今仕込むべきドローン関連銘柄

ドローン関連銘柄03

ドローン関連銘柄の情報収集をしている方に向けて、ドローン関連銘柄についての総合情報をまとめた。

ドローン関連銘柄の特徴

ドローン関連銘柄02

Googleが2017年にドローン宅配を行うとのニュースが報じられたことから、ドローンの普及が加速し、ドローンを当たり前のようにみんなが活用する日は近い。

ドローンの普及に伴い、ドローン関連銘柄に対する注目も急増し、投資家の資金がドローン関連銘柄に集中する。

そこで今回は、ドローン関連銘柄に関する情報をまとめてみた。是非ドローン関連銘柄の理解を深めていって欲しい。

 

ドローン関連銘柄とは

ドローン関連銘柄01

ドローン関連銘柄とは、今、最先端のドローンの開発や生産に携わる企業や、ドローンの搭載部品及びドローンと共に活用される機器の開発など、ドローンに関連する事業を展開しているテーマ株を指す。

今、日本の株式市場には様々なドローン関連銘柄が存在し、情報通な投資家達からの関心が集まっており、短期的にも、長期的にも大きな利益を狙うことができるテーマ株としてドローン関連銘柄は存在感を持ちつつある。

 

ドローン関連銘柄の将来性

ドローン関連銘柄04

ドローン関連銘柄は、最先端技術として様々な分野での応用が期待され、企業目線でも、投資家目線でも高い将来性を秘めている。

日経BPクリーンテック研究所が発表した予測によれば、日本国内におけるドローン市場の規模は2030年には1000億円に達する見込みで、ドローン先進国であるアメリカでは、今後10年でドローン産業は約10兆円の経済効果を生み出すとも予測されている。

ドローン関連銘柄と国策

ドローン関連銘柄05

ドローン関連銘柄は国策銘柄と捉えることができる。

日本国内でも、政府による新産業育成政策で「ドローンを利用した宅配サービスの商用化」を目指すという発表も出ている。

国土交通省では「ドローンや自動制御のショベルカーなど、最先端技術の利用を義務づける検討に入った」という報道も確認済みだ。

このように、大企業がドローン事業に本格的に取り組んでいるという事実に加えて、政府がドローンの実用化、商品化を想定した動きを見せている。したがって、今後、各種ドローン関連銘柄に該当する企業自体から様々なIRや材料が次々と発表されていくことも期待でき、大化けが見込める。

注目のドローン関連銘柄

ドローン関連銘柄06 

ドローン関連銘柄に注目が集まっている理由がわかってもらえただろうか?

ドローン関連銘柄はまだまだ発展途上ではあるが、裏を返せばむしろ成長性や伸び代があるということでもある。いち早く情報を収集し、仕込んでおけば中長期的にきっといいことがあると思うぞ。

では、仕込むといっても具体的にどの個別銘柄に仕込めばいいのか?

その疑問に答えるべく、ここからはドローン関連銘柄の中でも特に注目の個別銘柄を紹介する。

【3444】菊池製作所

国内でドローンの量産を開始した菊池製作所が、本命のドローン関連銘柄だ。

試験に必要な研究開発施設や管制塔、滑走路などを福島県内に設置し、ロボットの操縦者への教育や研修なども実施するとのニュースが、日本経済新聞で報じられた。

福島県内に多くの生産拠点を持つ菊池製作所は、本業の金型製作分野でも商機拡大につながる可能性が非常に高く、ドローン分野との相乗効果に期待したい。

本命のドローン関連銘柄として、追っていきたいドローン関連銘柄だ。

【7272】ヤマハ発動機

古くから産業用無人ヘリコプターを提供するヤマハ発動機は、農業分野に強みを持つドローン関連銘柄だ。

農業向けに農薬散布用途で利用されている無人ヘリコプター型のドローン(RMAX)の使用が、2015年5月にアメリカで認可された実績も持つ。この認可を機に、アメリカに拠点を設置し、積極的な海外展開を行うことを計画していることからも。ドローン事業に積極的な姿勢と自信を感じる。

無人ヘリコププターがアメリカの大規模農家に幅広く利用されていくことで、さらなる活躍が期待できるドローン関連銘柄だ。

【7732】トプコン

画像計測統合ソフトウェアを提供するトプコンは、測量分野に強みを持つドローン関連銘柄だ。

トプコンの3D画像計測統合ソフトウェア「Image Master UAS」は、ドローンとの組み合わせて空中撮影した画像から広範囲の地形図を作成することができる画期的な発明だ。

