今仕込むべきサマ―ストック関連銘柄は?

先日、ヤフーから、2020年の6月~8月の夏は平年より暑くなるだろうと報道された。今年は平年より0.5~1.5度高く、昨年より0.5~1度高いと予想されると言われている。

また気象庁によると、猛暑日数は20~25日、熱帯夜の日数は12~17日で、平年の場合は、それぞれ9.8日、5.1日になり、2倍以上は多いと発表した。

過去に遡ると、日本の平均気温は、2006年から2019年まで上がり続けている。われわれが毎年、前年より暑いなと感じるのは間違っておらず、事実上昇傾向にある。

このように暑い日が続くと、冷たい物を食べたり、涼しむためにエアコンなどをつける機会が多くなる。気温の上昇に伴い消費される企業の銘柄をサマーストック(猛暑関連)と呼ばれ、夏の前から注目される。

サマーストック関連は夏になってからでは遅く、注目されるだろう夏場前から仕込んでいくのがベストだろう。

そこで、今回は、ブッダはおすすめする注目のサマーストック関連銘柄を紹介しよう。

サマ―ストックとは?

サマーストックとは、猛暑予測がでた後に買われやすい銘柄。売上高が伸びるので、株価への期待が高まる。

サマーストック関連銘柄の例として、エアコン関連、ビール関連、日焼け止め関連、夏物衣料やスーツ関連など沢山の種類が関連してくる。

気象庁の発表では、2020年6月~8月の気温は、平年同様か上昇傾向にあるとしているので、サマーストック関連銘柄は物色されると予想される。

本命のサマ―ストック関連銘柄は?

キリンHD〈2503〉

麒麟麦酒、キリンビバレッジ、協和キリンを子会社にもつキリングループの持株会社。ビールは「一番搾り」や「淡麗」、飲料は「キリンレモン」や「午後の紅茶」などを製造、販売している。また、医薬事業、ヘルスケア事業も展開している。暑い夏が続くとビールや飲料水が必要になってくるだろう。ブッダ本命のサマーストック関連銘柄だ。

注目のサマ―ストック関連銘柄は?

サカタタネ〈1377〉

花や野菜の種苗や苗木を販売している。ブランド「SAKATA」で知られている。世界展開もしており170か国以上に提供している。国内、国外にも研究施設を構えており、美味しく美しくなるよう品質改良が行われている。季節ごとに野菜やの花の苗を植えようと買い求め、サマーストック関連としても注目されている。

江崎グリコ〈2206〉

大手食品メーカー。菓子、食品、乳製品、健康食品などを製造、販売している。海外にグループがあり、東南アジア、中国、欧米で展開している。様々な商品を展開しており、夏の時期は冷菓の種類も豊富なことから手にすることが多いだろう。

伊藤園〈2593〉

茶製品、清涼飲料水メーカー。緑茶飲料ではトップシェアを誇る。「お~いお茶」、「エビアン」、「充実野菜」などを提供している。世界で初めて缶入りウーロン茶や缶入り緑茶を開発した。猛暑が続く日には、水分を補給しないと身体に悪影響があるため、重宝している。

フマキラ〈4998〉

殺虫剤を主力とし、家庭用品、園芸用品、業務用品を製造、販売している。アジア、ヨーロッパを始め、海外に同社の法人がある。殺虫剤「ベープ」シリーズ、園芸殺虫剤「カダン」シリーズが有名だろう。夏の時期は蚊や虫が多くなることから、使用のため、常備するために買いに走る人は多いだろう。

スギHD〈7649〉

愛知県に本社があるドラッグストアチェーン。1200以上の店舗を構えており、中部地区にはそのうち1/3以上が占めている。調剤薬局併設が特長で全店併設を目指している。ドラッグストアだが、飲料水や菓子や食品関連も提供されており、夏場には殺虫剤や日焼け止めも含め利用されている。

ホシザキ〈6465〉

業務用厨房機器メーカー。全自動製氷機、業務用冷蔵庫、食品洗浄機を製造しており、それぞれマーケットシェア40%~70%を占めている。海外にも7か国に現地法人があり、他にも工場がある。飲食店、コンビニエンスストア、スーパーマーケットに冷蔵庫や製氷機が設置されているところも多く、これからに暑い時期には特に必要不可欠になっていくだろう。

今後のサマーストックは?

近年、地球温暖化の影響から、気温は上昇し続けている。

気温上昇の理由として、エルニーニョ現象、ラニーニャ現象が挙げられる。

エルニーニョ現象が起こると、日本付近では、夏季に太平洋高気圧が北に張りだしにくいため、気温が低く、日照時間が短くなる傾向がある。ラニーニャ現象が起こると、夏季に太平洋気圧が北に張り出しやすくなり、気温が高くなる傾向がある。

これらの異常気象が温暖化の影響で起きやすくなっており、現象が起きればサマーストック関連銘柄が物色されることが多い。物色されれば株価上昇への期待もあるため、投資家から注目される。

あなたはこの状況を見ていて良いだろうか。猛暑関連のニュースが出る前に、サマーストック関連銘柄に関する良質な情報を仕込み、タイミングをみてサマーストック関連銘柄を仕込んでいくべきだろう。これを読んでくれたあなたが一歩踏み出してくれることを期待している。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!