本命のゲーム関連銘柄

最近ゲーム市場拡大で、意外な株が上がると噂させれている。

ポケモンGOやプレステVRによるゲーム人口の拡大は、ゲーム作りを支える裏方のゲーム関連銘柄にも追い風だ。

ゲームの恩恵が業績に寄与して人気化する前の今こそが、絶好の買いのチャンスだ。

なぜ今、ゲーム関連銘柄が注目されるのか?

昔のドット絵だった頃はまだしも、映像から音響、後世までとことんこだわった最近の作品は、ゲーム会社が全て自力だけで完成させるのは困難だ。 特にグラフィックやサウンドに関しては、専業の開発会社が手がけたミドルウェアが重要な役割を担っている。具体例を挙げれば、CRI・ミドルウェアやシリコンスタジオの製品だ。 また、作品の完成後もカスタマーサービスなどへの気配りが必要だが、そうした業務を代行するビジネスも存在する。さらにゲームのヒットはスマホの売れ行きにまで影響しそうだ。それなりのスペックのスマホでなければ「ポケモンGO」楽しめないので、買い換えを考えるきっかけになります。

今までガラケーで不満がなかった人にもスマホに乗り換える動きが出てくるはずです。その場合、アルプス電気などのスマホ部品を開発する企業に追い風となる。そこで今回は、注目のゲーム関連銘柄を紹介する。

注目のゲーム関連銘柄

ゲーム関連銘柄01

それでは、いよいよ注目のゲーム関連銘柄を紹介する。

<3907>シリコンスタジオ

シリコンスタジオは、3Dのコンピュータグラフィック技術を強みがあるゲーム関連銘柄だ。

同社は、ゲームに用いられるミドルウェアを開発し、ゲーム制作の下請けだけでなくRPGを中心に自社ゲーム制作を手掛ける。また、ゲーム業界専門の求人紹介・転職支援サービスにも手を広げ、勢いを感じるゲーム関連銘柄だ。

<3698>CRI・ミドルウェア

CRI・ミドルウェアは、音声再生関連など、ゲームに用いるミドルウェアを開発しているゲーム関連銘柄だ。

同社の製品を使ったゲームは多数に上っており、採用作品は起動時にCRIWAREのロゴが表示される。中国のゲーム制作スタジオと提携し、同国でのビジネス強化を目指そうとしており、期待のかかるゲーム関連銘柄だ。

<6770>アルプス電気

アルプス電気は、精密加工に関して高い技術とノウハウを持つ電子部品メーカーのゲーム関連銘柄だ。

同社は、レンズを稼働させてカメラのピントを合わせるアクチュエーターをはじめ、スマホ部品を数多く手掛ける。「ポケモンGO」人気がスマホの買い換えを促すのが追い風となるゲーム関連銘柄だ。

<6050>イー・ガーディアン

イー・ガーディアンは、SNS上の不適切な書き込みなどの不適切な書き込みや運営サポートが中心のゲーム関連銘柄だ。

同社は、オンラインゲームのカスタマーサポート代行も手がけ、開発に集中したいゲーム会社には重宝さる存在だ。今季すでに上方修正を発表し、4期連続で最高益への期待もかかるゲーム関連銘柄だ。

<2121>ミクシィ

ミクシィは、SNSを運営しながらゲーム事業も手掛けるゲーム関連銘柄だ。

同社を一気に成長企業に変貌させたゲームが「モンスターストライク」というスマホアプリのゲームで、「モンスト」の愛称で今尚世界中で愛されている。世界のアプリゲームの収益源のランキングでトップクラスを維持していることからも、この「モンスト」を保有するミクシィは期待のゲーム関連銘柄だ。

<2138>クルーズ

クルーズは、絶好調のEコマースとゲームが二本柱のゲーム関連銘柄だ。

同社は、今後はゲームの本数を絞りヒット率向上を目指す。ファンタジー系のRPGでは、アヴァロンΩ(Ω)が人気タイトルで、さらなるヒット作に期待がかかるゲーム関連銘柄だ。

<3662>エイチーム

エイチームも注目のゲーム関連銘柄だ。

同社は、友人と一緒にバトル方法を決めるなど、リアルタイムで楽しめる新感覚RPG「ユニゾンリーグ」が代表作。同作品の制作スタッフが手がけた最新作「ヴァルキリーコネクト」がヒットの予感だ。エイチームも見逃せないゲーム関連銘柄として引き続き観察していきたい。

<3689>イグニス

イグニスもヒット作の実績があるゲーム関連銘柄だ。

同社の代表作「breaker:ブロック崩しー30秒でどこまで壊せますか?ー」は世界累計100万ダウンロードを突破。

RPGゲーム「ぼくとドラゴン」はイベントやCMを強化し、ダウンロード数増加を目指す。

<6460>セガサミーホールディングス

セガサミーホールディングスは、ゲームデータをデバイス間で共有する戦略や、人気キャラのデジタル分野への転用を推進。

「ぷよぷよ‼︎クエスト」などの既存作が堅調で、PSVRには「初音ミク」シリーズで参戦するなど、既存作で売り上げを確保しつつ、新作で新しい挑戦に出るという地に足がついたゲーム関連銘柄といえるだろう。

<7832>バンダイナムコ

バンダイナムコは、もはや説明不要なぐらい有名なゲーム関連銘柄だ。

同社は、ゲームが牽引して上記上方修正。「機動戦士ガンダム」など豊富な知的財産の価値を最大化するのが特徴だ。

PSVRは「アイドルマスター」シリーズや「サマーレッスン(仮)」で参入予定と、着実に市場のパイを取りに行く有望なゲーム関連銘柄だ。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!