今仕込むべき再生医療関連銘柄

再生医療関連銘柄08

近頃、新聞やテレビで「再生医療」という言葉をよく耳にする。

日本の成長戦略の柱として注目されている重点分野で、将来ももちろんだが今現在も、身近にある医療技術だ。今後の「再生医療」の躍進に期待する。

再生医療関連銘柄

再生医療関連銘柄02

再生医療とは、ケガや病気で冒された組織や臓器を自分自身の幹細胞を使って元通りの形や機能を再生する最先端の医療技術であり、この再生医療に携わる支援サービスや医療機器メーカーをまとめたテーマ株は再生医療関連銘柄と呼ばれている。
 患者の体外で人工的に培養した幹細胞等を、患者の体内に移植等することで、損傷した臓器や組織を再生し、失われた人体機能を回復させる医療。
患者の体外において幹細胞等から人工的に構築した組織を、患者の体内に移植等することで、損傷した臓器や組織を再生し、失われた人体機能を回復させる医療で、従来の臓器移植では避けられなかった拒絶反応の心配がないとしている。

再生医療の現実

再生医療関連銘柄05

現在、主として臓器移植や、人工臓器による代替が行われているが、これらにも限界もある。
そこで今、再生医療という分野が注目されている。
これは今までの限界とされてきた問題点を解決することのできる秘められた可能性を持っていのである。事故や病気によって激しく損傷を受けたときにはその組織や臓器は自身の機能を失い役割を果たせなくなる。そのためこの機能を代替とするものが必要となる。これら、不可能であった技術を再生医療で現実化するものである。

再生医療の最前線はどこまで進むのか

再生医療関連銘柄03

自分の細胞を使うことで、拒絶反応を抑えながら病を治そうという「再生医療」が身近なものになりつつある。1月には、足の筋肉細胞を使い心臓の機能を再生させる「心筋シート」が、虚血性心不全の患者に関して、初めて保険適用となった。
また、治療分野も広がってきていて、心臓以外にも、乳房再建や肝臓病など、実用化に向けています。さらに、毛根の再生や肌の若返りなど、女性にとって気になる美容分野にも広がっています。

再生医療等安全性確保法

再生医療関連銘柄07

平成26年11月25日に施行。再生医療が普及する中、効果・安全性を確保することを目的に作られました。再生医療を提供するすべての医療機関(自由診療、臨床を含め)は厚生労働省への届け出が義務づけられました。届け出前に厚生労働省が認定した委員会によって、提供する再生医療計画の、審査や意見を聞かなくてはなりません。

なぜ再生医療関連銘柄が注目されているか

再生医療関連銘柄06

再生医療はすでに実現していて、進化のスピードが目覚ましい。
今後、大きな話題が次々とでてくるだろう。
この注目必須な、再生医療関連銘柄は市場を引率していってくれるだろう。

注目の再生医療関連銘柄

再生医療関連銘柄04

それでは、注目すべき再生医療関連銘柄を紹介していこう。

<2370>メディネット

メディネットは、東大医科研発ベンチャーでがん免疫細胞療法の草分け的な存在で、細胞加工受託を核としている再生医療関連銘柄だ。
メディネットはこれまで免疫細胞治療を実施する医療機関に対し、技術・ノウハウ、資材、システム、技術者等を提供する「免疫細胞療法総合支援サービス」を展開している。

免疫細胞治療は、近年の分子生物学の進歩によって、がんに対する免疫応答機構が分子レベル、遺伝子レベルで解明されて可能となった治療技術で、培養皮膚・軟骨に代表される再生医療に寄与している。

その事が評価され、細胞加工がメインのメディネットは、2016年2月に、国立研究開発法人国立成育医療研究センターと製造品質体制に対する教育業務委託契約を締結したと発表した。同センターの「細胞加工施設の運営管理に係る教育支援」を一般競争入札で受注した。

メディネットでは、細胞医療でこれまで培ってきた技術やノウハウを活用し、さまざまな特定細胞加工物および再生医療などの製品の製造を受託するとしており、業績拡大が期待されている再生医療関連銘柄である。

 <4543> テルモ

テルモは、医療機器大手であり、カテーテルなど心臓血管領域に強みを持つ再生医療関連銘柄だ。
テルモは、2016年05月世界初の心不全治療用の再生医療等製品「ハートシート」発売した。これは、不全治療用の再生医療等製品だ。
ハートシートは、患者さんの大腿部から採取した筋肉組織に含まれる骨格筋芽細胞を培養しシート状に調製し、患者さんの心臓表面に移植する製品で、虚血性心疾患による重症心不全の治療を目的としている。
効能、効果又は性能は、下記の基準のすべてを満たす、薬物治療や侵襲的治療を含む標準治で効果不十分な虚血性心疾患による重症心不全の治療に使用可能となる夢のような技術だ。
【対象とする心不全の状態】
・NYHA心機能分類がⅢ又はⅣ度
・安静時における左室駆出率が35%以下

