本命のマイナンバー関連銘柄

マイナンバー関連銘柄04

2016年1月にマイナンバー制度が開始されて4ヶ月が過ぎつつある。すでにマイナンバー関連銘柄の情報を調べている方も多いと思うが、マイナンバー制度が浸透しつつある今、後発組で改めて、マイナンバー関連銘柄に関する知識を深めたい方は是非今回の記事を読んでいくといいだろう。マイナンバー関連銘柄は、昨年の郵政上場関連銘柄に匹敵する大本命テーマ株の一つであるため、まだこれから参入しても遅くはないぞ。数あるマイナンバー関連銘柄の中から厳選した銘柄を紹介していく。

マイナンバー関連銘柄とは

マイナンバー関連銘柄05

2016年4月現在、マイナンバー制度が大分浸透し、マイナンバー関連銘柄の値動きが活発化してきている。これまでにも、マイナンバー改正法案の発表など、マイナンバーに関するニュース報道に過敏に株価が反応を示してきた本命のマイナンバー関連銘柄だけでなく、出遅れのマイナンバー関連銘柄や案外穴場のマイナンバー関連銘柄など、多くのマイナンバー関連銘柄が本格的に動き出した今、その動向を追っていく。

マイナンバー関連銘柄の特徴

マイナンバー関連銘柄03

当マイナンバー関連銘柄には、マイナンバーに関する国民の見解やマイナンバーの運用や制度に関連するニュース、マイナンバー関連法案の改正などによって株価が動きやすいという特徴がある。その他にも、2016年1月のマイナンバー制度が開始から4ヶ月がすぎつつある今現在、マイナンバーが大口の機関投資家だけでなく個人投資家に広く浸透し、株式投資市場でもテーマ株として株式投資市場の関心を失ってきているとの声もある。しかしながら、マイナンバーは国策案件となるだけに、マイナンバー関連銘柄のコアとなる本命株は安定した株価上昇を期待することもできるといえるだろう。

不安材料とマイナンバー関連銘柄

マイナンバー関連銘柄02

マイナンバー関連銘柄の売買について、新興のテーマ株という特性上、今後マイナンバー関連銘柄に対する期待と注目が投資家から集まるにつれて、相場が過剰に熱をを帯びてくることが予想される。そうなれば、マイナンバー関連銘柄の株価が本来の適正な株価以上に値上がりしていくこともあるため、「株価が上がった!」といってただ喜んでいるうちに、カツーンッ!!と急激な下落で痛手を負う危険性もある。この危険を回避するためには、今現在の株価が本来の適正な株価に対してどのような状態にあるのか、何故株価が上がっているのかか、誰が買っているのか、個人なのか、機関なのか、など、一歩引いた冷静な株価分析を行い、株価の見定めるのがよいだろう。そのためには、株価は上がれば必ず下がるという基本原則を肝に銘じ、マイナンバー関連銘柄に関する情報収集を続けていくことが大切だ。

ブッダ本命のマイナンバー関連銘柄

マイナンバー関連銘柄01

ここでは、様々な株式投資大手メディアや有力アナリストから取り上げられることが多い、本命のマイナンバー関連銘柄を紹介しよう。NTTデータ、日立製作所、野村総合研究所などは、言わずと知れた本命銘柄で、国内だけではなく海外の投資家からも期待が大きい確認必須のマイナンバー関連銘柄だ。確実におさえておこう。

<9613>NTTデータ

NTTデータはNTT傘下で、先駆的なIT技術でマイナンバー関連の本命として、その存在感を高めている。

同社は、企業の情報システムの企画、設計から運用までを一貫して請け負うシステムインテグレーション(SI)の最大手。官公庁や金融機関向けの基幹システムの開発が好調で、同社のシステムを利用する事業者へマイナンバー管理システムの導入を提案することにより、マイナンバー事業の収益は急拡大している。

2016年3月期から2018年3月期までの3年間で、マイナンバー関連事業だけで売上高は700億円程度、営業利益は50億円前後を見込んでおり、今後も好業績期待で株価は居所を変えてくるとみられ、魅力は高い。

なお、2016年以降は、官公庁向けでは省庁内でのマイナンバー管理システム、金融機関向けには口座とマイナンバーをひも付けるシステムを開発する方針で、民間企業向けにはマイナンバーの登録や管理を代行するサービスを伸ばして収益アップを図るなど、マイナンバー関連分野での同社の強みがますます発揮されていくものと期待される。

