今仕込むべきJPX日経400関連銘柄は?

株式投資をする投資家にとって、株価の値上がりが期待でき、魅力のある個別銘柄に投資したいのは当然のことだろう。その反対に、全体的に株価が落ち込むときも、魅力ある銘柄はそこまで落ちなかったりする。

このように、われわれ個人投資家から、優良銘柄の集まりとして認識され、構成されているものがある。それは、JPX日経400だ。赤字企業や問題のある企業を除外した上で、いくつかの指数から、導きだされた優良な個別銘柄を、JPX日経400関連銘柄として採用する。

JPX日経400に採用されることで、企業としても、機関投資家や個人投資家から視線や興味が集まり、株価に良い影響を及ぼすことが多いので、喜ばしい。

毎年、JPX日経400関連銘柄は採用と除外を繰り返し、その度に注目され、様々なニュースになっている。世間から注目される前に、情報を整理し、仕込んでいくべきだろう。

そこで今回は、ブッダのおすすめするJPX日経400関連銘柄を紹介していこう。

JPX日経400とは?

JPX日経400は、JPXグループ(日本取引所グループおよび東京証券取引所)と日本経済新聞社が、2014年1月6日から公表を始めた新たな株価指数「JPX日経インデックス400」のことだ。東証に上場する全銘柄から、過去3期以内に債務超過や営業赤字がないことや、どれくらい効率的に利益をあげられたかを示す、3年の平均ROE(株主資本利益率)の基準をもとに、銘柄選定が行われる。ROE、営業利益、時価総額からスコアをつけ、上位400銘柄が選ばれるのだ。

JPX日経400の銘柄入れ替えは?

毎年8月に銘柄の入れ替えが行われる。8月上旬(5営業日目)に入れ替え銘柄が発表され、8月最終営業日に入れ替えが実施される。銘柄の入れ替え前には、再度スコアが算出され、400位以内の銘柄は残留し、未満の銘柄は除外される。新たに400位以内に入った銘柄は採用される。

本命のJPX日経400関連銘柄は?

スクウェア・エニックス・ホールディングス〈9684〉

ゲームソフト大手企業だ。「ファイナルファンタジー」、「ドラゴンクエスト」など様々な感動の名作を作り続けている。ブッダ本命のJPX日経400関連銘柄だ。また、アミューズメントの運営やコンテンツのライセンスの事業展開もしている。JPX日経400には、2017年8月に採用され、周りから大きな期待を背負い、期待に応え続けている存在だ。

注目のJPX日経400関連銘柄は?

ワークマン〈7564〉

作業服専門チェーンとして、工場や建築現場においてブランドを確立している企業だ。低価格・高機能の特性を活かし、新業態「ワークマンプラス」でファッション業界にも進出している。JPX日経400には、2019年8月に採用されたばかりだ。新規採用だけに、非常に注目されており、今後大きく進化していきそうなJPX日経400関連銘柄だ。

ソフトバンクグループ〈9984〉

日本にとどまらず世界中に投資をし続けている投資会社大手企業だ。ソフトバンクといえば、携帯電話や通信のイメージが強いだろうか。ソフトバンクは子会社であり、親会社のソフトバンクグループは、投資事業をメインで展開している。世界中の成長企業へ出資している。ソフトバンク・ビジョン・ファンドを設立し、JPX日経400内でも大きな期待を寄せられている。

SUMCO〈3436〉

大手半導体シリコンウェーハメーカー。住友と三菱のシリコンウェーハ事業が統合して出来た会社だ。世界シェアは30%を誇り、海外売上比率は80%になる。シリコン事業のみに特化しており、シリコンウェーハ事業世界台第2位の実績がある、注目のJPX日経400関連銘柄だ。

ディー・エヌ・エー〈2432〉

モバイルゲーム開発・配信、SNS運営、電子商取引サービスを行っているインターネット関連企業だ。また、野球ファンでなくても知っている人はいるだろう、横浜DeNAベイスターズを保有している。

三菱マテリアル〈5711〉

非鉄である、セメント、銅、加工、電子材料の4事業を中心として事業展開している大手企業。グループは、子会社221社と関連会社74社で構成されている。金属加工・アルミ缶製造、半導体関連・電子製品、エネルギー・環境ビジネスなど様々な事業を展開しており、安定感も良い、ブッダ注目のJPX日経400関連銘柄だ。

今後のJPX日経400関連銘柄は?

株価指数といえば、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)の名前を良く聞く。

代表的な日経平均株価は、225銘柄の平均値のため、株価が高い値がさ株の影響を受けやすい。それに対し、TOPIXは、東証の全銘柄が対象のため、赤字企業などの投資に適さない企業も入ってしまう。

それらの欠点を補ったのが、JPX日経インデックス400だ。400の優良銘柄で構成されているため、心配が少なく安定的に投資ができるのだ。安定していることからも、海外の投資家達にも人気があり、出来高への影響も大きい。

このように、JPX日経400関連銘柄は今後も根強い人気があるだろう。

今回の記事に目を通してくれた個人投資家は、JPX日経400関連銘柄をしっかりとチェックし、選定し行動に移していってほしい。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!