これら、独自開発可能なのは、長年医療機器に携わってきたからだろう。
また、株価も低位で安定しているので買いの再生医療関連銘柄だ。

<7702>ジェイ・エム・エス

ジェイ・エム・エスは、使い捨て医療器具の大手であり、血液回路・透析装置、透析針に強み持つ再生医療関連銘柄だ。

再生医療研究においては、安全な血清を生産している。ジェイ・エム・エスは、完全閉鎖系で増殖因子を多く含む血清を調製できる「血液成分分離バッグ」を提供している。

再生医療に対して、積極的に行うジェイ・エム・エスは、2016年4月に、フィリピンで現地法人JMSヘルスケア・フィリピンの新工場を開設した。
新工場はJMSグループ5か所目の海外生産拠点てとなり、操業開始後は中国、シンガポール、インドネシアの拠点から輸液セットなどの汎用製品の生産を段階的に移管していく。
フィリピン拠点の操業を機に世界最適地生産を強化し、グループ生産体制の再編を加速させる。
既に、海外に多くの再生医療を普及していくためであろう。
将来を担う「再生医療」など先端医療分野の製品開発に ついても積極的に取り組んでいることから
今後、大きく市場を賑わすことになるだろう。
「血液」関連は、再生医療に欠かせないことから、再生医療関連銘柄だ。

<2397>DNAチップ研究所

DNAチップ研究所は、バイオベンチャーでDNAチップ技術の事業化を目指す再生医療関連銘柄だ。

DNAチップ研究所は、ヒト間葉系幹細胞の品質評価に特化したカスタムアレイCGH3解析技術を開発した。
これは、培養細胞を用いて再生医療へ臨床応用する上で、その品質の確保は非常に重要な課題の1つであり、特に長期間培養を継続する際、それに伴う細胞の形質変化、ゲノム構造変化などの有無を調べることは非常に重要なものである。
それを、間葉系幹細胞の品質評価としてのアレイCGH法を確立することを目的とし、癌関連遺伝子領域の異常を精度良く判別できるカスタムチップの開発、高解像度で個々の遺伝子レベルでのゲノム異常検出を可能にするプロトコール、多検体処理システムを構築したサービスを提供している。
成果は、再生医療分野における安全性・安定性のための重要な手法の1つとして期待されている。

今後は、再生医療支援事業(培養細胞の安全性評価系)も強化して業容を拡大する。
また、14年3月には「神経膠腫予後予測方法、およびそれに用いるキット」に関する国内特許を取得している。

再生医療に関しておおいに注力していることがわかる、再生医療関連銘柄だ。

<7932>ニッピ

ニッピは、ゼラチン、コラーゲン、化粧品等が主力である。また、iPS細胞開発持て掛ける再生医療関連銘柄だ。

近年、医療の分野では再生医療に対する期待が高まり、企業の中にもベンチャー企業との協力関係を構築するものが増えている。ニッピもその一つである。
「官民イノベーションプログラム」では、再生医療の基礎になる細胞培養用の基材の開発や販売を行う株式会社マトリクソームが、大阪大学の蛋白研究所の関口教授を代表取締役社長として2015年12月に資本金4,000千円で設立され、2016年1月21日にマトリクソームの第三者割当増資の引受をニッピが行ったことを公表した。

第3者割当増資は2016年1月29日を払込期日として、A種種類株式・11,000株を1株につき25,000円で発行し、調達資金の額は275,000千円とされています。このことで、「ニッピ」の議決権所有割合は25.8%となり、0.8%上昇することになります。今回の第三者割当増資の引受により、「ニッピ」にとって「マトリクソーム」の重要度が高まったため、持分法適用の関連会社となっている。これは、動物組織の構築原理を細胞外マトリックスの機能解明を通じて理解する” ことを大きなテーマとしている。そこで得られた知見に基づき、細胞ごとにカスタマイズされた細胞外マトリックスの再構築を通じて、多能性幹細胞(ES, iPS)や組織幹細胞を含む様々な細胞を生体外で培養・維持するための新しい方法論の開発を行っている。

多能性幹細胞(ES, iPS)は今後の再生医療に欠かせない役割となるため、ニッピは、再生医療関連銘柄を語る上で必須の銘柄である。

<8086>ニプロ

ニプロは、ディスポーザブル医療器具大手であり、人工腎臓強いく、再生医療研究も積極的に取り組んでいる再生医療関連銘柄だ。
主に、再生医療や創薬開発への応用が期待されるES/iPS細胞や間葉系幹細胞用の自動培養装置の開発を推進している。