<6501>日立製作所

政府系システムで国内外に強みをもつ日立製作所もマイナンバー関連で本命といえる存在だ。将来を見据えてマイナンバーの管理業務をアウトソーシングする動きも活発化しており、日立製作所と日立システムズが手がけているBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービスへの引き合いや受注は、同事業を担当する日立システムズだけでも2015年11月末時点ですでに数百社規模に達した。

マイナンバー管理のアウトソーシングに際しては、マイナンバーと密接に関連する給与計算も一緒にアウトソーシングするとワンストップでサービスを受けられるとあって企業からのニーズも顕在化している。これに応えるべく日立グループ全体として、マイナンバー対応BPOサービスから給与計算アウトソーシングサービスまでを受注する体制は盤石で、日立グループのリソースを有効活用することにより、業績は安定的に拡大していくとの期待が高まる。

<4307>野村総合研究所

2014年11月から社会保障と税のマイナンバー関連サービスの提供を始めた野村総合研究所は、マイナンバー関連の本命として、実績を有する企業だ。

強みを持つ金融機関を中心に、マイナンバー導入に向けたコンサルティングやマイナンバーの登録代行サービスで業績を着実に伸ばしている。

また、金融や流通、製造業など幅広い業種に対し、マイナンバーの関連セミナーや社内体制の整備を支援するコンサルティングも伸ばしているが、金融機関向けのシステム開発で培ったセキュリティーの高さも顧客獲得につながっている。

2015年10月時点で証券会社や銀行など金融機関111社と契約済みで、流通や製造業などを合わせると契約社数は170を超えている。

業績面でもマイナンバー関連事業は好調で、2016年3月期のマイナンバー関連事業の売上高は50億円前後、営業利益10億円前後になる見通し。また、今後もマイナンバーの登録代行のほか、マイナンバー管理サービスの収入が伸びることが期待されており、17年3月期はマイナンバー関連事業の売上高だけで100億円、営業利益で15億円を見込んでいる。

ブッダ注目のマイナンバー関連銘柄

shutterstock_393282613

 <4344>ソースネクスト

セキュリティソフトでシェア上位を占め、PC用低価格パッケージソフトを主力とするソースネクストは、2015年10月にクラウド会計ソフトを手がけるベンチャーのマネーフォワード社と組み、マイナンバー管理代行サービスに進出すると発表した。

提供する形態は、小規模法人向けに特化したクラウド型のサービスで、同サービスを導入することによりマイナンバーの収集、管理、廃棄まで、事業者に求められる安全管理措置が整備できる。ソースネクストは開拓してきた個人市場向けにマイナンバーのクラウドサービスのパッケージ版を全国の主要家電量販店やオンラインで販売する。

マイナンバー制度の関連市場は3兆円ともいわれるが、同社の既存の販売網を活用することで、対応の遅れが指摘される中小企業を中心に同社のパッケージソフトの販売を大きく伸ばしている。

業績面では、急成長中のスマホ向けアプリ業績も寄与して、営業利益、経常利益ベースで2016年3月期、2017年3月期と続けて最高益を更新する見通しだ。

<3839>ODK

システムの開発と運用を手がけるODKは、2015年~2017年の中期経営計画で、マイナンバー制度への取り組みを収益の柱とすることを掲げ、その強化策の一環として、SBIグループ会社と提携して証券業務関連向けのマイナンバー管理システムを共同開発し、2015年9月から金融機関向けのマイナンバー事務代行サービスの提供を開始した。

インサイダー取引の罰則が強化されたことから、証券業界ではマイナンバー制度の公正かつ厳格な適用が急務となっており、少額非課税制度(NISA)の開始や市況の回復による個人投資家のすそ野の広がりと併せて、証券業界のマイナンバー制度への対応支援サービスが伸びて収益が拡大するとの期待が集まる。

業績は、マイナンバー関連事業が2016年3月期に一部寄与し、2017年3月期にはマイナンバー関連の収益の伸びが続く見通しだ。マイナンバー関連が人気化すると株価が急上昇しているので、今後も要チェックだ。

<9719>SCSK

子会社にクオカードを擁するITサービスの大手で、証券会社や銀行など金融機関向けのシステム開発が順調に伸びている。

マイナンバー関連では、同社が開発した会計から販売管理、在庫管理、資産管理、人事給与など基幹業務全般をサポートするERPパッケージをベースに、マイナンバー管理支援サービスを提供する。