3D画像計測統合ソフトウェアは、空中撮影可能というドローンの利点と非常に相性が良い。このソフトウェアがドローンと組み合わさることで、地形計測や災害調査、遺跡調査と幅広く応用が期待され、人間では調査困難な地形でも測量が可能になる。

今後の株価上昇の期待が膨らむドローン関連銘柄だ。

【2331】総合警備保障

警備業界でセコムに次ぐ総合警備保障(ALSOK)は、警備サービスで培ったノウハウや関与先を生かしてドローン関連にも乗り出しており、ドローン関連銘柄として注目されている。

従来業務の警備サービスでは、音響センサー探知型のドローンを使って政府の重要施設などへの不正なドローンの侵入を通報するサービスを開始して、新たな需要を掘り起こしている。

新規分野への進出にも抜かりはなく、2015年5月にはドローンを利用した空撮サービスの提供を発表。ドローンに搭載するカメラは赤外線カメラが搭載可能で、ソーラーパネルの熱を持ったワットスポットを一目で確認できるので、火災を未然に防ぐこともできる。

今後は、商用利用では外周警備、公共利用ではインフラの空撮映像を使った点検などで同サービスの活用も想定されている。

また、2015年9月からはドローンや衛星などを活用して火山災害サイクルで必要な安全対策を一括して届ける「火山災害対策ソリューション」の提供を開始した。同サービスには、ドローンなどにより撮影された映像を解析・分析してマップなどに加工するサービスも含まれ、地方自治体などによる利用の取り込みが期待される。

業績は、主力の機械警備が伸びており、2017年3月期、2017年3月期と最高純利益の更新が続く見通しとなっている。

予想PERは33倍とセコムの22倍より割高となっているが、セコムにくらべて収益が大きく改善する見込みなので、2015年12月に付けた10年来高値の6270円の奪回に向けて買い直される公算が大。安値圏を丹念に拾いたい。

【2667】イメージワン

ドローン関連としても注目されているイメージワン【2667】は、地球観測衛星から撮影した写真画像の販売からスタートした企業で、現在は自社で開発を手掛けている医療画像システムが収益の柱となっている。

ドローン関連では、撮影用のUAV(小型無人飛行機)の販売を進めるほか、UAVを使った自動撮影や、その画像情報に処理を施す技術など高付加価値のサービスを提供する狙いで、画像システムを育成しており、今後の展開に期待が集まる。

ちなみに、同社が販売するUAVは、ドローン業界ではドイツを代表するメーカとして高い評価を得ているマイクロドローンズ社製で、これまでに監視、プラント検査、火災事故の救出現場、国境管理、警察、考古学など多方面にわたる販売実績がある。

ドローンに対するニーズが高まる中、マイクロドローンズ社のUAVを活用した事業成長に投資家の熱い眼差しが向けられて、イメージワンの株価は今年に入って1月に888円の高値をつけるなど健闘している。

業績は2016年9月期に最終黒字化する見通し。2017年9月期も増収・増益の見込みとなっており、予想PERは62.30倍と高めだが、2013年6月に1475円まで買われた実力からすれば、本番はこれからといえよう。

【3681】ブイキューブ

企業内のテレビ会議やWeb会議システムの「V-CUBE」の提供など、ビジュアルコミュニケーションツールを手掛けるブイキューブも、ドローン関連で注目が集まる。

同社は、2015年1月にチューリッヒ工科大学発のベンチャーでドローンの商用利用向けに技術を開発するRapyuta Robotics(ラピュータ社)に出資。ドローンで撮影した映像をリアルタイムで「V-CUBE」上で確認できる取組を進めている。

また、地方自治体との連携にも意欲的で、ドローンに同社の開発した自動飛行やウェブ会議システムを搭載し、NPO情報セキュリティ研究所と災害対策の実証実験を実施している。

さらに、2015年10月にはドローンなどロボット活用のソフトを開発・販売する子会社「ブイキューブロボティクス・ジャパン」を設立するなど、ドローン事業への本格参入に向けて着々と体制づくりを進めており、ドローン関連の有望銘柄として注目が集まっている。

