本命の無線LAN関連銘柄

無線LAN関連銘柄02

無線LANとはケーブルの代わりに電波を使ってLANを構築するものを指し、ネットワーク機器を取り扱っている企業や無線LANシステムの構築に携わる企業の銘柄を総称して、無線LAN関連銘柄と呼ばれている。

なぜ今、無線LAN関連銘柄が注目されているのか?

無線LAN関連銘柄01

きっかけはデジタル教科書の導入と言われている。

『総務省は2020年までに全国すべての小・中・高校に無線LAN「Wi―Fi」を導入する方針だ。教科書の内容をタブレット端末などに収めた「デジタル教科書」の普及に向け、導入費用の半分を補助する。災害時には避難者に開放し、携帯電話の基地局が故障してもインターネットや電子メールを使えるようにする。

現在、無線LANを利用できる小・中・高校の教室は24%にとどまる。総務省はまず今夏につくる17年度政府予算の概算要求に必要経費の一部を盛り込む。

19年度までの3年間で計100億円を確保し、無線LANを導入するのに必要なルーターと呼ばれる機器の設置費用のうち5割を補助する。携帯電話会社などが国に納めている電波利用料を財源にする。

補助は国公立や私立を問わず、全国すべての小学校(2万1千校)、中学校(1万校)、高校(5千校)が対象だ。各教室のほか、職員室や体育館にもルーターを置いて、校内どこでもネットにつながるようにする。導入後の諸費用は学校側で負担する必要があるが、総務省は国の補助で普及率が大幅に高まるとみている。』

※2016年5月24日の日本経済新聞より引用

上記の新聞記事において、デジタル教科書の普及に向け、無線LANの整備をすると発表していることから、無線LAN関連銘柄が享受する恩恵も極めて大きいと予想される。また、総務省主導の国策であることや2020年まで恩恵を受け続けるテーマ株であることから、今後投資家の間で度々物色されると想定され、今のうちに情報収集を進めておくことが大切といえるだろう。 

本命の無線LAN関連銘柄

無線LAN関連銘柄03

ここからは、数ある無線LAN関連銘柄の中でも、ブッダ本命の銘柄に絞って紹介していく。

<6835>アライドテレシスHD

ルーター・スイッチなどのネットワーク機器の企画から開発、製造までを国内外で展開している東証2部上場のアライドテレシスHDは、無線LAN関連の本命だ。

2016年4月にも、同社が手掛けるエクストリコム無線LANシリーズの新製品を発売するなど、積極的に販売先を広げている。

エクストリコム無線LANシステムは、単一フロアの中小規模の企業から複数のビルを持つ無大規模企業まで幅広く対応しており、チャンネルブランケットという独自の技術によって、エクストリコム無線LANスイッチに接続された複数のエクストリコム無線LAN APを干渉させることなく同一チャンネルで運用するといった優れものだ。

総務省が2020年までに、全国の小・中・高校に無線LANを導入との報道や教科書のデジタル化が材料視されて関連銘柄が人気化したが、ネットワーク機器の導入先のひとつとして教育関連に強みを持つアライドテレシスにも買いが集まった。

学校の無線LANのアクセスポイントに占めるメーカーシェアで、同社は9.8%と業界第2位につけており、導入費用の半分を補助するとの報道通りであれば、無線LAN業界の追い風となるので、業績へのインパクトも大きいといえる。

もともと、同社のネットワーク機器は製造業や医療機関、文教、自治体向けを柱としており、国内では医療機関向けが堅調だが、今後は国策絡みで教育の分野でも受注増が期待できよう。

また、国外では、欧米の教育関連や公共施設で同社のネットワーク機器が採用されており、今後は同社の収益構造の転換のために販売網の海外代理店を通じて実績を積み、国外での売上げを伸ばすことが課題となる。

当面は、同社独自の技術力を駆使した新製品の開発と販売網の強化により業績を伸ばすことは十分可能で、営業利益段階から黒字転換するという課題をクリアできれば、大化けする有力な候補銘柄の一つになるといえる。

<9419>ワイヤレスゲート

公衆無線LAN事業者や通信事業者からインフラを借り受けて、法人や個人向けに高速無線データを提供し、ワイヤレス・ブロードバンド関連事業を展開するワイヤレスゲート(東証1部)も、無線LAN関連の注目銘柄のひとつといえる。

