自動運転車関連銘柄に注目する理由

自動運転車関連銘柄を徹底解剖

自動運転車関連銘柄10

今、次世代のテクノロジーとして世界中の企業が「自動運転車」の開発が急速に進めており、日本の株式投資市場の中でも自動運転車関連銘柄に注目が集まってきている。

今回の記事では、自動運転車関連銘柄に関する情報を探している方に向けて、非常にコアな内容をまとめてみた。この記事を読めば、自動運転車産業や自動運転車関連銘柄に関して、あなたの周りにいる投資家たちに遅れをとることはなくなるだろう。気合を入れて記事を書いてみたので、隅々まで読んで、自動運転車関連銘柄に関する理解を深めていって欲しい。

自動運転車関連銘柄とは?

自動運転車関連銘柄11

自動運転車関連銘柄とは、自動運転車のテクノロジーに携わる企業や自動運転車に関連するサービスを手がけている上場企業を指すテーマ株だ。

早耳な投資機関や、情報通の個人投資家の間でも「自動運転車産業は非常に大きな成長性を秘めたマーケットだからこそ、今後のニュースいかんによっては自動運転車関連銘柄の株価に大きな影響が出るとして期待することができる」と関心が集まっているテーマ株である。最近の大きなニュースでは、米googleも自動運転車の開発に本格的に着手していることが報じられ、世界中から強い関心を集めている。

今後、日本の株式投資市場の中で話題の中心となっていくとされる自動運転車関連銘柄をリストアップしてみたのでチェックしておこう。

注目の自動運転車関連銘柄

ベリサーブ【3724】

ベリサーブは、自動運転関連のソフトを開発時から完成時まで検証面から支える企業として、自動運転車関連の有望銘柄に位置づけられている。

同社は、CSKと住商情報システムが合併して誕生し、ソフト・ハードウェア開発を行うSCSKグループを代表する企業で、携帯、デジタル家電、高度道路交通システム(ITS)で使われるソフトの検証を手掛けている。

自動運転車関連では、昨2015年3月末から次世代ITS実走行検証サービス(バーサス)の提供を開始。この検証サービスは、将来、自動運転のために車載ソフト機能が拡張されてもその検証に対応できるよう設計されていることから、相次ぐ自動車メーカーの自動運転システムへの参入を追い風に業績が向上することが期待される。

また、同年11月には旺盛な受注に対応するため、自動車関連向け専門の検証サービスの部署を新設するなど、国内で自動車関連が想定以上の伸びを示したことから、業績は2017年3月期にかけて営業利益面で高い伸びを見込んでおり、買い安心感がある。

株価は、自動運転車関連の出遅れ銘柄として2016年1月後半から物色を集めており、2月には昨年来高値を更新してきた。今後も、自動運転車関連が賑わう折には連想買いされて、好業績を背景に10年来高値の3610円を目指す展開になるものと期待される。

日本無線【6751】

自動運転車といえば、無線通信技術と、切っても切り離せない関係がある。その無線通信で自動運転車関連銘柄として注目を集めているのが、日本を代表する無線通信機器メーカーの日本無線だ。

日本無線は日清紡HDの子会社で、防災行政システムや自衛隊用の無線機器など官公庁向けが主力となっている。また、大型商船向けの船舶用レーダーや電子地図などの海上電子機器の分野で世界的な大手メーカー。

さらには、GPSやETCなどの自動車に搭載する機器も展開。工事規制や道路気象情報などの交通情報をリアルタイムで収集して車両に伝達する道路情報システムを手掛けており、自動運転車関連に欠かせない同システムに熱い視線が集まる。

業績は低迷しているが、収益をけん引する海上機器で米国に拠点を新設し、中国市場でも市場シェア拡大に向けて営業力を強化するなど積極策を打ち出しているので、将来的に回復基調となって推移するものの期待できる。

また、2016年3月には、製造を委託している関連会社の長野日本無線と上田日本無線を完全子会社化する予定で、これにより生産ラインの効率化などで収益の改善が一段と進むものと見込まれる。

同社が自動運転車関連への参入が実現すれば、株価は大化けする可能性もあるので、今後も隠れた自動運転車関連として注目を続けたい銘柄といえる。

北陸電気工業【6989】

北陸電気工業が、同社が培ってきた高度なセンサー技術により、自動運転車関連の一角として注目を集めている。

同社は抵抗器やセンサーで高い技術力を有しており、スマホのGPSなどに使われている三軸加速度センサーでは国内随一。

エレクトロニクス化が進む自動車の分野で、同社は電子モジュールなど多くの需要を取り込んでおり、自動運転車関連技術が本格化する時期が到来すれば、すでに自動車部品メーカーとの間に太いパイプを持っていることが強みとなって活きてくることが期待される。

とりわけ、近年注目を集める自動車の安全性の面で、自動車の横滑り防止システムに加速度センサーは不可欠といえる電子デバイスと位置付けられることから、同社のセンサー技術の自動運転車関連への応用と普及がいっそう進むものと期待が集まる。

また、同社は自動運転車関連やドローン関連でのセンサー技術の需要増に備えて、センサー部門の販売や開発の強化を進めており、将来的にも収益改善につなげようとの積極的な取り組み姿勢が投資家に好感されている。

自動車電装化の流れを受けて電子部品モジュールが好調で、業績は、通年ベースで2016年3月期、2017年3月期と2期連続で営業増益の見通しとなっており、収益面でも安心感のある企業だ。

予想PERは14.88倍と、同社の成長性からすれば割安感があり、自動運転車関連が人気化すれば見直し買いが入るのは必至といえる。

ドーン【2303】

地理情報システム専業のドーンは、地理情報をクラウドベースでサービスを提供していることから、自動運転への利用が期待される自動運転車関連のダークホース的な銘柄として注目を集めている。

同社は新世代GISミドルウェアと位置付けられるクラウド型GISサービスの先駆的な企業。そのサービスは、すでに全国の官公庁や自治体、民間企業に広く普及しているが、まだ需要増が期待できる。

また、同社の最新のGISテクノロジーは、防災・防犯意識の高まりを背景に社会インフラとして広く浸透しており、将来的にも自動運転車関連で高精度のデジタルマッピング技術は不可欠であることから、同社が自動運転車関連の技術開発の分野での一翼を担う企業として期待される。

業績面では、2014年5月期に黒字転換し、その後も営業利益、純利益ともに増加を続けており、収益の安定化と改善に取り組む姿勢も評価されている。

株価は、2016年に入ってからは、自動運転車関連銘柄として人気化して10年来高値を更新してきた。予想PERも58.35倍と割高感があるが、急騰する習性と天井の高さに特徴のある同社株に注目が集まっている。今後、自動運転車関連の人気化により、10年来高値の更新がターゲットとされる日も訪れよう。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!