メタンハイドレート関連銘柄を探す方へ

近年、海底下の地層中に埋まっているとされる「メタンハイドレート」という資源に注目が集まっていることをご存知だろうか。メタンハイドレートは、メタンなどの天然ガスが水と結合してできた、固体の結晶のことで、天然ガスの一種だ。

難しそうな物質かと思われるかもしれないが、メタンハイドレートは、見た目は氷にそっくりで、火を近づけると燃える性質があるため、“燃える氷”ともいわれる。そして、燃えた後には水しか残らないという、不思議な物質だ。

このメタンハイドレートが、現在主に使用している化石燃料に代わる未来のエネルギーとして活用できるといわれ、盛んに研究され注目されている。

早耳な投資家達は既にメタンハイドレート関連銘柄を把握し直近の急騰時にも売買を行っていることから、我々も情報収集を進めておいた方が良いだろう。

そこで今回は、注目のメタンハイドレート関連銘柄を解説する。

注目のメタンハイドレート関連銘柄

メタンハイドレート関連銘柄02

あまり時間がない方も多いと思うので、単刀直入にメタンハイドレート関連銘柄を紹介する。

<6297>鉱研工業

鉱研工業は、地下資源工事用掘削機械に強みを持つメタンハイドレート関連銘柄だ。
同社の掘削機械がメタンハイドレートの調査や開発に使われる思惑から、買いを大量に集めることになるだろう。同社は、その時価総額も低く値動きが軽いことからも、メタンハイドレート関連銘柄の本命といえる。

<1606>日本海洋掘削

プロパストは、原油・ガス田の掘削に強みを持つメタンハイドレート関連銘柄だ。
同社は、巨大な掘削リグを保有し、原油・ガス田の掘削を請け負う海洋掘削会社であり、産出試験では同社がメタンハイドレートの掘削工事を請け負った実績もある。この実績から、今後の株価上昇に期待が集まるメタンハイドレート関連銘柄だ。

<1662>石油資源開発

石油資源開発は、原油、ガス開発を専業で手がけるメタンハイドレート関連銘柄だ。主に国内の天然ガス田操業が基盤の同社は、東海沖の海域の鉱業権を事実上保有していることや、メタンハイドレートに関しても愛知県沖の試掘で探査船のオペレータ事業者として選定されてることからも、信頼の厚い会社だということが分かる。

メタンハイドレート関連銘柄に注目する理由

メタンハイドレート関連銘柄04

メタンハイドレートは海底に埋蔵されていることは調査により解明されているものの、未だその開発技術は発展途上で、有効な採掘方法は確立されておらず、商業化に関して課題は多い。

しかしながら、メタンハイドレートを産出し実用化への道を作る事が出来れば、無資源国である日本のエネルギー事業を大きく変えることができ、メタンハイドレート関連銘柄は大化けする可能性を秘めている。

経済産業省は、メタンハイドレートを商業化した場合、市場規模が3兆3,000億円にのぼるとの試算を発表したことは、好材料といえるだろ。

日本は世界第6位の領海や排他的経済水域、大陸棚の広さを有しており、これらの領域では大規模なメタンハイドレートの存在が確認されている。2006年に行われた国の調査では、東武南海トラフ海域におけるメタンハイドレートの資源量は1.1兆立方メートルあり、この資源量は日本が一年で消費する天然ガスの約10年分に相当する点に注目が集まっている。加えて、日本の海域全体にあるメタンハイドレートの埋蔵量は天然ガスの年間消費量の100年分以上に相当し、メタンハイドレート関連企業がこぞって採掘方法の開発を進めている。

日本は天然資源が少なく、その多くを海外からの輸入に頼っている今日、このメタンハイドレートは日本が有する数少ない天然資源の一つであり、エネルギー自給率を高める上でも政府が率先して開発を進めている国策プロジェクトだ。国策に売りなしという投資格言があることからも、メタンハイドレート関連銘柄は、今後買いが集まり株価が上昇する可能性は高い。

今回発表した試算のとおり、メタンハイドレートの市場規模が3兆円を超えるものとなれば、エネルギー自給率の改善だけでなく、経済的な面でも大きなメリットとなり、メタインハイドレート関連銘柄に追い風となり、株価の更なる上昇が期待される。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!