本命の医療ツーリズム関連銘柄

医療ツーリズム関連銘柄02

この数年じわじわと、健康は「海外で購入」できる時代として医療ツーリズムが成長市場として注目されている。

医療ツーリズム関連銘柄

医療ツーリズム関連銘柄01

医療ツーリズムとは、自国では受けられない高度な先進医療や検診、あるいは美容整形など、よりよい医療サービスを求めて海外に渡航することである。
先進工業国患者や途上国の富裕層患者などが他国へ渡航するものが中心である。収入の増加や教育水準の向上に伴い、健康への意識が大幅に高まっているとの事だ。
そこで日本は、高度医療技術、カント一定基準を満たした支援サービスの提供企業に政府のお墨付きとしての“認証”を与えるのが目的だ。一定基準を満たした支援サービスの提供企業に政府のお墨付きとしての“認証”を与えるのが目的だ。ーリスクが低いなどの観光魅力度をアピールしている。

なぜ今、医療ツーリズムが注目されているのか

医療ツーリズム関連銘柄03

医療インバウンド、医療ツーリズムは、2010年より、新成長戦略にも位置づけられている国策である。
アジア等で急増する外国人患者の受入れ強化、最先端の機器による診断・治療、滞在型の慢性疾患管理など日本の医療の強みを提供していく医療ツーリズム。
訪日外客数の増加も関連している。日本政府観光局(JNTO)が発表した、16年5月の訪日外客数は前年同月比 15.3%増の189.3万人と2014年から増加し続けている。訪日外客数のシェアのトップは中国の50.7万人である。
現在、日本の医療は先進的な医療技術、医療設備と医療システムを持つ、医療ツーリズムとして経済成長の著しい中国を中心とするアジアからの受け入れが、富裕層の間で人気となっているようだ。 
訪日外客数の増加に伴い、民間の医療機関と行政も協力し医療ツーリズムの推進を積極的に進めていく。
医療ツーリズムを訪日外国人客数2000万人の達成後の強化策に位置づけるとのこと。
これらの取り組みを推進することで、2020 年には日本の高度医療及び健診に対するアジアトップ水準の評価・地位の獲得を目指し取り組んでいる。

JTBが外国人受入れ支援で第1号認証を取得

医療ツーリズム関連銘柄05

2015年9月24日に、JTBが外国人受入れ支援で医療ツーリズムの認定制度の「医療渡航支援企業」の第1号ライセンスを取得したとの発表があった。
「医療渡航支援企業」とは、医療サービスを目的に来日する外国人に対して、訪日前から帰国後の受入れに関わる一定基準を満たした支援サービスの提供企業に政府のお墨付きとしての「認証」を与えるのが目的だ。これは、安心して医療サービスを受け、医療機関側も適切な医療を提供できるよう、一定基準を満たした支援サービスを提供するのが目的とのこと。主な認証基準には、旅行業登録や医療滞在ビザ身元保証期間、医療機関からの推薦などがある。
なお、実際の「認証」は、一般社団法人メディカル・エクセレンス・ジャパンが行なうとのことだ。

医療ツーリズムの市場規模

医療ツーリズ無関連銘柄04

日本国内の医療ツーリズムの潜在的な市場規模は、2020年で約5,500億円と推計され、経済波及効果は約2,800億円と予測されるといわれています。
また、医療行為を目的に訪日する中国人だけでも31万人に達するとみられている。(日本政策投資銀行の調査報告)。
そのため、メディカルツーリズムの導入や事業提携を進める企業や病院の動きが活発化しています。
訪日外国人が次に目をつけているのは、日本の人間ドックも一理あるだろう。

医療ツーリズムの市場規模拡大の理由

医療ツーリズムの急速な市場拡大について、いくつか要因をあげよう。
「健康重視」「医療技術の進歩」だ。
医療技術はこれからもますます進歩していくことだろう。
医療ツーリズムを通じて「健康を海外で買う」富裕層にとって、このサービスはどんな大きな価値があるので今後も成長していく市場であろう。
だからこそ今、医療ツーリズム関連銘柄の情報を集める必要がある。
では、現在どのような企業が、医療ツーリズムに関連しているか、銘柄の説明をしていこう。

