本命のコネクテッドカー関連銘柄

コネクテッドカー関連銘柄03

コネクテッドカーとは、ICT端末としての機能を有する自動車を指し、このコネクテッドカー用のアプリや通信端末などを手掛けている企業はの株は、コネクテッドカー関連銘柄と呼ばれ、注目を浴びつつある。

コネクテッドカー関連銘柄

コネクテッドカー関連銘柄01

コネクテッドカー車両の状態や周囲の道路状況などの様々なデータを車両用センサーにより取得し、ネットワークを介して集積、分析することで、走行の安全性を高めたり、効率的な運転を助けるといった効果が期待できる。このため、コネクテッドカー関連銘柄は、自動運転車関連銘柄や人工知能関連銘柄、農業ICT関連銘柄、IoT関連銘柄など様々なテーマにまたがり、材料が豊富なのが特長だ。

大手企業が参入するコネクテッドカー

コネクテッドカー関連銘柄02

<7203>トヨタ自動車が米マイクロソフトと提携し、走行する車から集めたデータを保管・分析するための新会社を設立したとの発表があった。以前からトヨタ自動車はコネクテッドカーの拡大を進めており、マイクロソフトの提携でこれまで以上に進めていく運びとなった。

現在トヨタ系で通信機能を備えているの車種は、高級車レクサスなどに限られているが、今後は、主要市場である日米での全車に通信機能を標準搭載する見通しで、この点に注目が集まっている。

自動車メーカー最大手のトヨタ自動車がコネクテッドカーに大きく舵をとったことから、他のメーカーもトヨタ自動車に追随しするようにコネクテッドカーの普及を進めることが想定さる。コネクテッドカーに注目度が高まっていくことは容易に想定できる。

コネクテッドカーの市場規模 

コネクテッドカー関連銘柄04

Machina Researchの調査によれば、2022年にはコネクテッドカーは全世界で7億台になるとの調査結果が出ている。車載システムなどは11億デバイスにまで膨らむとしており、市場規模は4220億ドル(1ドル100円換算で約42兆円)に達すると予測されている。

3つのメリットとコネクテッドカー

コネクテッドカー関連銘柄05

コネクテッドカーのメリットは、①安全性の向上、②渋滞の緩和、③二酸化炭素の削減の3つだ。一つずつ解説していく。

 ①安全性の向上

安全性の向上は、コネクテッドカーの最大のメリットといえるだろう。コネクテッドカーには車間距離センサー、ドライバーモニタリングセンサー、スピードセンサーなどが多種多様なセンサーが多次元的に搭載されていることから、交通事故を大きく減らす効果は極めて大きいと想定される。

②渋滞の緩和

コネクテッドカーでは、インターネット通信機能が搭載され、外部からリアルタイムに情報収集できるようになるため、渋滞緩和や交通管理に大きく寄与することが予想される。

③二酸化炭素の削減

コネクテッドカーでは、トラックなのような商用車は運行管理や燃費管理、二酸化炭素の排出量の管理、把握する事が可能となる。

また、ドライバーごとに運転支援なども実現できるかことから二酸化炭素の削減に大きく寄与するようだ。

2つのデメリットとコネクテッドカー

コネクテッドカーのデメリットは、①システムのハッキング、②悪天候時などでの安全性確保が不安視の二つだ。こちらも一つずつ解説していく。

①システムのハッキング

コネクテッドカー搭載のインターネットの接続機能を悪用したハッキングが最も懸念されていリスクだ。車載システムがハッキングされると、車両が外部から遠隔操作される可能性があり、バグが見過ごされたらシステム障害が起きて事故の要因となる可能性があります。

②悪天候時などでの安全性の確保が不安視

雨雪時に車載カメラの視界が遮られると、機能不全に陥るリスクもある。

コネクテッドカー関連銘柄の本命銘柄

コネクテッドカー関連銘柄06

<4829>日本エンタープライズ

日本エンタープライズは、携帯やスマホ向けに交通情報、デコメールなどモバイルコンテンツを提供するコネクテッドカー関連銘柄だ。

同社は、トヨタの次世代テレマティクスサービスに車載用チャットアプリを提供しており、2016年2月に<9417>スマートバリューと業務資本提携を結んことからもコネクテッドカー関連銘柄の中でも一際注目が集まっている銘柄だ。2月の業務提携やコネクテッドカーやテレマティクス、セキュリティビジネスなどの分野での活用が急速に広がっているIoTやM2Mなどのソリューション新サービスの創出を目指している。

