばれている。5Gは通信キャリア中心に対し、ローカル5Gは、通信キャリアのサービスを介さずに、一般企業が、自ら直接運用することだ。

総務省は、通信キャリアが利用する5Gの周波数帯とは別枠の周波数帯の一部をローカル5G用として定め、2019年12月に利用申請の受付を開始した。

企業はこの申請にパスすると、自社の敷地内でローカル5Gを利用できるようになる。5Gは、低遅延、多接続、高速・大容量の3点が特徴になり、現在主流の4Gと比較すると、通信速度が最大20倍、遅延時間は10分の1、接続可能なデバイスは10倍になっている。

この5Gの特性をIoT、自動運転基盤、ICTのインフラとして活かしていこうと政府を含め推し進めている。

本命のローカル5G関連銘柄は?

インターネットイニシアティブ〈3774〉

インターネット接続サービスやSIが中心のITサービス大手企業。クラウド、セキュリティに強くIoTやフィンテックの分野にも進出している。日本で最初にインターネット事業を開始し、「つながる」常識を誕生させた。2020年3月にNECと共同でローカル5Gを活用した災害時の地上放送同時配信の実証実験に日本で初めて成功したと発表したなど、これからの飛躍が期待される企業。

注目のローカル5G関連銘柄は?

日清紡HD〈3105〉

紡績の大手企業。自動車ブレーキ用摩擦材では、世界トップシェアを誇る。航空、気象システムが堅調。環境・エネルギーの分野へ事業シフトを進めている。同社は、2023年にローカル5Gを簡単に導入できる小型の通信装置を発売する予定だ。ブッダ注目のローカル関連銘柄だ。

伊藤忠テクノソリューションズ〈4739〉

伊藤忠傘下のコンピューター、ネットワーク、システム開発、運用、保守を行うシステムインテグレータ大手企業。様々な製品を組み合わせ構築していくマルチベンダーが特長。大手通信キャリアと取引があり、通信インフラの受注に期待できそうだ。

NTT〈9432〉

日本最大手の電気通信事業者。傘下には、NTT東西、NTTコミュニケーションズ、携帯電話最大手のドコモがいる。また、世界タイヤメーカーのブリヂストンと共同でローカル5Gの実証実験を2020年6月に開始すると発表するなど、目が離せない注目の企業。

KDDI〈9433〉

総合通信大手企業。auブランドの携帯電話、スマートフォンを手掛けている。また、インタネットサービスや国際電話など通信事業を幅広く展開している。子会社に、JCOM、沖縄セルラーがいる。KDDIとJALは2018年から5Gの実証実験を開始し、2020年3月末にはau 5Gサービスを活用している。

富士通〈6702〉

国内トップシェアの総合エレクトロメーカー。世界では第4位。通信インフラ、情報処理システム、電子デバイス等を展開している。2020年3月には、国内初となる商用5Gの無線局の運用を開始すると発表し、総務省から免許の許可を取得した。ローカル5Gを利用することで、業務革新、地域課題の解決に向けた提供を目指している。

今後のローカル5G関連銘柄は?

電子情報技術産業協会(JEITA)によると、5G市場の世界需要額は年平均63.7%増で成長している。2030年には168.3兆円で2020年の予測8兆円の21倍になる見込みだ。

ローカル5Gは2020年に立ち上がったが、2025年には3023億円、2030年には1億3398千万円の市場規模になるとされている。ローカル5Gが世界に拡大することで、自動運転が自動車業界の中心となり、IoT機器ではロボットやドローンが活躍し、ソリューションサービスとしては製造分野向けが活躍することになるだろう。

また、通信事業者が全国のインフラ整備に数年かかるが、エリア展開が進まない地域でも、独自にローカル5G構築して運用することもできる。運用することができれば、キャリアの5Gとは切り離れたネットワークのため、通信障害、電波の混雑、災害などにも影響を受けなくて済む。

このように、ローカル5Gには、大きな可能性と期待できるだけの、利用方法が沢山ある。

今すぐローカル5G関連銘柄を調べ、自分の知識に取り込み、整理し、仕込んでいくべきだろう。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!