本命のデジタル地図関連銘柄

デジタル地図関連銘柄02

自動運転車やドローンといった新しいビジネスチャンスが出てきている今日、あるものが急速に注目を集めてきている。それがデジタル地図だ。

自動運転車やドローンビジネスえでは、位置情報を正確に把握する必要があることから、これらのビジネスでデジタル地図は不可欠といえる。

デジタル地図における上場システムやソフトウェアのサービス提供に携わる企業の株は、デジタル地図関連銘柄と呼ばれ、一部の投資家や証券会社の間では濃密な情報交換がなされている。

そこで今回は、注目のデジタル地図関連銘柄を紹介する。

デジタル地図関連銘柄

デジタル地図関連銘柄03

デジタル地図は国策

2015年に総務省が「G空間×ICTプロジェクト」の推進を発表したことから、デジタル地図産業を伸ばしていくことは国策と想定される。このプロジェクトのビジョンとして掲げているのが次の3つだ。

①新たな産業・サービスを創出し、経済を再生させる
②世界最先端の防災システムを作る
③先進的、先導的な手法により地域を活性化させる

プロジェクトの内容はこちら。

デジタル地図関連銘柄04

①プロジェクト1 G空間プラットフォームの構築
・G空間情報活用の全国普及に向けた官民連携等の強化
・このG空間プラットフォームを民間企業等に広く開放し、様々な新サービスを創出

②プロジェクト2 世界最先端のG空間防災システムの実現
・多様な手段による的確な情報提供の実現
・災害対応ロボット等の高度な防災システムの導入

③プロジェクト3 G空間情報の利活用による新産業、新サービスの創出
・先進的、先導的な利活用モデルの実施
・海外での実証プロジェクトの実施

今後、官民共同でプロジェクトを推し進めるよって、デジタル地図の利用が急速に拡大する可能性が高く、その動向は目を光らせておく必要があるだろう。

G空間とは

デジタル地図関連銘柄01

耳慣れない言葉だが、G空間とは「地理空間情報技術」を指す。例えば、カーナビや天気予報、街で見かける測量等もG空間情報だ。

デジタル地図の市場規模予想

総務省が発表したG空間×ICTプロジェクトの資料によれば、2012年時点で19.8兆円だった市場規模が2020年には62.2兆円になるとの試算を出しており、デジタル地図関連銘柄が受ける恩恵は極めて大きくなるものと想定される。

デジタル地図関連銘柄の本命銘柄

デジタル地図関連銘柄05

<4814>ネクストウェア

ネクストウェアは、製造業や医療、自治体向けなどのソフトウェア開発などを手掛けるデジタル地図関連銘柄だ。
同社は2016年2月15日にデジタル地図サービス事業に参入する事を発表し、また6月30日には子会社のネクストキャディックスがNTT空間情報と再販委託契約を締結しNTT空間情報のデジタル地図である「GEOSPACE」の販売を開始するとの発表したことから、デジタル地図関連銘柄の中でも知名度が急速に上がった銘柄といえる。業種別時価総額順位が低く、値動きが軽いことから買いが入りやすく、個人的にもデジタル地図関連銘柄として注目している銘柄だ。

<3756>豆蔵ホールディングス

豆蔵ホールディングスは、システムの企画段階からコンサルティングを行うビジネス・ソリューションが中心のデジタル地図関連銘柄だ。
同社は、地理空間情報のデータベース事業を手掛けており、国土交通省が選定するG空間社会実証プロジェクト事業に選ばれたとの発表があったことから、デジタル地図関連銘柄の中でもとりわけ注目が集まっている。

<2667>イメージワン

イメージワンは、医療・衛星の画像処理ソリューション事業を手掛けるデジタル地図関連銘柄だ。
同社はドローン、遠隔医療関連としても知名度がある銘柄で、他のデジタル地図関連銘柄よりも材料が豊富にあることが特徴だ。業種別時価総額が低く、値動きも軽いことから、一度材料が発表されれば、買いが集まることが想定される。材料発表を追っていきたいデジタル地図関連銘柄だな。

<9474>ゼンリン

ゼンリンは、住宅地図、カーナビで使われる地図データなどが主力事業のデジタル地図関連銘柄だ。
同社は、住宅地図のデータ販売会社であることから、デジタル地図事業のフロントランナー的な企業といえるだろう。また、2016年5月には三菱電機などと共同出資で「ダイナミックマップ基盤企画」の設立を発表したことから、今後の動向に注目が集まるデジタル地図関連銘柄と想定される。

<9233>アジア航測

アジア航測は、航空写真や航空レーザ計測、人工衛星で取得されるデータ等によるコンサルティングを行うデジタル地図関連銘柄だ。
同社は、3次元の浸水ハザードマップのサービスを手掛けており、このハザードマップサービスは防災時の利用拡大に活かされる。また、航空写真測量を手掛けることから、ドローン関連としても知名度がある銘柄であり、<2667>イメージワン同様に材料が豊富にあるデジタル地図関連銘柄といえるだろう。

<2303>ドーン

ドーンは、防災・防犯分野などのソフトウェアのライセンス販売、受託開発などを展開するデジタル地図関連銘柄だ。
同社は、地理情報システム(GIS)構築ソフト「ジオベース」をリソースとしたソフト受託開発が主力で、地図とGISに関連するクラウド型サービスを官公庁向けに提供していることから、確固たる実績を持っている。主力のGISソフト受託開発の需要が伸びており、業績にしっかり反映されてきていることから、デジタル地図関連銘柄として関心を持っている投資家は多いと聞く。

