本命のジェネリック医薬品関連銘柄

あなたはこんなことを知っているだろうか?

近年、「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」の認知度が急速に上がり、ジェネリの使用率は毎年増え続けている。このジェネリック医薬品は、患者個人の医療費負担を軽減や、国全体の医療費削減に大きく貢献するこのが期待されており、政府もジェネリック医薬品の普及に力を注いでいる。厚生労働省は2015年、現在の数量シェア46.9%を2020年度末までに80%以上とする目標を定め、ジェネリック医薬品に関連する企業の業績を押し上げることが予想されている。

実は、ジェネリック医薬品関連銘柄に関して、情報通な一部の投資家や証券会社の営業マンの間では濃密な情報交換がなされており、好材料がきっかけで暴騰する銘柄もある。今後株価上昇が期待されるジェネリック医薬品関連銘柄について、今、情報収集をしておくことは非常に重要だ。

そこで今回は、注目のジェネリック医薬品関連銘柄を解説する。

ジェネリック医薬品関連銘柄

ジェネリック医薬品関連銘柄01

ジェネリック医薬品関連銘柄とは、ジェネリック医薬品(新薬の特許期間が満了後、厚生労働省の承認を得て製造、販売される薬)の製薬メーカーや販売会社、その他ジェネリック医薬品に携わる会社のテーマ株をさす。

ジェネリック医薬品関連銘柄に注目する理由

ジェネリック医薬品関連銘柄03

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が満了後、厚生労働省の承認を得て製造・販売される医薬をいう。新薬に比べて開発費が大幅に削減できることから、新薬と同じ有効成分・同等の効き目でありながら、医薬の価格を低く抑えることができるのが特長だ。

厚生労働省が目標に掲げたジェネリック医薬品普及率80%が実現すれば、医療費の削減効果は2020年度に1.3兆円となることからもその効果は非常に大きいといえ、今後の普及拡大、そしてジェネリック医薬品関連銘柄の注目度は高い。

また、富士経済の市場調査結果によれば、ジェネリック医薬品市場規模は、2014年の6766億円から2017年には9240億円にまで拡大するとの見通しで、政府による普及拡大策が加速すれば今後も株価が上昇する可能性も高く、ジェネリック医薬品(後発医薬品)関連銘柄が得る恩恵も極めて大きいといえるだろう。

注目のジェネリック医薬品関連銘柄

<4555>沢井製薬

沢井製薬は、循環器や消化器系の医薬品開発が中心とするジェネリック医薬品関連銘柄だ。
同社は、調剤薬局・病院に販路を拡大しており、連続増配を達成していることや国内シェア1位であることからも期待が集まっている。本命のジェネリック医薬品関連銘柄といえる。

<4541>日医工

日医工は、国内シェア2位の大手のジェネリック医薬品関連銘柄だ。
同社は、病院や調剤薬局で高い採用実績を持ち、M&Aに積極的な会社として知られていることから、今後の事業拡大が注目されている。
また、サノフィとバイオ後続品共同開発、香港やマレーシア、タイ、アメリカでも販売開始しており、国内外に積極的に展開している点も評価が高い。
注目のジェネリック医薬品関連銘柄として引き続きチェックしていこう。

<3341>日本調剤

日本調剤は、調剤薬局を全国にチェーン展開する最大手のジェネリック医薬品関連銘柄だ。
同社は、ジェネリック医薬品のほか、薬剤師派遣等の医薬品関連サービスにも力を入れており、事業の拡張性に期待が持てる。有力なジェネリック関連名銘柄だ。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!