注目の医療ツーリズム関連銘柄

医療ツーリズム関連銘柄06

<6835>アライドテレシスホールディングス

アライドテレシスホールディングスは、一般社団法人Medical Excellence JAPANの正会員だ。
医療機関のネットワーク機器を国際展開している企業だ。同社は年間600病院への導入実績をもち医療ネットワーク構築のノウハウ構築している。
また、セミナー等でユーザーと直接話す機会を設けており、ユーザーの意見など積極的にとりいれ活かしている研究熱心な企業である。
医療機関のネットワーク機器を通じて、医療ツーリズムに必要な情報を持つ同社は、今後期待して良い銘柄だ。

【一般社団法人Medical Excellence JAPAN(MFJ)とは】
日本の国際医療協力の一端を担う事業を行い、もって、日本の医療に関する国際相互理解の促進、日本及び海外の医療の発展、医療関連産業の健全な成長に寄与することにより、日本及び海外の人々の健康・福祉の向上に貢献することを目的とする。(Medical Excellence JAPAN 目的より引用)

<2191>テラ

テラも、一般社団法人Medical Excellence JAPAN の正会員だ。医療機関にがん免疫療法のノウハウを提供している。
新たな療法が開発されれば、海外も一目置き、医療ツーリズムに大きく寄与することとなるだろう。
また、子会社である株式会社オールジーンが、長崎のハウステンボス「建国と美の王国」に、先制医療のための新しい検査サービス「プリエンプティブトータルチェック&ケア」を提供している。
これは、遺伝子、腸内細菌バランス、免疫細胞活性の検査など、5つのサービスが受けられる。
自分の身体の状態を知ることで食生活や生活習慣の改善に活用することが可能となるサービスだ。
同サービスも、医療ツーリズムでは注目の材料となるだろう。今後、目が離せない「テラ」だ。

<2437>シンワアートオークション

シンワアートオークションは、医療機関向けの支援事業として、日本を含めたアジアの
富裕層に最先端の医療技術やより良い品質の医療サービスを展開している、医療ツーリズム関連銘柄である。
医療サービスや高度医療サービス健診を提供する医療機関や提携医療機関等との具体的な折衝を行っている。
さらに、また、同時に医療コーディネーター業務や医療通訳養成講座の展開も進めていく方針のようだ。
また、同社の子会社エーペックは、が香港の休眠会社を一つ取得し、アジア圏における医療ツーリズムを展開する。香港を拠点にマーケティングを効率的に展開している。
気になる業績だが、4月13日に発表した2016年3月期の第3四半期業績は、売上高が前年同期比88.0%増の24.56億円となり、経常損益は前年同期の1.31億円の赤字から1.15億円と黒字に転換している。
通期については、売上高が前期比11.9%増の32.97億円、営業利益が同238.3%増の2.63億円、経常利益が同369.4%増の2.47億円、当期純利益が同878.8%増の1.60億円と大幅増収増益を見込んでいるとのことだ
今後、大躍進するであろう医療ツーリズム本命銘柄だ。

<6063>日本エマージェンシー

日本エマージェンシーは、国が定める医療滞在ビザの身元保証機関の登録第1号企業である。
海外渡航者に、医療滞在ビザの手配、国内医療機関とのマッチング、通訳、国内医療機関で治療等一連のコーディネートサービスを展開している。
訪日治療を望む海外患者向けサービスだ。
また、Medical Excellence JAPANの正会員でもある。
医療ツーリズム関連といえば「日本エマージェンシー」は外せない絶対的銘柄だ。

<7600>日本エム・ディ・エム

日本エム・ディ・エムは、医療機器の輸入販売、開発製造等行っている企業である。
主に、開発主導型メーカー機能として、整形外科領域に特化している。    
整形外科分野は、食生活の変化におけるカルシウム不足などで着実に需要を拡大している。これは、日本だけではなく世界的にも同様だろう。
また、日本エム・ディ・エムは、 国内外を問わず優れた製品を持つ企業との共同開発を積極的に取り組んでおり、 医療現場のニーズやマーケット情報などを十分に反映できる体制をつくっている。
医療ツーリズムには、必要不可欠な最先端の機器を有する日本エム・ディ・エムは、上昇余地の幅が最も期待できる銘柄だ。

<4681>リゾートトラスト

リゾートトラストは、会員制総合メディカルサポート倶楽部の運営しており、先進のがん治療の紹介から、倶楽部ドクターや看護師資格を持つ医療コンシェルジュによる、日常的な健康のサポートまで行っている。
安倍政権の新成長戦略の方針案として浮上している「医療ツーリズム強化」の動きに便乗し、健康診断などの医療サービスを行うリゾートトラストは、医療ツーリズム関連として要注目の銘柄だ。

