注目の外国人家事代行関連銘柄

家事代行サービスとは、炊事、洗濯、掃除、買い物、子供の世話などの日常的な家事を依頼人に代わって行うサービスだ。昨今、夫婦共働きが増えていることを背景に市場が急拡大し、他業種からも参入する企業も増えててきているのが特長だ。

家事代行サービスのうち、外国人が行う家事代行が外国人家事代行と呼ばれ、今まで主入国管理法で原則として禁じられていましたが国家戦略特区を活用する事により利用可能となる事からも一気に注目される可能性を秘めている。

外国人家事代行関連銘柄

外国人家事代行関連銘柄04

既に家事代行サービスを行っており今後外国人家事代行関連銘柄に参入してくる可能性が高い、あるいは既に外国人家事代行サービスを手掛けている企業を総称したテーマ株は、外国人家事代行関連銘柄と呼ばれ、早耳な投資家や証券会社の営業マンの間では濃密な情報交換がなされている。

東京都が外国人家事代行を解禁か

外国人家事代行関連銘柄06

『東京都は外国人による家事代行サービスを解禁する検討に入った。出入国管理法で原則として禁じられているが、政府が国家戦略特区で例外的に認めている規制緩和策を使う。フルタイムでの直接雇用など条件を満たす事業者に限って外国人の活用を認める。中高所得層の共働き世帯や在留外国人の利用を見込む。家事の負担を減らし、女性の就労を後押しする。

政府が10日に開く国家戦略特区の区域会議で、舛添要一都知事が検討の意向を表明する。神奈川県はすでに外国人を採用したい企業を受け付けており、大阪市も近く受け付けを始める方向だ。都も受け入れを決めれば、3例目になる。

特区で認める外国人の家事代行サービスは、炊事、洗濯、掃除、買い物、子どもの世話など。1年以上の家事支援の経験があり、基本的な日本語能力があることなどを条件に出入国管理法の特例として受け入れを認めている。事業者はフルタイムで外国人を直接雇用し、日本人と同等額以上の報酬を支払う。期間は最長3年だ。』
※日経新聞より引用

外国人家事代行解禁がもたらすもの

外国人家事代行関連銘柄03

今回東京とが解禁すれば、日本で三つ目の対象地域となります。これまで慎重姿勢だった東京都が検討に入ることことをきっかけに、対象地域がさらに広がることが想定される。人口減少に伴う労働力不足の問題は深刻化しており、この動きには今後も続くと言えることから、今後の対象地域拡大を見守るつもりだ。

外国人家事代行サービスの市場規模

外国人家事代行関連銘柄05

野村総合研究所の発表によれば、2011年時点で300億円の市場が今後約6倍の1720億円まで膨らむ見通しだ。この調査結果は25~44才の女性の利用や希望を元に算出されたものだけなので、単身世帯やシニアの利用も含めるとさらに大きな市場になっていると想定される。

注目の外国人家事代行関連銘柄

外国人家事代行関連銘柄02

 <3754>エキサイト

エキサイトは、ポータルサイト「エキサイト」を運営し、Web検索やニュース、天気、翻訳、乗換などを提供する外国人家事代行関連銘柄だ。
同社は、2015年に介護、家事支援サービス「ファミリーサポーター」を本格始動させたことから、外国人家事代行関連銘柄の中心に位置する銘柄といえるだろう。そのサービス紹介ページ中において、「介護離職ゼロ」とのスローガンを掲げ、国策に関係することからも、今後買いが入る大きな材料と想定される。業種別
時価総額順位が低いことから軽い値動きが想定され、材料が発表時には急騰する可能性を秘めている。外国人家事代行関連銘柄の本命銘柄と捉えてよいだろう。

<2462>ジェイコムホールディングス

ジェイコムホールディングスは、総合人材サービス(ジェイコム)、保育施設運営(サクセスHD)、介護施設運営(サンライズ・ヴィラ)を中核とする企業グループで、外国人家事代行関連銘柄に属する。
同社は、ベトナムに拠点を確していることや介護職に向けて外国人の活用の検討していることから、外国人家事代行サービスに新規参入してくることが予想され、今後の動向には目が離せない。

<4665>ダスキン

ダスキンは、清掃・衛生用品のレンタル&販売事業、掃除や家事代行など役務提供サービスを手掛ける外国人家事代行関連銘柄だ。
同社は家事代行サービスで大手で、2015年に外国人家事代行サービスにも参入することを発表しており、東京都が外国人家事代行を解禁すれば、最も恩恵を受ける銘柄といえるだろう。

<9792>ニチイ学館

ニチイ学館は、医療行為を除く医療機関運営業務全般のアウトソーシング、在宅系介護から有料老人ホームなどの介護サービス、家事・育児・自費介護の資格取得講座等を手掛ける外国人家事代行関連銘柄だ。
同社も家事代行サービス「ニチイライフ」を手掛けており、今後外国人家事代行サービスに参入すると想定されることから、監視が必要な銘柄といえるだろう。

<2168>パソナグループ

パソナグループは、人材派遣、委託・請負、人材紹介、再就職支援、アウトソーシングなど人材ビジネスを幅広く展開する外国人家事代行関連銘柄だ。
同社もダスキンと同様に神奈川県、大阪府で外国人家事代行サービスが解禁された事を契機に、に外国人家事代行サービスに参入している。ダスキンと共に他社に先行していることもあって、東京都が外国人家事代行を解禁すれば、その恩恵は極めて大きいといえるだろう。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!