二プロは、3月に、幹細胞用自動培養装置「CELLAFORTE(セラフォルテ)」を、再生医療等の研究用として受注生産にて4月1日より販売開始すると発表した。
同培養装置は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「ヒト幹細胞実用化に向けた評価基盤技術の開発」プロジェクトおよび経済産業省の「iPS細胞等自動培養装置開発加速事業」のもと開発されたものである。

同社製品の培養バッグを採用した閉鎖系培養システムにより、シャーレやフラスコなどの開放系容器に比べてコンタミネーションのリスクが低減されている。
さらに、観察カメラの搭載により、培養中に細胞のモニター表示や写真撮影・保存も可能となっている。

ニプロは、札幌医科大学と共同開発を再生治療技術支援で行っている。「自己骨髄間葉系幹細胞(STR01)」が厚生労働省より先駆け審査指定制度の対象品目指定となったことを2015年11月に発表した。2016年8月末にこれは竣工予定である。これまで同大施設に十数人の研究者を置いていたが、細胞製剤の量産を目指し、製造用設備や試薬などを本格的に開発する。
ここでは、札幌医大と進めているのは、患者の骨髄に含まれる幹細胞を約1万倍に培養・増殖させ、本人の体内に戻して神経を再生させる医療技術。研究成果の発表があれば、再生医療株価の上昇が確実視されるだろう。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」
「もう少し待てば反発するかも…」
「さっき損切りしておけば…」
「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

FIP投資顧問>>

株式投資をやっているあなたなら「投資の福の神 藤本誠之」をご存じかと思う。
その藤本氏とタッグを組んだ投資顧問がFIP投資顧問だ。

サービス名は株プロフェットといって、藤本氏の予想銘柄だけでなく、藤本氏のコラムも読むことができ、FIP投資顧問の出し惜しみのない姿勢が分かる。銘柄情報には特に期待できる。

しかも、FIP投資顧問は、藤本氏がレギュラー出演・ホストを務めるラジオNIKKEI「この企業に注目!相場の福の神」 のスポンサーに入っていることから、藤本氏と強いつながりがあることがわかるだろう。無料メール登録するだけで、藤本氏の予想銘柄もいち早くチェックできるのは、株プロフェットだけだ。

詳しい個別銘柄情報関連銘柄専門的な材料に特化した情報を無料でもメール配信している。面倒な作業は一切不要で、登録フォームに自分のメールアドレスを入力すると10秒ほどで情報が届くという非常に便利なサービスだ。無料で登録できて、情報に納得いかなければ即時退会もできるから、リスクは一切ない。

自分の売買ルールに自信がない方は、今すぐバナーをクリックして、藤本氏の想銘柄で利益をゲットしよう!

 

株プロフェット

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

ここ最近登場した新進気鋭の投資顧問なのだが、トリプルエー投資顧問って知っているか?

この投資顧問はあなどれないぞ。FIP投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

創刊50年の投資専門誌・株主手帳への記事掲載実績(2015年11月)もあって、非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけているアドウェイズ<2489>トリプルエーも3月15日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、667円で買ってみた。すると、3月24日には870円まで急騰プラス30.4%の利益だ。まぁ、アドウェイズ<2489>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストトリプルエーの中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。トリプルエー投資顧問FIP投資顧問との両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はFIP投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄を3つもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!

 

WS000052

 

《Re:追伸》

おっと、肝心なことを言い忘れていた!(汗)

実は、FIP投資顧問トリプルエー投資顧問に匹敵する投資顧問を見つけたのだ。

最強!!株トレード投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、最強!!株トレード投資顧問の推奨銘柄イトクロ<6049>4月1日(金)2984円で買ってみた結果、、4月4日(月)に3245円まで上昇。プラス8.75%とまずまずの利益だ。一時的にプラス10%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺も最強!!株トレード投資顧問から情報をとっていくつもりだ。サービス内容はFIP投資顧問トリプルエー投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

最強株トレード!!投資顧問


《Re:Re:追伸》

最後まで記事を読んでくれたあなたに、とっておきの情報をシェアする。これが本当に最後だ笑

あすなろ投資顧問って知ってるか?

このあすなろ投資顧問だが、これまで紹介してたFIP投資顧問トリプルエー投資顧問最強!!株トレード投資顧問でアピールしていない情報が俺の心を鷲掴みした。その情報をあなたにもシェアしておく。

設立11年目の信頼感
信頼感が命の投資顧問だからこそ、11年もの長期間存続できているということは、それだけお客様の信頼と支持を得てきているってことだな。

無料プレセントのボリューム
あすなろ投資顧問は、他の投資顧問と比べて無料プレゼントのボリュームがエグい。。なんと有料級の推奨銘柄5個無料でプレゼントするというのだ!ひとまずメール登録して損するリスクは皆無といって良いだろう。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、5個の推奨銘柄をゲットしよう!

 

あすなろ投資顧問

 

今回も最後まで記事を読んでくださりありがとうございます。

 

記事のコメントをもらえると元気が出るブッダより