本命のソーシャルゲーム関連銘柄

ゲーム機からスマートフォンに対応したソーシャルゲームへ変化し、ソーシャルゲーム市場の中心が移っており売上規模は拡大している。
13年、14年は「パズル&ドラゴンズ」、「モンスターストライク」が、メジャーになり、成長市場として注目視されている。

ソーシャルゲーム関連銘柄の市場規模

ソーシャルゲーム関連銘柄03

”矢野経済研究所が2016年3月14日に発表した「スマホゲーム市場に関する調査結果2015」によると、2014年度の国内スマホゲーム市場(メーカー売上金額ベース)は前年度比59.8%増の8950億円に成長した。今後も成長が続き、15年度は9250億円、16年度には9450億円と、1兆円に迫る規模に拡大すると予測している。”

ゲーム1本のヒットが、企業の利益に直結することから、ソーシャルゲーム市場は、激戦が繰り広げられている。ヒットにより、大きく株価も変動する。
注目されているゲームアプリ配信のたびに、企業株価上昇し、引っ張られるようにソーシャルゲーム関連銘柄株価上昇という連鎖が市場で起きている。
成功する企業が出てくれば出てくるほど株価は、高騰していくだろう。

注目のソーシャルゲーム関連銘柄

ソーシャルゲーム関連銘柄01

では、ブッダ注目の銘柄を紹介しよう。

【3904】 カヤック

仮想現実とソーシャルゲームの自社開発などに取り組む面白法人カヤック。
2014年12月に東証マザーズへ、カヤックとして上場。
ソーシャルゲーム、Lobi、クライアントワーク(受託開発)の3事業が主力である。
中でもスマートフォン向けのソーシャルゲーム開発が好調で、「ぼくらの甲子園!ポケット」の累計500万ダウンロードと着実にユーザー数を伸ばしている。

また、「真空管ドールズ」の事前登録が、4月22日時点で18万人を超えた。このゲームは、ガルチとソニー・ミュージックエンタテインメントとの協業タイトルとして開発したアプリである。
リリースした4月27日は株価が急騰している。

決算だが、2016年2月15日、2015年12月期発表した。売上高37億0500万円(前の期比27.9%増)、営業利益3億9200万円(同97.8%増)、経常利益3億9500万円(同116.5%増)、最終利益2億6100万円(同120.8%増)と大きく伸び、売上・利益ともに過去最高を更新した。
また、次回決算は、第1四半期決算で2016年5月13日だ。

2月21日、株式会社ガルチを子会社化したと発表された。VR開発実績とガルチのUNITY技術を融合させることで、VRを活用したゲームの開発の実施、Steamへの展開を含め、業績拡大を図る。
同月29日、ダンクハーツのベトナム子会社D HEARTS VIETNAM CO., LTD(以下、D HEARTS VIETNAM)の全持分を取得し、子会社化することを発表している。
新作リリース、M&A導入と今後を見据えて企業改革を進めているカヤックは、長期的に見てよい銘柄だろう。

【3635】 コーエーテクモホールディングス

歴史題材に強みをもつコーエーテクモホールディングス。ソーシャルゲームでも、その強みを活かし多数のゲームを展開している。他に、競馬などのゲームを配信している。

ソーシャルゲーム事業は、マルチプラットフォーム展開や継続的なイベント施策、他社タイトルとのコラボを積極的に推し進めた結果「100万人の信長の野望」をはじめ100万人シリーズが順調に推移している。このように、累計100万ダウンロードを超えているゲームや、シリーズ化しているものが多いことも特徴だ。人気ゲームを持っていることが伺える。
コーエーテクモホールディングスが開発・運営するゲームSNS「my GAMECITY」では、スマートフォン向けのサービスが寄与し、会員数が87万人に到達した。

さて、決算だが、4月28日に発表。2016年3月期の連結経常利益は前の期比16.1%増の157億円になり、17年3月期も前期比1.6%増の160億円に伸びを見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。4期連続増収、7期連続増益になる。
同時に、前期の年間配当を46円→52円(前の期は1→1.2の株式分割前で55円)に増額し、今期も前期比1円増の53円に増配する方針とした。

