三井物産は素っ高値を買ってしまったか?

今日の日経平均は、4日連騰の反動で利益確定の売りに押される展開が続き、これに加えて中国政府が株価下支えで投入していた資金を引き揚げると伝わったことから売りが加速して、前日比245円安の1万8890円で引けました。

明日から9月相場が始まりますが、暗雲垂れ込める状況で、日経平均は二番底をつけにいくのか、ウォッチングしていますが、荒っぽい動きが続いているので、チャートを見るだけでハラハラドキドキします。

今日の売買は、三井物産(8031)が先週末に25日移動平均線の上に乗せてきたので、1593円で買いで参戦しました。ただ、素っ高値を買ってしまったようで、終値が1523円と引け味も悪く、いやな予感がします。

冷静に考えれば、25日移動平均線が右下がりになっているので相場は弱いと判断できます。右下がりの25日移動平均線には用心が必要ですね。