今仕込むべき宅配関連銘柄は?

先日、NHKから、千葉県千葉市は外出自粛要請により、利用客が落ち込んでいる飲食店を支援するため、デリバリーにかかる一部の費用を助成する支援策を発表したと報じられた。

これは、新型コロナウイルスによる感染拡大にともなう、営業時間短縮や休業に至っている状況などを踏まえ、助成という形で支援を行う予定だ。デリバリーの代行業者を利用する一部助成というのは、飲食店にとってのメリットは大きいだろう。

また、ウイルスの感染拡大前には、宅配を行っていなかった飲食店や企業も、宅配を開始しているところもある。宅配サービス市場は共働き家族の増加や、少子高齢化により拡大傾向にある。そして、政府の緊急事態宣言や外出自粛などにより、宅配への需要は高まっている。

需要の拡大傾向の背景には、人が多くいる場所を避けようと、食品等の宅配から、手軽にスピーディーに食べられる出前や、大手インターネット企業による宅配サービス開始で宅配利用の拡大に繋がっている。

宅配を利用したことないあなたは関係ないことだと思っているかもしれない。
しかし、外出自粛要請がでているように、自宅で過ごす時間が増加しているのも事実だ。事実を受け止め、関連する銘柄をチェックしていくべきだろう。

そこで、今回はブッダが注目する宅配関連銘柄を紹介していこう。

宅配とは?

デリバリーとも呼ばれ、食事を指定された場所へ配達、出前すること。
配達してくれる種類は多岐に渡り、寿司、弁当、中華料理、イタリア料理、うどんなどの食事、ネットスーパーを通じて弁当や惣菜もある。

また、飲食店で配達の機能がない場合も、宅配代行を行っている企業がいるので、代行してもうらこともでき幅広い種類の食事を宅配してもらうこともできる。

食事だけでなく、生活日用品も宅配してくれるサービスもあり、利用者にとって重宝している。

本命の宅配関連銘柄は?

オイシックス・ラ・大地〈3182〉

インターネットを通じ無添加食材や有機野菜を販売している企業。同業企業の買収により自然派食品宅配でトップシェアを誇っている。全国から旬の逸品や有機・特別栽培農産物等を宅配出来ることに加え、EC販売を活用し、他社の食材を宅配する外食支援を行うなど幅広い種類の食材を提供している。ブッダ本命の宅配関連銘柄だ。

注目の宅配関連銘柄は?

出前館〈2484〉

出前・宅配サイト「出前館」を運営している企業。寿司、ピザ、弁当など20,000店舗以上の出前サービスを展開し、会員数は830万人。出前館は自宅の郵便番号を入力することで、自宅付近の飲食店を探せ、そのまま注文できる。「食すること」以外に、クリーニング店や日用品を宅配できるサービスも充実しており、注目の宅配関連銘柄。

OSGコーポレーション〈6757〉

浄水器、アルカリイオン整水器などの製造・販売・水の宅配を展開している。
家庭用、産業用、業務用など幅広い製品群を持ち提供している。水に関することだけではなく、宅配弁当などFC事業も展開しており、急伸している。

シルバーライフ〈9262〉

高齢者向け配食サービスを展開している。日替わりで届けする「まごころ弁当」、調理済みの高品質な食材を届ける「まごころ食材サービス」、幼児向けに作られた弁当など、幅広い層に提供している。また、長期休暇中の学童施設、給食がない小中学校、放課後の塾などにもオンライン弁当サービスを開始した。

クックパッド〈2193〉

料理レシピ専門サイトの最大手企業。料理レシピサイト「クックパッド」を運営している。会員がレシピを投稿する形を採用しており、326万レシピと約199万人のプレミアム会員数を誇っている。生鮮食品FC「クックパッドマート」アプリは、精肉店や鮮魚店などの専門店から農家の野菜などを宅配及び地域のドラッグストアや酒屋などで受け取れるサービスも展開している。

ライオドンエクスプレスホールディングス〈6082〉

宅配すし「銀のさら」、宅配御膳「釜寅」を運営している。デリバリーをしていない提携レストランの料理を宅配するサービス「ファインダイン」を展開。新型コロナウイルスの影響で、困っている飲食店へのサポート「飲食店向け緊急雇用シェア」を出前館(2484)と開始した。臨時休業や営業縮小を余儀なくされた従業員の短期雇用確保を行う。

今後の宅配関連銘柄は?

矢野経済研究所によると、2018年度の食品宅配市場規模は2兆1,399億円。2016年度から2兆円台を超えて年を増すごとに多くなっている。2019年度の予測は、2兆1,931億円になっている。

年々増加している背景には、少子高齢化や共働きの増加や、ライフスタイルの多様化につき、食事や食品の宅配需要が増加しているだろう。また、今回の新型コロナウイルスによる影響で、外出自粛要請や小中高校の休校などにより自宅自粛が多くなったため、宅配が利用されるケースも増えているだろう。

また、宅配のバリエーションも増加しており、消費者と宅配者が感染拡大防止のために直接接触しないよう、「置き配」と呼ばれる、あらかじめ指定した場所に、食材や食品を置いておくサービスを始めた宅配企業やもいる。

このように、宅配市場は拡大傾向にあり、宅配の種類も多様化している。

オンライン注文の仕様も改善、新規立ち上げもされており、益々利用しやすくなっていくだろう。

われわれ個人投資家はこの状況を冷静に見つめ、情報を整理し、仕込むべきタイミングですぐに行動していくべきだろう。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!