今さら聞けない米大統領選挙関連銘柄

米大統領選の投票開票日となる11月8日が遂に迫ってきた。

あなたは米大統領選関連銘柄を既にしっかりと把握できているだろうか?

もしかすると、今更聞けないなんて思っていないだろうか。

米大統領選が日本株の株価及び東京株式市場に与える影響を今のうちに理解しておくことで、来る米大統領選開票日前後の株式投資の結果が大きく変わってくるはずだ。

米大統領選関連銘柄とは?

米大統領選挙関連銘柄01

米大統領選関連銘柄とは、世界中が注目する米大統領選の影響を受ける可能性が高い銘柄を指す。

今回は、大統領候補として有力なヒラリー・クリントン氏及びドナルド・トランプ氏が実施する政策の影響を受けて、株価が上下する可能性がある銘柄は今の時点でも幾つか挙げることができる。インターネットのニュースメディアだけでなく、テレビや新聞、ラジオ、経済専門紙などオフラインの様々なメディアで特集されていることからも分かるように、世界経済の趨勢を大きく左右する米大統領選は、この2016年最も注目のイベントだ。米大統領選により米大統領選関連銘柄の株価が上昇する可能性もある。

米大統領選関連銘柄の特徴

米大統領選関連銘柄は、過去の米大統領選時の株価の動きが示しているように、今回も大きく動きだす可能性を秘めていることが魅力だろう。そう言った意味でも、ヒラリー、トランプ、両氏が提示している経済政策や金融政策には要注目だ。両氏の打ち出している政治方針かfら魅力的な米大統領選関連銘柄を炙り出すこともできるぞ。

米大統領選の影響を受ける日本株

当ブログ読者のあなたは既にご理解いただけていると思うが、米大統領選で株価に影響を受ける株は、米国株だけではない。実は、日本においても米大統領選の影響を受ける銘柄がある。一見すると関係のないと思われることにこそ、密接な関係性があるのだ。無関心のままでいると、大きな株式投資チャンスを見逃しかねないし、逆に注意深く情報収集することで、他の個人投資家の一歩先を行くことができるぞ。しっかりと米大統領選関連銘柄を追っていこう。

インフラ関連の米大統領選関連銘柄

今回、注目している米大統領選関連銘柄の一つがインフラ関連株だ。

実は、ヒラリー氏とトランプ氏には共通点がある。それが大統領就任時の公約としてインフラ投資に関する発言をしていることだ。要するに、どちらが大統領に就任したとしても、インフラ投資が行われると考えられる。その規模は計り知れない額であり、経済にもたらす影響も極めて大きいだろう。近年、二人が公約として発言した背景には、アメリカで水道、道路、橋などのインフラの劣化問題がある。この問題を解決するためにも、大々的なインフラ投資が始まることで、インフラ関連銘柄が米大統領選関連銘柄として大きく動くことが予想される。

米統領選関連銘柄リスト

米大統領選挙関連銘柄03

今回、インフラ関連という観点から米大統領選関連銘柄として注目している日本株を紹介する。改めて米大統領選というテーマを掘り下げてみると、非常に興味深い内容になったぞ。じっくり読んでみて欲しい。

<6301>小松製作所

小松製作所は、油圧ショベルなど建設機械の国内トップで世界でも第2位を誇る米大統領選関連銘柄だ。

本命の米大統領選関連銘柄として俺が注目しているのは<6301>コマツだ。上述したように、今回の米大統領選に関連する政策としてインフラ投資を中心に考えて、米国売上高比率が35%という実績を持つコマツを有力視している。交通インフラや公共投資などの事業展開から、本命の米大統領選関連銘柄として期待している。

<7731>ニコン

ニコンは、コンクリートのひび割れを自動検出する技術を開発している米大統領選関連銘柄だ。

インフラ管理において効率化が狙えるという想定からも、需要拡大の可能性が考えられる。インフラ関連の米大統領選関連銘柄として注目している銘柄だ。

<1414>ショーボンド

ショーボンドは、コンクリート構造物の総合メンテナンス企業。道路、鉄道等の社会インフラ分野を中心に補修・補強等の事業を展開する米大統領選関連銘柄だ。

ショーボンドも道路や鉄道をはじめとしたインフラの補修や補強を手がけている企業なので、インフラ関連の米大統領選関連銘柄として挙げられる。俺以外にも本銘柄に目をつけている投資家も少なくないのではないだろうか。

<6752>パナソニック

パナソニックは、民生エレク大手の米大統領選関連銘柄だ。

ご存知、世界でも活躍する大企業パナソニック。アメリカではコロラドにおいてスマートシティ事業にも参入している。米大統領選で語られているインフラ投資は、道路などのモノだけではなく、インターネット、IoT、などの次世代技術も含まれてくることを考えると、米大統領選関連銘柄としてパナソニックの株価も注視しておきたいと思う。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!