本命のFPGA関連銘柄

FPGAとはField Program Gate Arrayの頭文字をとったもので、回路の書き換えが可能なロジックデバイスを指す。このFPGAの研究、開発、製造、販売に携わる企業の銘柄は、FPGA関連銘柄と総称され、株式市場の間でも注目を集めている。もともとFPGAは、1985年に米国のXilinx社によって初めて製品化され、それ以降も存在はしていたが、近年技術革新が進み、急速に市場が拡大したため、注目を集めることになった。

FPGA関連銘柄に注目する理由

FPGA関連銘柄03

米インテルが大手FPGAメーカを買収

2015年、米インテルはFPGAメーカーの大手である米アルテラを現金167億ドルで買収する事を発表した。買収金額が事前に報道されていたものよりも高かったことから市場関係者を驚かせたが、それだけFPGAの先行きに対して期待が大きいことがわかるだろう。

米マイクロソフトで成果

2016年6月、米マイクロソフトも自社のデータセンターにFPGAを導入する事を表明し、FPGAが注目を集めるきっかけとなった。FPGAの導入によってデータセンターのコストが約半分になる成果も出ており、効果の確実性が実証された。

中国のバイドゥや米フェイスブックなどの巨大なデータセンターを保有する企業もFPGAを導入する事を検討しており、今後も関心を寄せる企業は増えていくだろう。

FPGAの多様な用途

FPGAは、①画像処理、②ビッグデータの処理、③通信ネットワークなど、用途が多様なことから、活用の場面が幅広く、だからこそ今非常に注目されている。

画像処理

FPGAでは大容量のデータ処理が可能となることから、は画像処理での活用が今後広がっていくと予想される。ドローン、遠隔医療、自動運転におけるレーダーなどFPGAの応用範囲は非常に幅広い。

ビッグデータの処理

米マイクロソフトがデータセンターにFPGAを使用した成功例から、他社も追随することになることが予想される。FPGAを使用することによりデータ検索の高速化等が可能になり、この点からもFPGAが今後活用される可能性が高いといえるだろう。

通信ネットワーク上の処理

5Gのような次世代高速通信を普及させるためには、従来使われている機器の能力を遥かに超えるネットワーク範囲とデータ処理能力が必要になる。ここにもFPGAの利用が想定されている。

FPGA関連の市場規模

FPGA関連の市場規模は、2010年の40億ドルから2020年には85億ドルまで拡大するとの見通しで、急速な市場拡大が想定される。日本の株式投資の中心に位置するIoT、ドローン、遠隔医療、5G、自動運転、人工知能、ビッグデータの進歩発展には、FPGAが必要不可欠な部材であることからも、今後も引き続き需要の拡大は続くと予想される。

注目のFPGA関連銘柄

FPGA関連銘柄02

<4736>日本ラッド

日本ラッドは、主にシステム開発を手がけるFPGA関連銘柄だ。
同社は電気通信大学とFPGAを活用した高速処理装置の実用化に向け、技術連携を進めることを発表していることは、好材料といえるだろう。また、現在の株式投資の中心に位置する人工知能、自動運転車、IoT関連銘柄としても認知度が高く、今後多方面から材料が出る可能性があることから、買いが入りやすいと予想される。業種別の時価総額順位が低く、値動きが軽いことらも材料が出た際に買い集中すると想定される。日本ラッドをFRPG関連銘柄の本命と捉え、引き続き情報収集を進めていくつもりだ。

<3687>フィックスターズ

フィックスターズは、マルチコアプロセッサ関連のソフトウェア開発を展開するFPGA関連銘柄だ。
同社製造のNallatech製FPGAアクセラレータボードは、アルテラ提供のSDK for OpenCLを使うことによってFPGAベースの並列処理システムを簡易に開発できるようになることから、今後の需要増大に期待が集めってきている。
今後の成長に期待が持てるFPGA関連銘柄といるだろう。

<6918>アバールデータ

アバールデータは、半導体製造装置の制御部、産業用制御機器、計測機器などの受託製品のほか、組込みモジュール、画像処理モジュールなどの自社製品を展開するFPGA関連銘柄だ。
同社のFPGA対応入力ボードは、搭載FPGAのカスタマイズで利用者の目的に合わせた処理をハードウェア化を可能とする点で関心が高まっている。また、FPGAの開発ツールも手掛けている点でも、今、FPGAに力を入れていることが分かる。

<7587>パルテック

パルテックは、国内メーカーに対し半導体・設計ソフトの販売、技術支援サービスを提供するFPGA関連銘柄だ。
同社はFPGAの大手であるXilinx社(米国)の製品を扱っていることからや主力がFPGAであることからも、日本におけるFPGA企業としては他社よりも一歩先を行くFPGA関連銘柄といえるだろう。

<4783>日本コンピュータ・ダイナミクス

日本コンピュータ・ダイナミクスは、情報システム構築や保守・運用、無人駐輪場管理システムなどを手掛けるFPGA関連銘柄だ。
同社は、FPGAの並列処理を利用したIRTソリューションを手掛けている点や電気通信大学と共同でビッグデータを高速処理できるシステムの開発に着手している点から、今後の株価上昇に期待が集まってきている。

<6778>アルチザネットワークス

アルチザネットワークスは、通信インフラ構築に使用される通信計測機を手掛けるFPGA関連銘柄だ。
同社もFPGAを使ったソリューションを提供しており、この先期待が持てる銘柄といえるだろう。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!