全国に約4万か所の公衆無線LANスポットを保有する同社は、独自のプラットフォームに、公衆無線LAN、WiMAXなど複数の技術をとりまとめることを得意としており、筆頭株主のヨドバシカメラからの経由により新規サービス加入者が拡大している。

同時に、経営戦略の上から販売チャネルの拡大を進めており、今後はヨドバシカメラ一社への依存体質からの脱皮と収益の強化を目指す。

その一環として、2015年にはWi-Fiコミュニティ「FON」を展開するフォン・ジャパンに資本参加したことから、FONのネットワークも利用可能となり、世界2000万か所のアクセスポイントを利用できる体制を構築した。

今後、ワイヤレスゲートとフォン・ジャパンの2社はFONのルーターを使って浅草や鎌倉、ニセコなどの観光地で国内外の観光客に無料Wi-Fiサービスを提供し、そこで蓄積されたユーザーの導線を分析することでマーケティングデータとしての活用も目指している。

また、将来的には広告配信の効果測定や、路上パフォーマンス、移動販売のカートなどでも使える決済手段の提供なども開始するとしており、2016年4月に浅草六区セントラルスクエアに「Wi-Fiタワー」を設置して、国内外の観光客に無料Wi-Fiサービスを提供するなど、実績を積み重ねている。

さらに、日本を訪れる海外のユーザーに対して、FONの販路でワイヤレスゲートのSIMカードを販売することなども検討しており、それが実現すれば同社の業績はますます拡大を続けるものと期待される。

この無線LAN関連で、2016年5月に総務省が全国の小・中・高校に無線LANの導入を進めていくとの報道を受けて、公衆無線LANやWi-Fi/WiMAXサービスを手掛ける同社もその恩恵を受けるものと注目が集まっている。

<4316>ビーマップ

JR、道路などの交通関連や、位置情報、画像配信サービスの提供を展開するジャスダック銘柄のビーマップも無線LAN関連で要注目だ。

同社は無線LAN事業を他社に先駆けて着手しており、急拡大する公衆無線LANサービスをサポートする認証基板を開発して、通信事業者に提供している。

また、NTTブロードバンドプラットフォームと連携して無線LAN設置事業を展開するなど、無線LAN設置事業システム構築の拡大にも積極的に取り組んでいる。

さらに、インフラの開発にとどまらず、主に通信事業者や鉄道事業者向けの公衆無線LANによる位置情報配信システムやスマートフォンアプリなどの開発を通じて、コンテンツサービスのプラットフォーム開発を進めている。

2016年には、総務省が2020年までに全国すべての小・中・高校に無線LAN 「Wi-Fi」を導入する方針と伝わったことから、無線LANシステムで強みを持つビーマップに注目が集まっている。

同社の無線LAN製品はどのようなビジネスサイズでも簡単にセットアップが可能で、同社のクラウドコントローラーなら、数十万台のアクセスポイントを一斉に管理することもできる。

また、タブレットやスマホからクラウドに接続できるので、常時アクセスポイントを管理できるなど、使い勝手もいいので、教育現場での導入に期待が高まる。

将来的に、無線LANシステムの導入が進めば、同社が開発を進める無線LAN事業が収益拡大に大きく寄与するものと期待される。

<9416>ビジョン

通信キャリアから仕入れたモバイルWi-Fiルーターのレンタルを国内外で手がける東京マザーズ銘柄のビジョンも、無線LAN関連で注目度の高い企業だ。

Wi-Fiルータレンタル事業はグローバルWi-Fi 事業と銘打って2010年に開始し、国内では成田や関西国際等主要空港に営業所を構える。

レンタルで提供しているのは、日本へ旅行に来る訪日外国人向けのインバウンドWi-Fiルーターレンタルサービスと、日本へ一時帰国するビジネスマン向けのWi-Fiルーターレンタルサービスだ。

また、中国、韓国、台湾、ハワイ、対、シンガポールで、各国内の海外渡航者向けにグローバルWi-Fiサービスを展開しており、将来的には世界中でグローバルWi-Fiサービスが利用可能となることを目指している。