また、業種別時価総額の順位が低く、値動きが軽いことから、一度材料が出れば買いが一気に集中することが予想される。個人的にも、日本エンタープライズはコネクテッドカー関連銘柄の最も関心を持っている銘柄だ。

<3655>ブレインパッド

ブレインパッドは、データマイニングや企業行動の最適化支援の提供、データ分析および分析結果に基づくシステム開発事業などが柱のコネクテッドカー関連銘柄だ。

同社は、2015年にネクスと車載通信デバイスを活用したコネクテッドカー・プラットフォーム構築における協業に合意した事を発表したことで、急速で脚光を浴びだしたようだ。ブレインパッドは人工知能関連銘柄の側面もあることから豊富な材料が期待され、コネクテッドカー関連銘柄の中でも特に注目を集める銘柄といえるだろう。

<3918>PCIホールディングス

PCIホールディングスは、組込み系・業務系のシステム開発請負を手掛けるコネクテッドカー関連銘柄だ。

同社は、自動車間通信の共通プラットフォームの開発、アプリケーション制御ソフトウェアを開発していることから、コネクテッドカー関連銘柄として目が離せない銘柄といえるだろう。業績は好調で、IoT関連としても認知を獲得している銘柄であることからも材料次第で株価好投が狙える銘柄と想定される。

<4667>アイサンテクノロジー

アイサンテクノロジーは、土木建設業向けのCADシステムが主力のコネクテッドカー関連銘柄だ。

同社は、自動運転車関連銘柄やドローン関連銘柄としても知名度が高く、コネクテッドカー関連としても注目度の高い銘柄であり、豊富な材料が期待できることから、見逃すことができないコネクテッドカー関連銘柄の一つだ。

<2349>エヌアイデイ

エヌアイデイは、スマホアプリやシステム系のプロダクト製品を提供するコネクテッドカー関連銘柄だ。

同社は、通信システム・情報システム、ネットワークソリューソン、データソリューションの4事業を柱としている。

車の基盤となるパワートレイン、パワーマネジメント、先進安全、自動走行システムなど車載用のシステムの開発を多く手掛けていることから、典型的かつオーソドックスなコネクテッドカー関連銘柄だ。

<6634>ネクスグループ

ネクスグループは、<8307>フィスコのグループ企業で通信機器が主力のコネクテッドカー関連銘柄だ。

同社は、ブレインパッドと協業して、テレマティクスデバイスを利用したコネクテッドカービジネスのためのプラットフォーム構築実現を目指すことからコネクテッドカー関連銘柄の中でも株価高騰の可能性を秘めた銘柄といえるだろう。またネクスグループは、農業ICTにも参入していることから、豊富な材料が想定される点でも期待が持てるコネクテッドカー関連銘柄だ。

<6734>ニューテック

ニューテックは、国内唯一のストレージ専業メーカーのコネクテッドカー関連銘柄だ。

同社は、トヨタ自動車のコネクテッドカー関連サービスでマイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Azure」が採用となったと報じられたことから、今後の業績飛躍に期待が高まっている投資家は多いようだ。マイクロソフトの「Azure」を透過的にアクセスするデモをデータストレージEXPOで実施する運びで、認知度が向上することで買いが集まりやすいことが予想される。業種別時価総額の順位も小さい事からも値動きが軽い銘柄という点も見逃せないコネクテッドカー関連銘柄だ。

コネクテッドカー関連銘柄の未来

コネクテッドカー関連銘柄07

コネクテッドカーはミラーレス車と同様に完全自動運転車までの過渡期に出てくる車と予想される。

しかしながら、完全自動運転車が実用化されるは随分先になると想定されていることから、コネクテッドカーは今後注目を浴びる機会が増えると見ております。

コネクテッドカーの進化バージョンが完全自動運転車となることから、今後徐々にトヨタ自動車のようにインターネット接続機器等を標準搭載した車が市場に出てくることを想定すると、コネクテッドカーがこれから本格的に業績に寄与してくる可能性が高く、ここから強烈な上昇を見せる銘柄がこのコネクテッドカー関連銘柄の中から頭角を表す可能性は非常に高いだろう。