同社のドローン事業の強みは、何と言っても「V-CUBE」によりリアルタイムで映像を確認しながら、情報やコミュニケーションのやり取りができること。このドローンに「V-CUBE」を組み合わせたシステムの応用範囲は、災害対策や防災、防犯、農業IoTなどすそ野は広い。

業績も好調で、東証1部に移行して初の決算となる2015年12月期決算の売上げは62億円と、2012年12月期の20億円から大幅に伸び、2016年12月期もこの勢いが続いて営業利益、最終利益ともに大きく伸びる見通し。

ビジュアルコミュニケーションの用途は従来の企業の会議や研修、営業から教育、医療、金融、ロボットなどの社会インフラへと国内外で広がっており、将来的にも同社の収益が安定的に伸びていくことが期待され、ドローン関連としても先駆を切る企業として当分目が離せない。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」
「もう少し待てば反発するかも…」
「さっき損切りしておけば…」
「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

FIP投資顧問>>

株式投資をやっているあなたなら「投資の福の神 藤本誠之」をご存じかと思う。
その藤本氏とタッグを組んだ投資顧問がFIP投資顧問だ。

サービス名は株プロフェットといって、藤本氏の予想銘柄だけでなく、藤本氏のコラムも読むことができ、FIP投資顧問の出し惜しみのない姿勢が分かる。銘柄情報には特に期待できる。

しかも、FIP投資顧問は、藤本氏がレギュラー出演・ホストを務めるラジオNIKKEI「この企業に注目!相場の福の神」 のスポンサーに入っていることから、藤本氏と強いつながりがあることがわかるだろう。無料メール登録するだけで、藤本氏の予想銘柄もいち早くチェックできるのは、株プロフェットだけだ。

詳しい個別銘柄情報関連銘柄専門的な材料に特化した情報を無料でもメール配信している。面倒な作業は一切不要で、登録フォームに自分のメールアドレスを入力すると10秒ほどで情報が届くという非常に便利なサービスだ。無料で登録できて、情報に納得いかなければ即時退会もできるから、リスクは一切ない。

自分の売買ルールに自信がない方は、今すぐバナーをクリックして、藤本氏の想銘柄で利益をゲットしよう!

 

株プロフェット

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

ここ最近登場した新進気鋭の投資顧問なのだが、トリプルエー投資顧問って知っているか?

この投資顧問はあなどれないぞ。FIP投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

創刊50年の投資専門誌・株主手帳への記事掲載実績(2015年11月)もあって、非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけているアドウェイズ<2489>をトリプルエーも3月15日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、667円で買ってみた。すると、3月24日には870円まで急騰プラス30.4%の利益だ。まぁ、アドウェイズ<2489>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストがトリプルエーの中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。トリプルエー投資顧問とFIP投資顧問との両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はFIP投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄を3つもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!

 

WS000052

 

《Re:追伸》

おっと、肝心なことを言い忘れていた!(汗)

実は、FIP投資顧問、トリプルエー投資顧問に匹敵する投資顧問を見つけたのだ。

最強!!株トレード投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、最強!!株トレード投資顧問の推奨銘柄イトクロ<6049>4月1日(金)2984円で買ってみた結果、、4月4日(月)に3245円まで上昇。プラス8.75%とまずまずの利益だ。一時的にプラス10%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺も最強!!株トレード投資顧問から情報をとっていくつもりだ。サービス内容はFIP投資顧問やトリプルエー投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

最強株トレード!!投資顧問


《Re:Re:追伸》

最後まで記事を読んでくれたあなたに、とっておきの情報をシェアする。これが本当に最後だ笑

あすなろ投資顧問って知ってるか?

このあすなろ投資顧問だが、これまで紹介してたFIP投資顧問やトリプルエー投資顧問、最強!!株トレード投資顧問でアピールしていない情報が俺の心を鷲掴みした。その情報をあなたにもシェアしておく。

設立11年目の信頼感
信頼感が命の投資顧問だからこそ、11年もの長期間存続できているということは、それだけお客様の信頼と支持を得てきているってことだな。

無料プレセントのボリューム
あすなろ投資顧問は、他の投資顧問と比べて無料プレゼントのボリュームがエグい。。なんと有料級の推奨銘柄5個無料でプレゼントするというのだ!ひとまずメール登録して損するリスクは皆無といって良いだろう。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、5個の推奨銘柄をゲットしよう!

 

あすなろ投資顧問

 

今回も最後まで記事を読んでくださりありがとうございます。

 

ブッダより