注目のがん免疫療法関連銘柄は?

先日、毎日新聞から、がん患者の免疫細胞を増強する新たながん免疫療法に用いる製品の製造、販売の承認をしたというニュースが報じられた。

この報道で取り上げられたがん免疫療法は、2018年10月に京都大学特別教授の本庶佑(ほんじょたすく)先生がノーベル医学・生理学賞を受賞した治療法で、世界から注目を浴びている。

また、「がん治療に革命をもたらす」と言われるほど、医学的評価も大きい。

今までの治療法は、外部からの力(抗がん剤)を借りてがんを治療してきたが、その結果、副作用として髪の毛が抜け落ちたり、生理不順が起きたりする問題があった。しかしながら、今回のがん免疫療法は内部から免疫細胞によって回復に向かい、副作用が小さく身体への負担が軽減されるといのが特長だ。

上記のように新たながん治療法として注目されていることから、がん免疫療法関連企業は最先端研究を重ねている。関連した企業の株式をがん免疫療法関連銘柄と呼び、その動向をいち早くキャッチした投資家達が資金をがん免疫療法関連銘柄へ投資しているのだ。

世界中でがん免疫療法の研究が日々進歩していく前に、いまこのタイミングでがん免疫療法関連銘柄をチェックし、すぐ動くことが大事だ。待っている場合ではない。

そこで、この記事を読んでくれたあなたにブッダが選ぶおすすめがん免疫療法関連銘柄を紹介しよう。

がん免疫療法とは?

日本人の死因1位になっているのが「悪性新生物(がん)」だ。従来のがん治療方法として三大療法と言われてきたのが、手術によってがんを取り除く手術療法、抗がん剤による進行を抑える化学療法、放射線によってがんを破壊する放射線療法だ。

しかし、この三大療法は副作用によって患者に大きな負担を伴うため、がん治療中の患者の生活の質を著しく低下させ、また再発のリスクも残る。

そこで、人が生まれながらに持つ免疫の能力を高めることで、がんに対抗していこうとしたのが、第4の治療法と呼ばれる、がん免疫療法だ。

今までの治療法は、大きな副作用があったり、あくまで進行を遅らせることが主流だった。それに比べがん免疫治療は、副作用が少なく、人間本来の免疫を高めることで治療していくので完治もいずれ可能になると言われている。

そういった背景から、個人投資家の中でも、注目の高まりと共に、最先端のがん免疫療法関連銘柄への値上がりを期待している。

本命のがん免疫療法関連銘柄は?

小野薬品工業株式会社〈4528〉

1717年創業の医療用医薬品中堅だ。がん治療薬「オプジーボ」を主力に、糖尿病治療剤や認知症治療剤等を開発、製造している。国内外の大学や研究機関との創薬活動にも積極的な今後免疫療法を牽引していくだろう、がん免疫療法関連銘柄だ。

注目のがん免疫療法関連銘柄は?

SBIホールディングス〈8473〉

投資をやっている投資家は知っているだろう、国内トップのネット証券会社だ。がん免疫療法関連銘柄としては、同社子会社の「SBIバイオテック」ががん免疫療法を研究している点にも注目。また、楽天のグループ会社で米バイオベンチャーの「楽天アスピリアン」に出資している企業の一角でもある。光免疫療法が実用化されれば株価の恩恵を受ける可能性が大きい、期待のがん免疫療法関連銘柄の先鋭大企業だ。

タカラバイオ〈4974〉

バイオ関連の研究用試薬が主力。理科学機器の販売や遺伝子解析受託も行う。宝HD傘下の会社だ。時価総額も大きいので安心度も高い。バイオ医療関連に経営資源集中のこれからの動向が楽しみな注目のがん免疫療法関連銘柄だ。

テラ〈2191〉

樹状ワクチンによるがん免疫療法の研究開発を行う東大医科研発の創薬ベンチャーだ。細胞加工の製造開発受託への参入に向け、昨夏に特定細胞加工物製造の許可を申請。時価総額は現在小粒だが、良いニュースや材料次第で株価が大化け上昇するかもしれないがん免疫療法関連銘柄だ。

そーせいグループ〈4565〉

製品開発を手掛ける創薬系バイオベンチャーの会社。収益源は慢性閉塞性肺疾患薬とGたんぱく質解析技術。イギリス・ケンブリッジに本社を置く製薬企業「アストラゼネカ(AstraZeneca)」と共同でがん免疫療法分野を研究している世界も注目のがん免疫療法関連銘柄。

ブライトパス・バイオ〈4594〉

がん免疫治療薬を手掛ける久留米大学発の創薬ベンチャー。リード開発品は前立腺がん用ワクチン。がん免疫療法の一つの形態である「がんペプチドワクチン」の創訳を目指す企業だ。

がん免疫療法のこの先は?

現代では、2人に1人はかかるといわれるがんの治療法はこれから先も進められていくだろう。

治療はもちろん大切なことだが、まず個人で出来ることは食生活や運動などを適度にし、ストレスを減らし健康的な日常を過ごすことだ。定期健診による早期発見も大切だ。この記事を読んでくれているみんなにも日頃から気を付けて欲しいと思っている。

今後のがん免疫療法は、多数のがん種において、さまざまな免疫チェックポイント阻害薬の開発が世界規模で進んでいくだろう。

がん免疫療法の効果を増強する目的で、メカニズムが異なるがん免疫療法同士を組み合わせた、複合がん免疫療法の開発も盛んに行われている。

更に新たながん治療法も研究されている。我々投資家は、株式に関連する最新情報を自ら取りにいき、咀嚼し、最善の投資体制を整ることが大きな利益に結びついていくができるだろう。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!