今仕込むべきMaaS関連銘柄とは?

先日、日本政府から、日本初のMaaS関連法案を通常国会に提出する予定だと発表された。

提出予定のMaaS関連法案は、複数の公共事業者が運賃・届出を行う際に、個別に国の機関に届出を行うのでなく、一括・共同して届出を行うことができる制度を盛り込んでいる。

法案が実現することで、色々な移動手段を一つのアプリで検索や予約ができるようになるのだ。

このような報道をうけて、MaaS関連銘柄が上昇した。移動手段を一つのアプリで集約できることにより、最適化され、さまざまな料金形態を提供できることに繋がりMaaS関連銘柄の売上アップに繋がる。売上が上がることで、株価へ良い影響がでるからだ。

また、日本国内でさまざまな実証実験が自治体をまきこんで行われている。地域を絞りブラウザやアプリでのサービスを展開している。2020年はさらに注目されるテーマになると言われている。

そこで、今回は、ブッダがおすすめするMaaS関連銘柄を紹介していこう。

MaaSとは?

MaaSとは、Mobility as a Serviceの略で、人の移動を様々な交通手段を活用することにより、最適化する移動の概念。

従来型の交通手段は、バスや電車やタクシーなどで、ルートや時刻は検索サイトで検索すればできる。しかし、その後の予約、支払いはそれぞれの交通手段毎に支払っている。

このような複数の移動方法を一つに集約し、携帯などから検索、予約、支払いを一度に行えるようにするのがMaasだ。

利用者としては集約してくれることで、簡易的に移動手続きをすることができるメリットがある。

本命のMaaS関連銘柄は?

両毛システム〈9691〉

システムインテグレーション、システムソフト開発を行っている企業だ。また情報処理サービスも展開している。バスの自動運転の技術開発に群馬大学と共同で取り組んでいる。また、2019年12月に発表された、ソフトバンクグループとトヨタ自動車の合併で立ち上げた企業連合に加盟するなど、MaaS関連銘柄として飛躍し、注目している。ブッダ本命の企業だ。

注目のMaaS関連銘柄は?

駅探〈3646〉

電車の乗り換えサービスを展開している。個人向けは「駅探・乗り換え案内」、法人向けは「駅探ASPサービス」が有名だ。駅探は新しい試みとして、東京2020オリンピックを見据え、5か国語に対応した観光型MaaSの実証実験をJTBと共同で実施する合意をするなど、MaaS関連銘柄として日々注目されている。

ディー・エヌ・エー〈2432〉

ソーシャルゲームサイト「モバゲー」を運営している。また、スポーツ事業やEC事業など幅広く展開している。MaaS事業では、個人間カーシェアリングサービス「Anyca(エニカ)」、タクシー配車アプリ「タクベル」を提供している。日本航空やjapan taxiなど数社と共同でMaaSにおけるデータ基盤の開発に携わるなど、話題が尽きない期待十分の企業だ。

JR東日本〈9020〉

国内最大を誇る鉄道会社。鉄道範囲は、甲信越から東北・関東まで幅広い。MaaS関連では、新潟市と共同でスタートアップ企業と連携した2つの実証実験を開始する。また、静岡県伊豆市で観光型MaaSとして実証実験を行っているなど鉄道会社の強みを最大限に活かした戦略で利用者に提供している。

ジョルダン〈3710〉

経路探索ソフト「乗換案内」などのソフトウェアを開発している企業だ。
また、ツアー販売や旅行の予約サイトを運営している。2019年12月に同社子会社のJ MaaSと電通が資本業務提携を発表した。これは、電通のネットワークやマーケティングとJ MaaSの移動者データやオンラインチケット販売のノウハウを重ね合わせ新たなMaaSビズネスに繋げる。今後、MaaS関連銘柄としても可能性が大きな企業だ。

トヨタ自動車〈7203〉

自動車産業世界トップシェアの企業。スズキと資本提携、ダイハツ工業、日野自動車を子会社にしている。自動車に特化しているのはもちろんだが、ソフトバンクグループと共同出資で「MONETテクノロジーズ」を新たに立ち上げた。これは、オンデマンドでのモビリティサービスと、データ解析、自動運転車とMaaSを融合させたAutono-MaaSを主な事業として展開する。巨大企業だが、腰が重くなく、常に時代の先をみて、新たな行動を一歩先に行っている。

今後のMaaSは?

国内での2030年の市場規模は6.3兆円。2050年に全世界で900兆円に拡大すると予測されている。2018年の国内MaaS市場規模が売上高ベースで約845億。国内だけでも、約75倍の市場規模になる。

このように、市場の拡大により日本だけでなく、多数の国がMaaSの研究、開発、提供、販売を行っている。

フィンランド・ヘルシンキでは、Whimというアプリが展開されており、アプリ一つでスタートから目的地までの複数の移動方法を選択し、予約から支払いまで行うことができる。また、中国、イギリス、ドイツでも同様にMaaSシステムを提供している。

MaaSは100年に一度のモビリティ革命と言われ、様々な企業が参加し、企業同士で提携し、一早くMaaSを推し進めようと動いている。

我々個人投資家は、このような状況をみているだけでいいのだろうか。

一早く情報を掴み、市場予測の数値をみて分かるように、これからくるビックウェーブに乗るべきだろう。そうすることで、余裕が生まれさらなる投資意欲に繋がっていく。

行動した者に女神は舞い降りると信じ、行動していくべきだろう。

 

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!