今仕込むべきドローン関連銘柄とは?

先日、Wiredから、アフリカでは新型コロナウイルスの検査サンプルをドローンが運んでいると報じられた。

2019年12月に発見された新型コロナウイルスの各国への影響で、世界の航空システムの多くが止まった。西アフリカのガーナでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと新しい航空機としてドローンが選ばれた。1,000か所以上の医療施設から首都アクラや第二の都市の研究所へと運ぶ。

このようにドローンは物流をはじめ、農業や災害対応や警備など様々な分野で活用されている。特に新型コロナウイルスのように人から人へ感染していくのは、人を介在しないドローンの存在が非常に重宝される。

ドローンが注目されることで、ドローンに関わる企業も個人投資家などから注目され期待される。今後、人手不足や効率化からさらに注目されていくだろう。
ドローン関連銘柄が注目される前にしっかりと関連情報をインプットし、整理していくべきだろう。インプットし行動に移せるかがとても大切だ。

そこで今回はブッダがおすすめするドローン関連銘柄を紹介しよう。

ドローンとは?

ドローンとは自律する無人機。

元々は軍事用に作られており、無人車両、無人航空機、無人船舶など自律式の機械全般を表す言葉。ラジコンヘリやマルチコプターと呼ばれることもあり、撮影や物流や農業などに使用されている。

日本では2015年を「ドローン元年」と呼び、政府や企業がこぞってドローン事業をスタートさせた年でもある。

今後は、宅配や空撮、災害救助など社会に役立つ活用が期待されている。

本命のドローン関連銘柄は?

レスターホールディングス〈3156〉

総合エレクトロニクス商社。2009年にユーエスシーと共信テクノソニックが共同持株会社として設立した。ソニー製イメージセンサーが主力で半導体や電子部品も扱っている。産業用ドローンを扱っており、電力や石油、ガスのインフラ設備の危険空間での点検及び人命を危険にさらすことなく現地の状況を把握するなどで人々の役にたっている。今後が期待できるだろうブッダ本命のドローンを関連銘柄だ。

注目のドローン関連銘柄は?

イメージワン〈2667〉

医療画像システムや電子カルテの開発、販売と衛星映像の販売をしている。衛星画像は環境の監視、保全対策、農業、被災状況の把握や建築、土木など様々な分野での展開をしている。ドローン事業では、商業ドローンを手掛けるドイツ企業から販売代理契約を結び携わっている。

オプティム〈3694〉

リモートマネジメントサービスやIoTプラットサービスを展開している。農業においてドローンを活用した見回り作業、生育状況のモニタリング、農薬散布ができるなど、人手不足を補い経費削減する役目を果たしている。

 

自律制御システム研究所〈6232〉

商業用ドローンメーカー。日本国内でも少ないドローン専業企業だ。自律制御技術を使用した機体の製造、販売や無人化を提供している。同社製品の「ACSL-PF1」は、多様なアプリケーションに対応する飛行性、安全性、メンテナンス性を実現している。

トプコン〈7732〉

光学機器メーカー。医療機器、測量機器を提供している。スマートインフラと呼ばれる、光学技術をベースに最先端のGPS技術、レーザー技術、画像解析技術を融合して提供している。ドローンにも関連する技術も多数あり、今後期待ができるドローン関連銘柄だ。

ドーン〈2303〉

地理情報を活用したソフトウェアを開発、販売している。エンドユーザーの8割が官公庁。また、大学と共同研究をしており、新しい救急システムを開発している。防災、防犯分野向けに空間情報技術を提供するクラウドサービス分野でも活躍している。

今後のドローンは?

インプレス研究所によると、2019年度国内のドローンビジネスの市場規模は、前年度比51%増加の1,409億円だった。

2020年度には前年度比37%増加の1,932億円に拡大し、2025年度の予測は、6,424億円だ。毎年市場規模は大きくなっていくと予想されている。
分野別では、大きい分野からサービス市場、機体市場、周辺サービス市場の順になっている。

このような増加傾向の背景には、公共事業や通信インフラの点検、農業は農薬散布や種まき等、物流は物資や宅配物の輸送など様々な分野に精通しており、今後さらに広く利用されると考えられているからだろう。

また人を乗せて飛べる空飛ぶクルマのような実証実験も続々と始まっている。
目まぐるしい技術革新が日々起きているドローン関連の状況をあなたは見ているだけで良いだろうか。

情報にアンテナを張り、精査し行動をしていくことが良い方向へ繋がっていくだろう。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!