今仕込むべき脱プラスチック関連銘柄は?

近年、深刻化が指摘されているのはプラスチック汚染問題だ。日々、ニュースや新聞などに取り上げられ、環境問題は人々の関心の重要な1つだろう。

2019年6月に大阪で行われたG20サミットでは、プラスチックの削減目標について各国と議論した。

議長国の日本を中心に、プラスチック汚染を世界共通の問題とし、各国の方針や今後の取り組み目標が打ち出された。例えば、2050年までに廃プラ新規流出ゼロを目指すビジョンが首脳宣言に盛り込まれた。

世界各国でもプラスチック汚染問題に高い解決意識と目標が設定されており、解決に向けた関心が集まっているのが伝わってくる。

そこで、脱プラスチックを目指し、注目されているのが、バイオマスプラスチックだ。バイオマスプラスチックは、環境によいプラスチックを材料として作られている。脱プラスチックをビジネスチャンスと捉え、研究、開発、製造をしている企業を脱プラスチック関連銘柄と呼ばれている。

我々個人投資家は、今このタイミングをチャンスと捉え、脱プラスチック関連銘柄をチェックし仕込むべきだろう。

そこで、この記事を読んでくれたあなたに、ブッダがおすすめの脱プラスチック関連銘柄を紹介しよう。

プラスチック汚染問題とは?

海洋へ年間少なくとも800万トンのプラスチックゴミが排出されている。
これはジャンボジェット機の重さで換算すると、年間1万5千万トンの重さのゴミを海へ捨てていることになる。スゴイ量だ。

さらに、既に海洋へは1憶5千万トンのプラスチックゴミがあり、2050年には、海にいる魚よりゴミの量が上回ると予測されている。
魚がマイクロチップと呼ばれる小さいプラスチックを食べてしまうことで、腸に詰まり死んでしまったり、その魚を人間が食べてしまったりと悪影響が懸念されているのだ。

そこで、世界各国で脱プラスチックを目指し、注目されているのがバイオマスプラスチックだ。

バイオマスプラスチックとは?

バイオマスプラスチックとは、石油を原料とするこれまでのプラスチックと違い、石油を使わずトウモロコシ・サトウキビなどの植物を使っての製造するプラスチックのことだ。

地球温暖化対策に繋がる新素材として注目されている。米スターバックスやマクドナルドでは、プラスチックストロ―廃止などを掲げ、遠くない将来には実現するだろう。

本命の脱プラスチック関連銘柄は?

味の素〈2802〉

総合食品メーカーの国内最大手。調味料や加工食品等を手掛ける。アミノ酸で世界シェアトップクラス。2030年までにプラスチック廃棄ゼロを目指す。さらに、プラスチックを紙に置き換えプラスチック使用量を年間11トン減らす見通しだ。活発的かつ大々的に行動をしているブッダ本命の脱プラスチック関連銘柄だ。

注目の脱プラスチック関連銘柄は?

カネカ〈4118〉

国内化学メーカー大手。コエンザイムQ10のトップ原料製造企業だ。マーガリンや再生医療関連装置にも注力している。5G対応超耐熱ポリイミドフィルムが新型スマホに採用。「カネカ生分解性ポリマー PHBH」において海洋分解の認証を取得したと発表し、脱プラスチック関連銘柄として注目されている。

三菱ケミカルHD〈4188〉

総合化学国内最大手。アクリル樹脂原料世界1位、炭素繊維世界3位、エチレン生産能力国内1位の大企業だ。植物由来のイソソルバイドを主原料としたバイオエンジニアリングプラスチック「DURABIO」を開発していることで知られている。また、2019年9月には、生分解性バイオマスプラスチックが環境省に採択された。これからの動きに目が離せない脱プラスチック関連銘柄だ。

ユニチカ〈3103〉

繊維事業からフィルムや樹脂などの高分子事業にシフト。食品包装用フィルムで高シェア。ガラス繊維などの機能材も手掛ける。2019年3月には、国内外大手飲食店によるプラスチック製ストロー廃止の動きに伴い、テラマックのストロー向け樹脂グレード「TP-5040」を開発したことを発表した。植物由来のポリ乳酸をベースにしたバイオマスプラスチック「テラマック」を手掛けている個人投資家から熱い視線を送られている。

王子HD〈3861〉

製紙業界国内最大手、世界第6位の大企業だ。海外では段ボールや紙おむつ事業を強化し、パルプの販売拡大に注力している。地球環境に優しいバリア性紙素材「SILBIO BARRIER(シルビオ バリア)」のサンプル提供を開始すると発表した。紙強い企業だから出来る注目の脱プラスチック関連銘柄だ。

日本製紙〈3863〉

国内2位の製紙会社。洋紙・板紙や家庭紙、飲料用紙容器、溶解パルプなどを展開。北海道や山口県でバイオマス発電設備の建設に着手し、北海道では2023年1月に稼働予定だ。紙製ストローを開発し、販売している。紙化ソリューション推進室を設置し、さらなる脱プラスチックを目指している。無視できない存在の脱プラスチック関連銘柄だ。

脱プラスチックの今後は?

日本政府は2030年までに現在のプラスチック製品の6割をリサイクル、リユースすることを目標としている。さらに、2035年までには、すべての使用済プラスチックを熱回収も含め100%有効利用する目標だ。

日本だけでなく、世界中でプラスチックの使い捨てやプラスチックバッグを規制している。EUをはじめ、アジア数か国、オーストラリア、アメリカ、デンマーク、インドなどだ。

世界中の人々が地球温暖化、絶滅危惧種への歯止めなど、地球環境への意識が高まっているからだろう。

今後、世界規模で脱プラスチックが躍進していくのは間違いないとブッダは思う。

日々変わり行く環境改善の変革に対応し、注視し、ベストなこのタイミングで脱プラスチック関連銘柄を仕込むべきだろう。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!