<4316>ビーマップ

ビーマップは、鉄道や無線LANなど社会インフラ向けシステムの開発を行うデジタル地図関連銘柄だ。
同社は、無線LANと相性の良いCMS(情報配信プラットフォーム)を開発し、JRに代表される様々な鉄道事業社のニーズに応えられるソリューションを展開していることから、実績十分な信頼性のある企業だ。デジタル地図関連としてよりも無線LAN、ドローン関連銘柄として物色されやすい銘柄ですが、デジタル地図関連銘柄としても見逃すことができない銘柄といえるだろう。

<6888>アクモス

アクモスは、Tソリューション事業が主力で、官公庁のシステム構築や電力・上下水道・交通関連といった社会インフラ系システムに強みを持つデジタル地図関連銘柄だ。
同社は、デジタル地図のデータ政策からシステムの開発、運用、スマートデバイスへも対応したGISソリューションを提供しているこことから、デジタル地図関連銘柄に当てはまり、今後の事業展開に注目が集まる銘柄といえるだろう。

<4667>アイサンテクノロジー

アイサンテクノロジーは、土木建設業向けのCADシステムが主力のデジタル地図関連銘柄だ。
同社は、ドローン関連銘柄、自動運転車関連銘柄としても認知度が高い銘柄で、豊富な材料を持っている。また、3次元位置情報移動計測装置(MMS)に注力しており、2015年から3次元地図計測用の小型無人航空機の販売に乗り出すなど積極的な動きを見せており、株価上昇の可能性を秘めている。ゼンリンや三菱電機などの大企業と肩を並べ、ダイナミック基盤企画の設立に関わっている数少ない新興企業であることが特徴のデジタル地図関連銘柄といえるだろう。

<3776>ブロードバンドタワー

ブロードバンドタワー はデータセンターやデータ・ソリューション等を提供するコンピュータプラットフォーム事業を展開するデジタル地図関連銘柄だ。
同社は、JAXAとの技術提携により高精彩3D地図を生成するソフトウェアを開発しており、注目必至のデジタル地図関連銘柄といえるだろう。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」
「もう少し待てば反発するかも…」
「さっき損切りしておけば…」
「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

FIP投資顧問>>

株式投資をやっているあなたなら「投資の福の神 藤本誠之」をご存じかと思う。
その藤本氏とタッグを組んだ投資顧問がFIP投資顧問だ。

サービス名は株プロフェットといって、藤本氏の予想銘柄だけでなく、藤本氏のコラムも読むことができ、FIP投資顧問の出し惜しみのない姿勢が分かる。銘柄情報には特に期待できる。

しかも、FIP投資顧問は、藤本氏がレギュラー出演・ホストを務めるラジオNIKKEI「この企業に注目!相場の福の神」 のスポンサーに入っていることから、藤本氏と強いつながりがあることがわかるだろう。無料メール登録するだけで、藤本氏の予想銘柄もいち早くチェックできるのは、株プロフェットだけだ。

詳しい個別銘柄情報関連銘柄専門的な材料に特化した情報を無料でもメール配信している。面倒な作業は一切不要で、登録フォームに自分のメールアドレスを入力すると10秒ほどで情報が届くという非常に便利なサービスだ。無料で登録できて、情報に納得いかなければ即時退会もできるから、リスクは一切ない。

自分の売買ルールに自信がない方は、今すぐバナーをクリックして、藤本氏の想銘柄で利益をゲットしよう!

 

株プロフェット

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

ここ最近登場した新進気鋭の投資顧問なのだが、トリプルエー投資顧問って知っているか?

この投資顧問はあなどれないぞ。FIP投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

創刊50年の投資専門誌・株主手帳への記事掲載実績(2015年11月)もあって、非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけているアドウェイズ<2489>トリプルエーも3月15日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、667円で買ってみた。すると、3月24日には870円まで急騰プラス30.4%の利益だ。まぁ、アドウェイズ<2489>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストトリプルエーの中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。トリプルエー投資顧問FIP投資顧問との両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はFIP投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄を3つもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!

 

WS000052

 

《Re:追伸》

おっと、肝心なことを言い忘れていた!(汗)

実は、FIP投資顧問トリプルエー投資顧問に匹敵する投資顧問を見つけたのだ。

最強!!株トレード投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、最強!!株トレード投資顧問の推奨銘柄イトクロ<6049>4月1日(金)2984円で買ってみた結果、、4月4日(月)に3245円まで上昇。プラス8.75%とまずまずの利益だ。一時的にプラス10%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺も最強!!株トレード投資顧問から情報をとっていくつもりだ。サービス内容はFIP投資顧問トリプルエー投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

最強株トレード!!投資顧問


《Re:Re:追伸》

最後まで記事を読んでくれたあなたに、とっておきの情報をシェアする。これが本当に最後だ笑

あすなろ投資顧問って知ってるか?

このあすなろ投資顧問だが、これまで紹介してたFIP投資顧問トリプルエー投資顧問最強!!株トレード投資顧問でアピールしていない情報が俺の心を鷲掴みした。その情報をあなたにもシェアしておく。

設立11年目の信頼感
信頼感が命の投資顧問だからこそ、11年もの長期間存続できているということは、それだけお客様の信頼と支持を得てきているってことだな。

無料プレセントのボリューム
あすなろ投資顧問は、他の投資顧問と比べて無料プレゼントのボリュームがエグい。。なんと有料級の推奨銘柄5個無料でプレゼントするというのだ!ひとまずメール登録して損するリスクは皆無といって良いだろう。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、5個の推奨銘柄をゲットしよう!

 

あすなろ投資顧問

 

今回も最後まで記事を読んでくださりありがとうございます。

 

記事のコメントをもらえると元気が出るブッダより