今仕込むべき資源関連銘柄

資源関連銘柄は、地球資源(エネルギー資源、石油、石炭、天然ガスなど)、鉱物資源(鉄、アルミニウム、金、銀、銅など)、生物資源、水資源などに関連する企業の銘柄を指す。では、なにかと話題になっている資源関連銘柄を紹介しよう。

「トランプ相場」で株価が急上昇し、東証1部の予想配当利回りは10カ月ぶりの水準に低下した。それでも個別でみると、利回りの高い銘柄はなお多い。東証1部に上場する時価総額3000億円以上の企業を対象に算出すると、配当利回りランキング首位は精密大手のキヤノンだった。
リコーや日産自動車が続き、石油関連など資源株も目立った。利回りが3%以上の銘柄は17銘柄だった。
株価の出遅れで、他の銘柄と比べて配当利回りが高くなった面はある。

資源関連銘柄とは

資源関連銘柄02

エネルギー資源とは

エネルギー資源とは、人間生活において利用でき,自然界に存在するエネルギー源のこと。太陽からの放射は光源として太陽電池に,熱源として太陽熱湯沸器にそれぞれ利用され,また流水の運動エネルギーを水車や水力発電に利用するなどの例は,いずれも直接利用できる種類のものである。

原油への投資方法

原油への投資というと、原油先物取引がイメージとして浮かびますが、先物取引は借金の可能性もある危険な取引です。 加えて、取引可能な業者も限られるなど、少々ハードルは高めです。そこで、原油、石油などを扱っている企業を紹介していく。

その前に原油は、為替の影響を大きく受けることを確認しておこう。
TOCOMの原油は中東産原油の価格変動に連動していますが、他のマーカー原油であるWTI原油やブレント原油の動向にも影響を受けます。また、OPEC(石油輸出国機構)の生産量や景気動向、中東地域等における地政学リスクにも注意する必要があります。加えて、原油輸入価格はドル建てで取引されるため為替変動の影響も受けます。

ガソリン

ガソリンは原油を精製して作る石油製品のひとつです。小型の航空機用エンジンの燃料、溶剤用、ドライクリーニング用、塗料用などにも使われますが、その99%以上が自動車エンジンの燃料として消費されており、夏場のドライブシーズンに需要のピークを迎える傾向があります。ガソリンの値動き
ガソリンの価格には、原油価格、景気の動向、自動車の販売台数などが影響します。また、夏季休暇シーズンやゴールデンウィークなどには自動車による移動が増加し、ガソリン需要も増えることから季節要因にも注目する必要があります。

注目の資源関連銘柄

資源関連銘柄03

個別株では資源関連銘柄の動向に注目だ。

<1515>日鉄鉱業

鉱業(石灰石、タンカル、砕石などの採掘販売)を中心に、銅ほか鉱産物の加工・販売及び輸出入業、石炭・石油製品の仕入販売、機械・環境関連商品等の開発及び販売、不動産業、自然エネルギーを利用した発電業などを展開している。
同社は、資源分野を中核とする企業だが、実は分煙機でも脚光を浴びる存在だ。ここ2、3年で、問い合わせに加え引き合いも右肩上がりのようだ。時代と環境を考慮し分野を広げてることに好感がもる。資源関連銘柄で注目すべき銘柄だろう。

<1606>日本海洋掘削

石油・天然ガスの探鉱、開発に関する掘削作業および建設工事等の請負、掘削技術を応用した工事の請負 、関連する作業用設備、機械、器具および資材の製造、修理、売買、賃貸借、輸送および輸出入など日本で唯一の企業である日本海洋掘削は、資源株の中心的存在だ。

<1662>石油資源開発

石油資源開発株式会社(Japan Petroleum Exploration Co., Ltd.、略称JAPEX)は、日本国内外の石油、天然ガス資源の権益を有し、開発・生産・輸送・販売と、これらに関連する掘削などの請負事業等おこなっている。
主に、北海道、秋田県、山形県、新潟県の油田、ガス田にて採掘をおこなっている。また、研究部門では、GTL燃料、メタンハイドレート、オイルサンドの研究開発も手がけるほか、パイプライン輸送に関しては日本屈指の技術力を有しており、サハリン沖からの天然ガスパイプライン計画にも参画している積極的な企業である。そこを市場に織り込むとまだまだ出遅れ銘柄といえるだろう。

<1963>日揮

日本のエンジニアリング会社の代表企業。主な業務は、製品を作る製造設備を造る事だ。製造設備の内訳は、石油精製プラント、石油化学・化学プラント、LNGプラント、天然ガス処理プラント、施設に関するコンサルテーション、ユーティリティ事業に関する投資等おこなっている優良企業だ。おすすめしたい、資源関連銘柄である。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。