2019年9月に仕込むべきIPO関連銘柄は?

2019年、世界情勢は米中貿易摩擦、中東の大国イランとアメリカとの緊迫状態など、色々と深刻な問題が多い。日本は重要なポジションの一端を担っており、安倍総理はイランへ訪問し、ロウハニ大統領と会談するなど緊張緩和へ向けて動いている。このような世界情勢に右往左往している投資家も多いだろう。

しかし、このような状況だからこそ、冷静にIPO関連銘柄をチェックし、仕込んでいきたい。

7月、8月のIPO関連銘柄を探している個人投資家に向けて、ブッダが7月、8月に上場予定のIPO関連銘柄をまとめた。

まとめたIPO関連銘柄は非常に注目度が高い。注目されるということは、上昇する可能性を十分に秘めているのだ。

このチャンスを逃してはいけない。IPO関連銘柄を仕込むべき絶好のタイミングでこれから仕込むべきだろう。


7月、8月に新規上場するIPO関連銘柄は?

7月のIPO株は5社。8月は1社。7月は、デジタルマーケティング関連のフィードフォース、サーバー技術を用いたインターネット関連のLink-U、インクジェットプリンターを用いた広告制作のビーダンドピー、モバイルゲーム、トレーディングカード開発のブシロード、ITを利用したカウカモを運営するツクルバ。8月は、再生医療誘導のステムリムだ。各銘柄の特性を把握してIPO関連銘柄をチェックしていこう。


本命のIPO関連銘柄は?


ブシロード〈7803〉

ブシロードは「BanG Dream!(バンドリ!)」や「ラブライブ!」や「新日本プロレス」などゲームを主力とした総合エンターテインメント企業だ。IP(知的財産)を使ったトレーディングカードゲーム、モバイルオンラインゲーム、映像音楽コンテンツ、イベントなどをサービス展開しているブッダ本命のIPO関連銘柄だ。


注目のIPO関連銘柄は?


ステムリム〈4599〉

大阪大学発のバイオベンチャー企業だ。「生体内に存在する幹細胞を活性化し、損傷組織の再生を誘導する医薬品・医療機器および遺伝子治療」などの製品研究、開発、製造、販売している。ステムリムは薬の投与だけで再生医療の効果を得る再生誘導医薬の研究開発を進めているブッダ注目のIPO関連銘柄だ。

ツクルバ〈2978〉

ITを活用した中古リノベーションマンションの購入サービスや、ワークスペースのシェアリング(co-ba)を手掛けている不動産会社。主力の「cowcamo(カウカモ)」は、物件情報と顧客のマッチング(メディアサービス)や、買主・売主間の物件売買の仲介を行っている。利用することで物件購入の初期段階から助けてくれるから頼りになる。これから注目のIPO関連銘柄だ。


ビーアンドピー〈7804〉

顧客からの受注に基づき、業務用のインクジェットプリンターを使用し、プリント・加工・納品までを一貫して手掛ける企業。また、ゲーム機メーカーが取り扱うプリントシール機の外装カーテンや内装壁紙、床材などの製品の制作も行っている期待できる企業だろう。


Link-U〈4446〉

サーバー技術を用いたデータ配信、分析、処理を主としたインターネット事業。2013年に設立され、6年で上場に至る凄腕社長のいる会社だ。小学館のマンガ関連でサーバーが利用され、収入源の1つとなっているブッダ注目のIPO関連銘柄だ。


フィードフォース〈7068〉

フィードフォースは、「働くを豊かにする。B2B領域でイノベーションを起こし続ける」というミッションを掲げている、先を見通している気合の入った会社だ。事業はテクノロジーを駆使してインターネット上のデータを素早く送受信する仕組みを提供することで、企業の悩み解決や生産性向上を支援しているこれから栄えるだろう企業だ。


今後のIPO関連銘柄は?

2019年6月に11社が新規上場した。その中で、10社が公募価格を上回った。

公募価格で買えていた場合、90%以上が利益に繋がっている。一番上昇率が高かったのは177%という驚異的な数値だ。これらの実績からもブッダがIPO関連銘柄を推す理由が分かるだろう。

また、IPO件数も過去10年から右肩上がりしている。今後、東京オリンピックや企業支援なども増え、まだまだIPO件数は増加していくだろう。

この盛り上がっている状況をしっかり受け止め、次なるIPO関連銘柄をこの記事からチェックし、期待して実践をしていって欲しい。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!