今注目の水道法改正関連銘柄

近年、水道管が破裂する事故が相次いで起きていることをご存知だろうか?

水道管破裂事故に対して、政府が法改正に向けて動き出している。

つまり今後、水道法改正に関連する事業に携わる企業が注目され、株価注目が集まっていくことが予想されるってこと。

水道運営に関連事業に携わる上場企業の株は、水道法改正関連銘柄と呼ばれており、早耳な個人投資家の間では濃密な情報交換がなされている。

そこで今回は、水道法改正関連銘柄を紹介しよう。

水道法改正関連銘柄が注目される理由

水道法改正関連銘柄03

水道法改正関連銘柄が注目される最大の理由は、先日の日本経済新聞が報じた記事だろう。

『政府は地方自治体が手掛ける水道事業への企業の参入を促すため、2017年にも水道法を改正する。災害時の復旧を自治体との共同責任にして企業の負担を軽減するほか、料金の改定も認可制から届け出制に改めて柔軟に変更しやすくする。政府は11年に民間への運営権売却を認めたが、災害発生時の膨大な費用負担のリスクを企業が懸念して実績はなかった。大幅に参入障壁を下げることで、国内外の企業が本格的に参入を検討する見通しだ。』

※10月23日の日本経済新聞より引用

水道管の破裂は以前から大きな問題となっていたが、ついに政府が重い腰を上げて法改正に動いたことから、材料の発表が待たれる。

水道法改正の背景

近年、地中の水道管が突然破裂し、水が地表に噴出す事態が、近年日本のあちこちで起きている。この事故が起きる最も大きな原因が、水道管の老朽化だと言われている。

先日10月18日には、神奈川県の茅ヶ崎市で水道管が破裂し、周辺の道路が一時冠水する惨事となった。破裂した水道管は53年前に埋没されたもので、実は、老朽化した水道管が日本のあちこちに埋まっているらしい。

水道法改正の要請

ではなぜ、老朽化された水道管がこんなにも放置されたままなのか。

その原因は財源にあると言われている。もともと水道は公営企業という事業形態であり、その財源は我々市民が払う水道料金だ。

しかし、水道料金には水道管の改修費用が十分に計上されてきてはいないのだ。

また、水道事業は人口減に伴って料金収入の減少から赤字体質となっている。

そこで政府は、民間企業の参入を後押しすべく、法改正に動いってわけだ。

海外企業と水道法改正

ところで水道法が改正されれば、待ってましたと言わんばかりに海外の民間企業も日本の水道市場に参入することが想定される。

実は、欧州では民間企業の水道事業参入が進んでおり、フランスでは約7割が民間委託となっている。

経営ノウハウを持つ仏ヴェオリアや仏スエズは、いわゆる『水メジャー』とまで呼ばれており、水道経営の受託で世界の水道市場を切り開いてきている。

事実、仏ヴェオリアは既に日本法人の設立を済ませており、今回の水道法法改正をきっかけに、日本の水道市場に本格的に参入してくることが予想される。

注目の水道法改正関連銘柄

水道法改正関連銘柄02

<6403>水道機工

水道機工は、東レが親会社の水処理総合エンジニアリング企業である水道法改正関連銘柄だ。

同社は、官需が9割を占めており、地方自治体を中心に老朽化施設の更新や改修等に実績がある。

<9551>メタウォーター

メタウォーターは、日本ガイシと富士電機の子会社合併で発足し、上下水道や環境処理設備を手掛ける水道法改正関連銘柄だ。

同社は国内の浄水場、下水処理場等の機械、電気装置及び設備で使用される各種機器類の設計、調達、販売、補修工事等を手掛けていることから、民間企業の参入が緩和されれば、需要が増えることが予想される。

<4642>オリジナル設計

オリジナル設計は、上下水道を軸にした生活環境関連施設の計画・設計サービスを提供する水道法改正関連銘柄だ。

同社は、東京都区部や政令指定都市などの上下水道の更新実績があることから、注目が集まっている。

<6489>前澤工業

前澤工業は、上下水道用水・産業用水処理機械設備、土壌・地下水浄化設備などを扱う環境事業、上下水道用弁・栓などのバルブ事業などを展開する水道法改正関連銘柄だ。

上下水道用の機械専業の大手です。上水道と沈砂池等の下水道が半々で官公需で9割超を占めております。同社も今回民間企業の参入が容易になれば、需要増加が期待出来る事から関連銘柄として注目しておきたいです。

<5612>日本鋳鉄管

日本鋳鉄管は、水道・ガス用の鋳鉄管や鉄蓋を手掛ける水道法改正関連銘柄だ。

同社は、関東地盤で上水道向けのダクタイル鉄管が主力で、この主力事業が水道用の鋳鉄管であることから買いを集めやすいと考えられる。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!