今仕込むべきスマート農業関連銘柄は?

先日、農林水産省から、現在進められているスマート農業についての状況やスマート農業加速化実証プロジェクトについて紹介された。

政府は、ロボット技術やICTを活用して、農業の高品質製品、超省エネを実現することを目指している。「農業農村整備事業関連予算」も2016年から年々予算が増加推移しており、注目度の高さが伝わってくる。

この、スマート農業は、国だけでなく、各地方でも推し進められている。

例えば、一般財団法人こゆ地域づくり推進機構は、行政、地元農家、起業家が力を合わせ、スマート農業の拠点「新富アグリバレー」を宮崎県新富町に開設した。100年先まで持続可能な農業を実現していくビジョンを掲げている。

このように、農業とロボット技術、ICTなどを組み合わせたスマート農業関連銘柄に視線が集まっている。農業向けドローン、農薬、農業機械、流通管理システムなど、スマート農業に携わる関連企業は多い。

銘柄が多いことで、悩み、なかなか投資行動ができない個人投資家も多いことだろう。

スマート農業は全国各地で推し進められている今こそ、チェックするベストなタイミングだろう。

そこで、今回は、ブッダが注目しているスマート農業関連銘柄を紹介していこう。

スマート農業とは?

ロボット技術やICT(情報通信技術)、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)等の技術を活用し、生産物の品質向上や超省力化を可能にする新しい農業のことだ。

今までは農業に従事する人達が多くいたため、十分に循環していた。しかし、従事者の高齢化、後継者不足、少子化の影響などで、食料自給率の低下、耕作放棄地の増加などの問題が起きている。

そこで、スマート農業システムを導入することで、課題を解決し、さらに成長分野に推進していこうと、国全体で実現に向けて邁進している。

出典:長崎新聞(https://this.kiji.is/553772508824601697)

本命のスマート農業関連銘柄は?

クボタ〈6326〉

農業機械国内1位、世界3位の大手企業だ。小形産業用ディーゼル、ミニバックホーは世界トップシェア。海外比率6割超で世界展開をしている。スマート農業では、業界初となる自動運転が可能な田植機「アグリロボ田植機NW8SA」を2020年10月より販売予定。農業の未来を担う大手企業としてブッダは注目している。

注目のスマート農業関連銘柄は?

オプティム〈3694〉

リモートマネジメントサービスやIoTプラットフォームサービスを手掛けている。スマート農業では、農業向けドローン「OPTiM Agri Drone」、固定翼機型ドローン「OPTiM Hawk」を発売し、好調だ。また、農業とITでのソリューションを描き、「楽しく、かっこよく、稼げる農業」の実現を目指している。

イーサポート〈2493〉

生鮮流通管理システムの開発、データ共有や発注決算、電子データ交換サービスを展開している企業だ。また、農作物の販売支援も行っている。システムを活用することで、「ローコスト化」、「経営の見える化」を実現でき、無駄を最小限に抑えることで農業流通管理を支えている。

セラク〈6199〉

ITインフラやWebシステムなどのシステムインテグレーション事業、農業IT化事業を展開している。農業では、農家と小売業をマッチングさせるサービスを提供。Androidを組み込んだサービス「みどりクラウド」を販売しており、気温、湿度、土壌水分などを管理できる。農業の分野に欠かせないスマート農業関連銘柄だ。

NEC〈6701〉

ITサービス国内3位の企業だ。日本電気を中核とした企業グループ。顔認証技術、宇宙、防衛にも展開している。経営判断にはなくてはならない生産原価を見える化する「NEC 生産原価データ活用サービス」を提供している。人件費や使用した資材などの作業実績を記録することで、見える化し、改善していくことができる。

トプコン〈7732〉

精密光学機器メーカー。眼科医療向け機器、マシンコントロール機器を手掛けている。スマート農業では、GNSS技術を駆使した精密農業システムを提供している。これは、自動運転する農機用オートステアリングシステム、生育状況を非接触で計測し、レーザー式生成センサーでリアルタイムで肥料散布量を調整できる。ブッダ注目のスマート農業関連銘柄だ。

今後のスマート農業は?

矢野経済研究所によると、国内のスマート農業の市場規模は、2018年度141億円2,100万円、2019年度158億円7,400万円を見込みだ。

2025年には、442億7,900万円の規模と予測されている。市場規模は、年を増す毎に増加しており、今後のスマート農業の成長が見込めるのが理解できるだろう。

日本だけではなく、アメリカやオランダでもスマート農業は注目されている。

アメリカでは、スマート農業のことを「AgTech」(アグテック)と呼んでいる。これは、Agriculture(農業)とTechnology(科学技術)とを組み合わせた造語。AgTechで広く活用されているのはドローン。適切な農薬の散布、農作物の状況を把握できる。

また、オランダでは、温度や湿度、二酸化炭素濃度などをセンサーによって管理する「アグリポートA7」と呼ばれる巨大なビニールハウスを活用している。24時間体制で管理していくことで、良い農作物ができる。

このように、世界各国でスマート農業は進められている。これからのスマート農業は、農地、農作物の状態を観察し、観察していく精密農業や、ドローンを活用したドローンソリューションが拡大すると言われている。

あなたはこのような状況の中、ジッとしていてよいだろうか。

スマート農業関連銘柄の適切な情報をキャッチし、整理し、チャンスがくる時にベストなタイミングで迎えられるように準備をしていくべきだろう。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!