注目のiPhone(アイフォン)関連銘柄

9月といえば、アップルの新製品発表会が年中行事になりつつある。この9月こそ、我々個人投資家が株式投資を勝利を掴むために情報収集のアンテナを敏感にしておいた方が良い。

この時期は、アップル新製品の中でも特に、新型iPhoneへの期待からiPhone関連銘柄(Apple関連銘柄)が注目され、1年の中で最も予想を立てやすい時期といえる。

iPhoneシリーズは、2014年に「iPhone6」「6Plus」が発売され、翌年の2015年には「6s」が発売となった。今年2016年は、Appleファン待望の「iPhone7」の発表・発売が濃厚だ。

嘘か誠か、ネット上では既にiPhone7の仕様やスペックなどの情報も出てきている。iPhone7では、デュアルカメラ、ワイヤレス充電、ヘッドホンジャックが非採用とされ完全な無線化になるのではとの憶測も飛び交っている。

近年iPhoneは、その集荷台数が年々頭打ちとなりつつあるが、2年に一度の新シリーズ発表は話題となり、テレビや雑誌といったマスメディアが大々的に報じることで、年々話題性が増してきているような気がする。新型iPhoneの発表を控えた今こそ、iPhone関連銘柄をチェックし、一歩先を行く投資を実現しよう。

注目のiPhone関連銘柄

iPhone関連銘柄02

<6770> アルプス電気

アルプス電気は、電子部品製造を手がけるiPhone関連銘柄だ。

同社は、売上げの大部分を占める自動車関連部品事業がが円高で痛手を負ったが、Apple製品向けで巻き返しを目指している。。地磁気センサー部分、カメラの手ぶれ防止機能など、iPhoneに限らずスマホ全般に使われる部品を扱っており、Android機器にも部品を提供しているため、隙がない。先行きの明るいiPhone関連銘柄といえるだろう。

<6981> 村田製作所

村田製作所は、積層セラミックコンデンサを中心に、各種電子部品を製造するiPhone関連銘柄だ。

同社の主要顧客はアップルであり、スマホ向けのセラミックコンデンサーがiPhoneに搭載されている。

iPhone7ではヘッドホンジャックがなくなり、ワイヤレス機能の重要度が増してきてることから、iPhone以外のスマホでもワイヤレス機能が主流となることが予想される。そうなれば、同社の扱う近距離無線距離モジュール(Bluetoothモジュール)は、今後、スマホに必須の技術となり、業績の向上が見込める。見逃せないiPhone関連銘柄といえるだろう。

<6988> 日東電工

日東電工は、工業用テープ、タッチパネル用フィルムなど展開するiPhone関連銘柄だ。

同社は、液晶パネル用偏光板で世界トップシェアを誇っており、iPhone向けには透明導電性フィルムなどの提供も行う。今後の躍進に期待が持てるiPhone関連銘柄といえるだろう。

<6740> ジャパンディスプレイ

ジャパンディスプレイは、中小型ディスプレイなどを手がけるiPhone関連銘柄だ。

同社は、スマホ向け中小型ディスプレイに注力し、既存のiPhone、Androidも取り扱う一方で、次世代ディスプレイとなる有機ELディスプレイの開発に力を入れる。有機EL関連銘柄の側面も持ち、材料が豊富なiPhone関連銘柄といえるだろう。

<6762> TDK

TDKは、電子部品大手のiPhone関連銘柄だ。

iPhoneには高周波部品や2次電池(ポリマー電池)を提供し、iPhone搭載部品は勿論のこと、ディスプレイ用保護フィルムやスピーカーなども扱う。多角経営に期待がかかるiPhone関連銘柄といえるだろう。

<6758> ソニー

ソニーは、エレキ製品のほかエンタメ、金融サービス事業等を展開するiPhone関連銘柄だ。

画像センサー市場ではトップクラスのシェアを占めると言われている。iPhoneのカメラにも同社の画像センサーと部品が搭載される一方で、自社製品の「Xperiaシリーズ」にも搭載されているため、iPhoneが売れてもXperiaが売れても利益が出るビジネス構造が非常に美しい。日本においてはPhone、Xperiaのシェアは大きく、ほとんどのスマホにソニー製部品が使われおり、スマホ市場の中心的ポジションにいるiPhone関連銘柄といえるだろう。

<6479>ミネベア

ミネベアは、ミニチュアボールベアリングで世界トップシェアを誇るiPhone関連銘柄だ。

同社は、スマホ向けにバックライト(液晶用ライティングデバイス)を提供しており、この部品に関しても世界トップシェアを誇ることから、極めて信頼性が高いiPhone関連銘柄といえるだろう。

<7240>NOK

NOKは、自動車用オイルシールで国内シェア70%を誇るiPhone関連銘柄だ。

同社の子会社の日本メクトロンが手掛けるフレキシブルサーキット(FPC)が、小型のデジタル機器に使われており、iPhoneへの提供割合も大きいことから、新型iPhoneが発売される度にと特需に恵まれるiPhone関連銘柄といえるだろう。

<6807>日本航空電子工業

日本航空電子工業は、コネクタ、スイッチなど電子部品や航空・宇宙用電子機器を製造するiPhone関連銘柄だ。

通信機器に用いられる水晶振動子などの小型部品をiPhoneにも提供する典型的なiPhone関連銘柄といえるだろう。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!