好決算の発表により株価急騰が見込まれる。短期だと今購入したい銘柄だ。

【2121】株式会社ミクシィ

いまやスマホゲームの代表作といっても過言ではない。
「モンスターストライク」を代表作に持ち、大きな収益源としているソーシャルゲーム関連銘柄の中心的存在のミクシィ。

2016年3月期第3四半期累計(4-12月)の業績は、売上高が1502億円(前年同期比120.1%増)、営業利益が673億円(同124.9%増)、経常利益が669億円(同130.5%増)、最終利益440億円(同130.5%増)だった。 連続増益を保っている優良企業だ。
売上に大きく寄与したのは、モンスターストライクだ。
モンスターストライクは、世界累計3,500万ダウンロードを突破したと4月29に発表している。この人気はスマートフォンだけにとどまらず、ニンテンドー3DSでも発売し、既に30億円の売上を計上したとのことだ。
モンスターストライクの配信から2年を過ぎても人気を維持し、課金収入が拡大したと視差する。

また、新作アプリ「ブラックナイトストライカーズ」の配信も近そうだ。動向をチェックを続けたい。

ミクシィの増益には、チケットキャンプの事業拡大も大きな要因だ。
チケットキャンプは、音楽チケットなどをオークション形式で個人とやり取りするサービスである。
TVCMも配信していることから認知度は大きく飛躍していくだろう。

個人的な話だがブッダも、チケットキャンプを過去に利用したことがある。
感想、よく出来てる売買システムだと関心した覚えがある。

話がずれたが、本決算は2016年5月10日 に発表される予定だ。
新規事業、チケットキャンプの需要拡大がどう利益に反映してくるか?
そして、ミクシィの核、モンスターストライクのダウンロード数増加による売上が上がれば、更なる株価上昇が期待できる、ソーシャルゲーム関連銘柄だ。

【3639】ボルテージ

恋愛シミュレーションドラマアプリを中心としたモバイルコンテンツのサプライヤーとして事業展開し、女性をターゲット層にしている。
コンテンツのテーマを「恋愛と戦いのドラマ」に絞り、ストーリー性のあるコンテンツを、主にスマートフォン配信している。

ボルテージは、昨年秋のフジテレビの木曜ドラマ「オトナ女子」ではヒロインが務める会社のモデルとして制作協力を行っていることから、恋愛ドラマアプリ分野において最も注目されている企業だろう。

恋愛ドラマアプリは、天下統一恋の乱 Love Ballad等の好調により、前年同期比で増加した。
恋愛ドラマアプリを現在80タイトル以上配信しており、累計利用者数は2016年1月31日に5,000万人を突破している。

また、事業は英語市場も取り込み、収益源の多様化を図っているようだ。
中期戦略として注力している北米市場向け英語版恋愛ドラマアプリは、「L10N」が前年同期比で大幅に増加している。

4月4日、恋愛ドラマアプリ英語翻訳版“Bad Boys Do It Better!”を、アイフォンおよびアンドロイド端末向けに配信を開始したと発表した。2008年に携帯キャリア公式サイトにて配信を開始したヒットタイトルを全編英語に翻訳したもの。ダウンロードは無料で個別課金制となっている。

4月 29日より最新作「LOVE☆スクランブル」を配信開始いたしました。
本作は、ボルテージ初となる爽快パズルアクションゲームです。

さて、気になる業績ですが、28日、2016年6月期第2四半期(15年7-12月)決算を発表。売上高が前年同期比8.3%増の56.53億円、営業利益が同9.4倍の2.13億円、経常利益が同3.7倍の2.02億円、四半期純利益が1.00億円(前年同期は0.07億円の赤字)の黒字に転じた。
黒字転換は大きな材料だ!