今回紹介したコネクテッドカー関連銘柄の個別銘柄を見れば一目瞭然だが、ほぼ全ての銘柄が人工知能、農業ICT、IoT等の主要なテーマに関わっていることからも材料が出れば買いが集まりやすいもの特徴の一つだ。引き続きコネクテッドカー関連銘柄の情報収集に努めていきたい。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」
「もう少し待てば反発するかも…」
「さっき損切りしておけば…」
「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

FIP投資顧問>>

株式投資をやっているあなたなら「投資の福の神 藤本誠之」をご存じかと思う。
その藤本氏とタッグを組んだ投資顧問がFIP投資顧問だ。

サービス名は株プロフェットといって、藤本氏の予想銘柄だけでなく、藤本氏のコラムも読むことができ、FIP投資顧問の出し惜しみのない姿勢が分かる。銘柄情報には特に期待できる。

しかも、FIP投資顧問は、藤本氏がレギュラー出演・ホストを務めるラジオNIKKEI「この企業に注目!相場の福の神」 のスポンサーに入っていることから、藤本氏と強いつながりがあることがわかるだろう。無料メール登録するだけで、藤本氏の予想銘柄もいち早くチェックできるのは、株プロフェットだけだ。

詳しい個別銘柄情報関連銘柄専門的な材料に特化した情報を無料でもメール配信している。面倒な作業は一切不要で、登録フォームに自分のメールアドレスを入力すると10秒ほどで情報が届くという非常に便利なサービスだ。無料で登録できて、情報に納得いかなければ即時退会もできるから、リスクは一切ない。

自分の売買ルールに自信がない方は、今すぐバナーをクリックして、藤本氏の想銘柄で利益をゲットしよう!

 

株プロフェット

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

ここ最近登場した新進気鋭の投資顧問なのだが、トリプルエー投資顧問って知っているか?

この投資顧問はあなどれないぞ。FIP投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

創刊50年の投資専門誌・株主手帳への記事掲載実績(2015年11月)もあって、非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけているアドウェイズ<2489>トリプルエーも3月15日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、667円で買ってみた。すると、3月24日には870円まで急騰プラス30.4%の利益だ。まぁ、アドウェイズ<2489>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストトリプルエーの中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。トリプルエー投資顧問FIP投資顧問との両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はFIP投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄を3つもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!

 

WS000052

 

《Re:追伸》

おっと、肝心なことを言い忘れていた!(汗)

実は、FIP投資顧問トリプルエー投資顧問に匹敵する投資顧問を見つけたのだ。

最強!!株トレード投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、最強!!株トレード投資顧問の推奨銘柄イトクロ<6049>4月1日(金)2984円で買ってみた結果、、4月4日(月)に3245円まで上昇。プラス8.75%とまずまずの利益だ。一時的にプラス10%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺も最強!!株トレード投資顧問から情報をとっていくつもりだ。サービス内容はFIP投資顧問トリプルエー投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

最強株トレード!!投資顧問


《Re:Re:追伸》

最後まで記事を読んでくれたあなたに、とっておきの情報をシェアする。これが本当に最後だ笑

あすなろ投資顧問って知ってるか?

このあすなろ投資顧問だが、これまで紹介してたFIP投資顧問トリプルエー投資顧問最強!!株トレード投資顧問でアピールしていない情報が俺の心を鷲掴みした。その情報をあなたにもシェアしておく。

設立11年目の信頼感
信頼感が命の投資顧問だからこそ、11年もの長期間存続できているということは、それだけお客様の信頼と支持を得てきているってことだな。

無料プレセントのボリューム
あすなろ投資顧問は、他の投資顧問と比べて無料プレゼントのボリュームがエグい。。なんと有料級の推奨銘柄5個無料でプレゼントするというのだ!ひとまずメール登録して損するリスクは皆無といって良いだろう。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、5個の推奨銘柄をゲットしよう!

 

あすなろ投資顧問

 

今回も最後まで記事を読んでくださりありがとうございます。

 

記事のコメントをもらえると元気が出るブッダより