その他、情報通信サービスとして、固定通信サービス、移動体通信サービス、OA機器、ビジネスフォン、WEBサイト等事業活動に必要な通信インフラ環境をあっ旋しており、同社の収益を支える安定事業となっている。

このように、無線LAN関連でWi-Fiルーターレンタルを手掛けるだけではなく、事業者の成長ステージに合わせた通信インフラ環境の整備までを守備範囲としていることから、総務省が掲げる全国の小・中・高校への無線LANの導入についても、同社の豊富な経験と実績が評価されて恩恵を受けるものと期待されるだろう。
 

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」
「もう少し待てば反発するかも…」
「さっき損切りしておけば…」
「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

FIP投資顧問>>

株式投資をやっているあなたなら「投資の福の神 藤本誠之」をご存じかと思う。
その藤本氏とタッグを組んだ投資顧問がFIP投資顧問だ。

サービス名は株プロフェットといって、藤本氏の予想銘柄だけでなく、藤本氏のコラムも読むことができ、FIP投資顧問の出し惜しみのない姿勢が分かる。銘柄情報には特に期待できる。

しかも、FIP投資顧問は、藤本氏がレギュラー出演・ホストを務めるラジオNIKKEI「この企業に注目!相場の福の神」 のスポンサーに入っていることから、藤本氏と強いつながりがあることがわかるだろう。無料メール登録するだけで、藤本氏の予想銘柄もいち早くチェックできるのは、株プロフェットだけだ。

詳しい個別銘柄情報関連銘柄専門的な材料に特化した情報を無料でもメール配信している。面倒な作業は一切不要で、登録フォームに自分のメールアドレスを入力すると10秒ほどで情報が届くという非常に便利なサービスだ。無料で登録できて、情報に納得いかなければ即時退会もできるから、リスクは一切ない。

自分の売買ルールに自信がない方は、今すぐバナーをクリックして、藤本氏の想銘柄で利益をゲットしよう!

 

株プロフェット

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

ここ最近登場した新進気鋭の投資顧問なのだが、トリプルエー投資顧問って知っているか?

この投資顧問はあなどれないぞ。FIP投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

創刊50年の投資専門誌・株主手帳への記事掲載実績(2015年11月)もあって、非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけているアドウェイズ<2489>をトリプルエーも3月15日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、667円で買ってみた。すると、3月24日には870円まで急騰プラス30.4%の利益だ。まぁ、アドウェイズ<2489>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストがトリプルエーの中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。トリプルエー投資顧問とFIP投資顧問との両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はFIP投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄を3つもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!

 

WS000052

 

《Re:追伸》

おっと、肝心なことを言い忘れていた!(汗)

実は、FIP投資顧問、トリプルエー投資顧問に匹敵する投資顧問を見つけたのだ。

最強!!株トレード投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、最強!!株トレード投資顧問の推奨銘柄イトクロ<6049>4月1日(金)2984円で買ってみた結果、、4月4日(月)に3245円まで上昇。プラス8.75%とまずまずの利益だ。一時的にプラス10%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺も最強!!株トレード投資顧問から情報をとっていくつもりだ。サービス内容はFIP投資顧問やトリプルエー投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

最強株トレード!!投資顧問


《Re:Re:追伸》

最後まで記事を読んでくれたあなたに、とっておきの情報をシェアする。これが本当に最後だ笑

あすなろ投資顧問って知ってるか?

このあすなろ投資顧問だが、これまで紹介してたFIP投資顧問やトリプルエー投資顧問、最強!!株トレード投資顧問でアピールしていない情報が俺の心を鷲掴みした。その情報をあなたにもシェアしておく。

設立11年目の信頼感
信頼感が命の投資顧問だからこそ、11年もの長期間存続できているということは、それだけお客様の信頼と支持を得てきているってことだな。

無料プレセントのボリューム
あすなろ投資顧問は、他の投資顧問と比べて無料プレゼントのボリュームがエグい。。なんと有料級の推奨銘柄5個無料でプレゼントするというのだ!ひとまずメール登録して損するリスクは皆無といって良いだろう。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、5個の推奨銘柄をゲットしよう!

 

あすなろ投資顧問

 

今回も最後まで記事を読んでくださりありがとうございます。

 

ブッダより