会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した4-6月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比57.0%増の3.7億円に拡大する計算になる。直近3ヵ月の実績である1-3月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比15.9%増の2.2億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の7.6%→7.9%とほぼ横ばいだった。

今後は、日本語版の恋愛ドラマアプリのノウハウを活かし、英語版恋愛ドラマアプリの海外展開、男性ユーザーもターゲットとするサスペンスアプリといった新領域の開拓と幅広いニーズに配信展開してくとのことで、動向が気になるソーシャルゲーム関連銘柄だ。

【3668】 コロプラ

スマートフォン向けゲーム大手のコロプラ。

4月27日に決算を発表。16年9月期第2四半期累計(15年10月-16年3月)の経常利益(非連結)は前年同期比32.9%増の202億円に拡大し、通期計画の360億円に対する進捗率は56.4%に達し、3年平均の39.9%も上回った。

主力のゲーム、「白猫プロジェクト」で、課金収入が伸びた。アプリの海外展開も韓国向けを中心に順調だった。
「ドラゴンプロジェクト」事前登録が20万件を突破するなど順調だ。リリースは2016年夏前予定としている。

また、株価上昇材料として、米国子会社であるCOLOPL NI, Inc.が日本時間の4月29日より、HTC Vive向けのVRゲーム『colopl Cyberpong VR』をPCゲームを扱うストア“Steam”にて、日本時間の2016年4月29日より配信開始した。
スマホ向けアプリの開発・運営などを手がけるCOLOPL NIは、今年3月から本格的にRゲームの開発に着手、今回リリースした「colopl Cyberpong VR」が独自開発で誕生させた初のVRゲームが注目材料となっている。

ところで、あなたは株投資でこう思ったことはないだろうか?

「もう少し待てばもっと上がるかも…」

「もう少し待てば反発するかも…」

「さっき損切りしておけば…」

「さっき利食いしておけば…」

自分の売買ルールに忠実にやろうとしても、「このルールでいいのか?!」なんて自問自答することもあると思う。

もしあなたが自分のルールに疑問を持ったりしたことあるなら、一度プロの投資顧問を利用してみるのがオススメだ。

ズバリ理由付きで推奨銘柄を教えてくれる。プロの思考回路を勉強できるし、なによりやっぱり情報が早いからなのか当たるケースも多い。時にはストップ高銘柄もあるほど。

個人的には、無料でかなり活用できるコチラがおすすめ。

グラーツ投資顧問って知ってるか?

実績に関して半信半疑だったが、試しに、グラーツ投資顧問の推奨銘柄免疫生物研究所<4570>を6月26日(水)に638円で買ってみた結果、、7月2日(火)に848円まで上昇。プラス32.9%とまずまずの利益だ。一時的にプラス34.4%以上上昇したのだが、利益確定のタイミングが遅れてしまった(くぅぅぅーーー!!!)。

今後は俺もグラーツ投資顧問から情報をとっていくつもりだ。

まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。

今すぐ下のバナーをクリックして、勝利をつかもう!!

 

《追伸》

ここまで読んでくれたあなたのために、耳寄りな情報をシェアしておく。

スナップ投資顧問って知ってるか?

この投資顧問はあなどれないぞ。グラーツ投資顧問一筋の俺も心が揺れた。

スナップ投資顧問の代表有宗による過去40年分のデータによる解析力と選定眼でベストな投資アドバイスをしてくれる。相場の千里眼と呼ばれる程の非常に信頼できる投資顧問だ。

ここだけの話、この投資顧問が推奨する銘柄情報はかなりいいぞ。

俺が目をつけていたフルッタフルッタ<2586>スナップ投資顧問も5月29日に紹介していたから、「ほぉ、なかなかやるな」と思って、432円で買ってみた。すると、6月6日には768円まで急騰プラス78%の、利益だ。まぁ、フルッタフルッタ<2586>は俺の注目銘柄だから利益が出たのは当然といえば当然なのだが、かなり経験値の高いアナリストスナップ投資顧問の中にいるとみた。

今後この投資顧問の情報はマメにチェックしていくつもりだ。グラーツ投資顧問と両方から情報を取っておけば他の投資顧問から登録する必要はないだろう。サービス内容はグラーツ投資顧問と同じで、まずは、無料メール登録から初めてみるのをおすすめする。無料推奨銘柄をもらえるぞ

今すぐバナーをクリックして、プロ推奨銘柄で利益をゲットしよう!