ERPパッケージはすでに5400社、200グループに導入されており、同パッケージにマイナンバー管理システムを組み込む仕組みとなっており、低販売コストで既存顧客を取り込めることから、マイナンバー事業は同社の収益に大きく貢献するものと期待される。

業績面では、流通向けに十店舗やオンラインストアなどあらゆる販売経路や流通経路を統合するオムニチャネルが伸びて2016年3月期、2017年3月期共に増収増益の見込みとなっており、マイナンバー関連での収益も伸びると期待されることから、株価へのインパクトは大きいといえる。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」
「もう少し待てば反発するかも…」
「さっき損切りしておけば…」
「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

FIP投資顧問>>

株式投資をやっているあなたなら「投資の福の神 藤本誠之」をご存じかと思う。
その藤本氏とタッグを組んだ投資顧問がFIP投資顧問だ。

サービス名は株プロフェットといって、藤本氏の予想銘柄だけでなく、藤本氏のコラムも読むことができ、FIP投資顧問の出し惜しみのない姿勢が分かる。銘柄情報には特に期待できる。

しかも、FIP投資顧問は、藤本氏がレギュラー出演・ホストを務めるラジオNIKKEI「この企業に注目!相場の福の神」 のスポンサーに入っていることから、藤本氏と強いつながりがあることがわかるだろう。無料メール登録するだけで、藤本氏の予想銘柄もいち早くチェックできるのは、株プロフェットだけだ。

詳しい個別銘柄情報関連銘柄専門的な材料に特化した情報を無料でもメール配信している。面倒な作業は一切不要で、登録フォームに自分のメールアドレスを入力すると10秒ほどで情報が届くという非常に便利なサービスだ。無料で登録できて、情報に納得いかなければ即時退会もできるから、リスクは一切ない。

自分の売買ルールに自信がない方は、今すぐバナーをクリックして、藤本氏の想銘柄で利益をゲットしよう!

 

株プロフェット

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

ここ最近登場した新進気鋭の投資顧問なのだが、トリプルエー投資顧問って知っているか?

この投資顧問はあなどれないぞ。FIP投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

創刊50年の投資専門誌・株主手帳への記事掲載実績(2015年11月)もあって、非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけているアドウェイズ<2489>をトリプルエーも3月15日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、667円で買ってみた。すると、3月24日には870円まで急騰プラス30.4%の利益だ。まぁ、アドウェイズ<2489>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストがトリプルエーの中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。トリプルエー投資顧問とFIP投資顧問との両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はFIP投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄を3つもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!

 

WS000052

 

《Re:追伸》

おっと、肝心なことを言い忘れていた!(汗)

実は、FIP投資顧問、トリプルエー投資顧問に匹敵する投資顧問を見つけたのだ。

最強!!株トレード投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、最強!!株トレード投資顧問の推奨銘柄イトクロ<6049>4月1日(金)2984円で買ってみた結果、、4月4日(月)に3245円まで上昇。プラス8.75%とまずまずの利益だ。一時的にプラス10%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺も最強!!株トレード投資顧問から情報をとっていくつもりだ。サービス内容はFIP投資顧問やトリプルエー投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

最強株トレード!!投資顧問


《Re:Re:追伸》

最後まで記事を読んでくれたあなたに、とっておきの情報をシェアする。これが本当に最後だ笑

あすなろ投資顧問って知ってるか?

このあすなろ投資顧問だが、これまで紹介してたFIP投資顧問やトリプルエー投資顧問、最強!!株トレード投資顧問でアピールしていない情報が俺の心を鷲掴みした。その情報をあなたにもシェアしておく。

設立11年目の信頼感
信頼感が命の投資顧問だからこそ、11年もの長期間存続できているということは、それだけお客様の信頼と支持を得てきているってことだな。

無料プレセントのボリューム
あすなろ投資顧問は、他の投資顧問と比べて無料プレゼントのボリュームがエグい。。なんと有料級の推奨銘柄5個無料でプレゼントするというのだ!ひとまずメール登録して損するリスクは皆無といって良いだろう。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、5個の推奨銘柄をゲットしよう!

 

あすなろ投資顧問

 

今回も最後まで記事を読んでくださりありがとうございます。

 

ブッダより