今仕込むべきソーシャルゲーム関連銘柄は?

ゲーム総合情報メディアの「ファミ通」は、2018年ゲームコンテンツ市場が前年比約2割増加の13兆1774億円と推定した。この増加は、IT業界の中でも、特にゲーム市場が盛り上がっており、続々と新作のゲームが市場に出回り、需要も増加している結果だろう。

ソーシャルゲーム市場拡大の背景には、家庭用ゲームだけでなく、スマートフォン向けのモバイルゲーム開発・販売が進んでいる。また、e-sportsの普及もゲーム市場全体の底上げに繋がっている。

一般的には、ソーシャルゲームは開発コストが低く、課金システムを利用した収益性が高く、ユーザー数が多いことから、参入する企業が多い。そうした企業をソーシャルゲーム関連銘柄と呼んでいる。ソーシャルゲーム関連の競争が起こることは、市場の活性化に繋がり、ソーシャルゲーム関連銘柄への期待も大きくなるのだ。

我々個人投資家は、年々注目され続けているソーシャルゲーム関連銘柄をただ見ているだけではだめだろう。関連銘柄の情報を素早くキャッチし、仕込むべきタイミングで行動を起こすことが大切だ。

そこで、今回は、ブッダがおすすめするソーシャルゲーム関連銘柄を紹介しよう。

ソーシャルゲームとは?

ソーシャルゲームとは、主にスマホ向けゲームのうち「SNSプラットフォーム上で動作する」ように開発されたオンラインゲームの一種だ。ソーシャルゲームには、「Webブラウザ上で動作するもの」と「ダウンロード及びインストールをして使うもの」の2種類がある。

最近では、スマホ向けアプリストアから配信されるゲームアプリの多くがソーシャルグラフを活用したゲームになっているため、スマホゲーム=ソーシャルゲーム(略してソシャゲ)として呼ばれている。ソシャゲは、基本無料で遊ぶことができ、「ガチャ」、「アイテム」などを購入することで、様々な楽しみ方ができるのが特徴だ。

本命のソーシャルゲーム関連銘柄は?

アカツキ〈3932〉

スマホ向けソーシャルゲームの企画開発・運営をしている企業だ。海外40カ国以上で展開している。「ドラゴンボールZドッカンバトル」、「新テニスの王子様RisingBeat」などの人気シリーズを始め底固く世界中に進路をすすめている。先日発売された、塩田社長の初の著書も人気があり、ますます注目されているソーシャルゲーム関連銘柄だ。

注目のソーシャルゲーム関連銘柄は?

スクウェア・エニックス・ホールディングス〈9684〉

ゲームソフト大手の企業だ。「ドラゴンクエスト」、「ファイナルファンタジー」シリーズなどの有名タイトルをはじめ、多数のゲームを手掛けている。最近では、ドラゴンクエストウォークのヒットにより注目され、プレイステーションでも根強い人気がある注目のソーシャルゲーム関連銘柄だ。

KLab〈3656〉

スマホゲームを企画・開発している企業だ。「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」、「うたのプリンスさまシャイニンライブ」、「幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル」などを手掛けている。配信タイトルの半分以上は海外でも配信されており、度々注目されている。

任天堂〈7974〉

家庭用ゲームの世界大手企業だ。NintendoDSやSwitchなどハードをメインで開発・販売している。ハードだけではなく、どうぶつの森 ポケットキャンプなどソフトにも注力している。海外での売上比率も高く、世界中に「任天堂」のファンを増やし続けている。

モバイルファクトリー〈3912〉

モバイルゲームの開発と運営をしている。ステーションメモリーズなど位置情報連動型ゲームにも力をいれている。また、ブロックチェーン関連サービスにも注力しており、今後その技術を駆使したサービスも期待できるだろう。

コロプラ〈3668〉

スマホ向けゲームの制作や位置ゲームのプラットフォームを運営。白猫プロジェクト、ドラゴンクエストウォークの開発を手掛けたりしている。多数のゲームメーカーから開発委託を受注するなど、技術的にも申し分ないため、今後非常に注目のソーシャルゲーム関連銘柄になっていくだろう。

今後のソーシャルゲームは?

米Googleは、2019年11月19日にクラウドゲームプラットフォーム「Stadia」のサービスを開始すると発表した。

世界中のグーグルのデータセンターを理由するもので、クライアント操作をクラウド側へ送り、ゲームのレンダリングなどの処理を行ったうえで,その音声や映像をクライアント側へストリーミング配信する仕組みとなっている。

現在時点では、日本はサービス提供地域には含まない。しかし、IT業界最大手企業がゲーム関連に参入するなど、ソーシャルゲーム関連の勢いは留まることを知らない。

今後、VRやARのテクノロジーを取り入れた新しい試みや、海外市場への期待が高まっている中で、ソーシャルゲーム関連企業は伸びていくだろう。新作のリリースやニュースにアンテナを張っておくのがベストだろう。


ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!