TPP関連でクボタを買い

今日も、ジャスダックやマザーズも上昇して、日本株全体が買われる展開が続きました。

ここまで強いと、日経平均の2万円の大台越えも時間の問題、といった感じになってきましたね。

なにしろ、12月の米国の利上げは既定路線のようになっていて、利上げすれば当然ドル円相場はドル高・円安になるので、日本株にとってはプラス材料になります。

政府もGDPの600兆円達成という政策目標=アドバルーンを上げてしまったので、その実現に向けた政策への期待も高まっていますしね。

それにしても、こんな高いところで買うというのは、かなりリスクが高いと思います。

まあ、みんなが2万円を超えると思い始めると、逆に売られることもあるのが、相場の常です。

なので、ここは熱狂に踊らされてはならないと、自分を戒めています。

 

さて、今日の売買は、クボタ(6326)を2000円ちょうどで買ってみました。

先だって、業績の上昇修正を発表して、じり高となっていますが、今日はTPP関連で動きが出てきました。

明日25日に政府がTPP関連の政策大綱をまとめ、このうち農地の大区画化など農林水産業の体質強化策については補正予算案に盛り込むと報道されていますが、今日のクボタは農機需要増の連想で買われていました。

一方、肩透かしに終わる可能性もあるので、動きが良くなければ、今週いっぱいで逃げる予定です。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはありませんか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」
「もう少し待てば反発するかも…」
「さっき損切りしておけば…」
「さっき利食いしておけば…」

自分のルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあったりしますよね。

もしあなたが自分ルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメです。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれます。プロの思考回路を勉強できますし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多いです。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。


トリプルエー投資顧問>>


創刊50年の投資専門誌・株主手帳への記事掲載実績(2015年11月)もあって、非常に信頼できる投資顧問だ。

詳しい個別銘柄情報や関連銘柄、専門的な材料に特化した情報を無料でメール配信している。面倒な作業は一切不要で、登録フォームに自分のメールアドレスを入力すると10秒ほどで情報が届くという非常に便利なサービスだ。無料で登録できて、情報に納得いかなければ即時退会もできるから、リスクは一切ないし登録して損することもない。

自分のルールに自信がない方は、今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄をゲットしてください!

WS000052