医療ツーリズム関連銘柄の未来

医療ツーリズム関連銘柄07

経済産業省では、関係省庁やMedical ExcellenceJapan(MFJ)とも連携しながら、我が国が高い競争力を有する医療技術とサービスが一体となった、戦略的な国際展開を推進するとともに、その基盤となる外国人患者の受入環境整備を行います。(経済産業省より)
医療ツーリズムに訪れるとなると、長期滞在する傾向強くなり、観光と組み合わせたりすることにより国内の消費の拡大となるだろう。これらに、政府が注力し始めていることから、市場の本格的な拡大を期待する。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」
「もう少し待てば反発するかも…」
「さっき損切りしておけば…」
「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

FIP投資顧問>>

株式投資をやっているあなたなら「投資の福の神 藤本誠之」をご存じかと思う。
その藤本氏とタッグを組んだ投資顧問がFIP投資顧問だ。

サービス名は株プロフェットといって、藤本氏の予想銘柄だけでなく、藤本氏のコラムも読むことができ、FIP投資顧問の出し惜しみのない姿勢が分かる。銘柄情報には特に期待できる。

しかも、FIP投資顧問は、藤本氏がレギュラー出演・ホストを務めるラジオNIKKEI「この企業に注目!相場の福の神」 のスポンサーに入っていることから、藤本氏と強いつながりがあることがわかるだろう。無料メール登録するだけで、藤本氏の予想銘柄もいち早くチェックできるのは、株プロフェットだけだ。

詳しい個別銘柄情報関連銘柄専門的な材料に特化した情報を無料でもメール配信している。面倒な作業は一切不要で、登録フォームに自分のメールアドレスを入力すると10秒ほどで情報が届くという非常に便利なサービスだ。無料で登録できて、情報に納得いかなければ即時退会もできるから、リスクは一切ない。

自分の売買ルールに自信がない方は、今すぐバナーをクリックして、藤本氏の想銘柄で利益をゲットしよう!

 

株プロフェット

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

ここ最近登場した新進気鋭の投資顧問なのだが、トリプルエー投資顧問って知っているか?

この投資顧問はあなどれないぞ。FIP投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

創刊50年の投資専門誌・株主手帳への記事掲載実績(2015年11月)もあって、非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけているアドウェイズ<2489>をトリプルエーも3月15日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、667円で買ってみた。すると、3月24日には870円まで急騰プラス30.4%の利益だ。まぁ、アドウェイズ<2489>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストがトリプルエーの中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。トリプルエー投資顧問とFIP投資顧問との両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はFIP投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄を3つもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!

 

WS000052

 

《Re:追伸》

おっと、肝心なことを言い忘れていた!(汗)

実は、FIP投資顧問、トリプルエー投資顧問に匹敵する投資顧問を見つけたのだ。

最強!!株トレード投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、最強!!株トレード投資顧問の推奨銘柄イトクロ<6049>4月1日(金)2984円で買ってみた結果、、4月4日(月)に3245円まで上昇。プラス8.75%とまずまずの利益だ。一時的にプラス10%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺も最強!!株トレード投資顧問から情報をとっていくつもりだ。サービス内容はFIP投資顧問やトリプルエー投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

最強株トレード!!投資顧問


《Re:Re:追伸》

最後まで記事を読んでくれたあなたに、とっておきの情報をシェアする。これが本当に最後だ笑

あすなろ投資顧問って知ってるか?

このあすなろ投資顧問だが、これまで紹介してたFIP投資顧問やトリプルエー投資顧問、最強!!株トレード投資顧問でアピールしていない情報が俺の心を鷲掴みした。その情報をあなたにもシェアしておく。

設立11年目の信頼感
信頼感が命の投資顧問だからこそ、11年もの長期間存続できているということは、それだけお客様の信頼と支持を得てきているってことだな。

無料プレセントのボリューム
あすなろ投資顧問は、他の投資顧問と比べて無料プレゼントのボリュームがエグい。。なんと有料級の推奨銘柄5個無料でプレゼントするというのだ!ひとまずメール登録して損するリスクは皆無といって良いだろう。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、5個の推奨銘柄をゲットしよう!

 

あすなろ投資顧問

 

今回も最後まで記事を読んでくださりありがとうございます。

 

ブッダより